的兵みかん @京都「中央卸売市場でしか買えないミカン」実食レビュー

的兵みかん(まとひょうみかん)という京都市中央卸売市場でしか買えない最高級みかんが、2018年1月23日放送『マツコの知らない世界』で紹介されます。的兵みかんは、京都市中央卸売市場でしか買えない最高級みかんと知られ、通販でも購入可能ですが、5kgで13000円もする贈答用の最高級ミカンです。

知名度は高いのですが、味はアッサリと特徴はあまりなく、それが「京都らしい」みかんと言えます。

京都市中央卸売市場でしか買えないミカンが『マツコの知らない世界』で紹介


京都市中央卸売市場でしか買えない的兵みかん

京都市中央卸売市場でしか買えない的兵みかん

2018年1月23日放送『マツコの知らない世界』で、全国のミカンが紹介されているのですが、その中で「京都市中央卸売市場でしか買えない最高級みかん」である「的兵みかん(まとひょうみかん)」が紹介されます。

的兵みかんは11月中旬頃に出荷される「早生(わせ)みかん」で、主に贈答品として購入する方が多い「知名度の高いミカン」です。

ただし、市場価格もべらぼうに高くて京都市中央卸売市場での仕入れ値で「2017年は5kgで12000円2016年は3kgで13000円」もしたという超最高級みかんでもあります。

いわゆる「有田みかん(ありだみかん)」のことですが、的場清さんという農家で出荷されているブランド蜜柑のことです。

この「的兵みかん」は京都でしか買うことができないミカンで、京都中央卸売市場にしか出荷されていない幻の蜜柑です。

・11月中旬頃に出荷される「的兵みかん」
・和歌山の有田みかん
・的場清さんという農家で出荷されているブランド
・知名度が高く最高級みかん
・値段は「2017年は5kgで12000円、2017年は3kgで13000円」
・京都にしか出荷されないミカンは「的兵、味心、国東(くにさき)の岸田」がある

楽天通販でも購入可能ではありますが、5kgで送料込みの値段で13400円となっています。

的兵みかん(まとひょうみかん)とは


的兵みかん(まとひょうみかん)のラベル

的兵みかん(まとひょうみかん)のラベル

この「的兵みかん(まとひょうみかん)」ですが、味は甘すぎず酸味も普通で特徴はあまりないミカンと言えますが、これが「京都らしい」とことで、甘すぎず、酸っぱすぎずというミカンなのです。

まろやかな味わいで知られており、別名で「まろやかみかん」とも呼ばれています。

上の写真が実際に的場清さんの「的兵みかん(まとひょうみかん)」の化粧箱を撮影した写真ですが、赤いパッケージがもはやブランドになっているという「田口みかん(有田みかん)」です。

紀伊水道を5kmほど入った温暖な標高50m~150mの南向き斜面で栽培されたミカンで、上質の魚粕を肥料に使っています(有機栽培)。

貯蔵性を高めるために「石灰と硫黄」を混合したものを振りかけているので白いみかんになっていることもありますが、品質には問題ありません。

的場清さんの「的兵みかん(まとひょうみかん)」と表記されている箱

的場清さんの「的兵みかん(まとひょうみかん)」と表記されている箱

なぜ京都市中央卸売市場でしか買えないのか?


京都で赤箱といえば「的兵みかん」というほど有名なミカンです

京都で赤箱といえば「的兵みかん」というほど有名なミカンです

この「的兵みかん」ですが、赤箱の独特なパッケージで知られており、赤箱といえば「的兵みかん」が思い浮かぶほど有名なミカンです。

では、なぜこの「的兵みかん」は京都市中央卸売市場でしか買えないのでしょうか?

実はこれ単純な話で、生産者の的場清さんが昔から「京都中央卸売市場」にだけ出荷しているからです。

これはよくある話で、特に果物のように年1回くらいしか出荷されないものを扱う農家さんは全国の市場に出荷するほどの生産量もパワーもないので、お付き合いのある市場に出荷するからなんです。

だから「京都市中央卸売市場でしか買えないミカン」というわけです。

的兵みかん 実食レビュー


的兵みかん 味は京都らしい「甘すぎず、酸っぱすぎず」です

的兵みかん 味は京都らしい「甘すぎず、酸っぱすぎず」です

ということで、この最高級「的兵みかん」を入手できましたので実食レビューします。

味は「まろやかな甘味」ですが甘さに濃くがあります。

それでいて、適度な酸味があるのですが「酸っぱさ」というのはあまり感じません。

甘さもスッパさも「過ぎず」な味わいになっているのです。

「京都らしい」何事にも「過ぎず」な味わいがします。

糖度は14度くらいで適度な甘さで美味しいミカンでした。

的兵みかん が買える京都のお店はどこ?


実物の「的兵みかん」を入手できたお店とは

実物の「的兵みかん」を入手できたお店とは

では、この実物の「的兵みかん」を入手できたお店とはどこなのでしょうか?

実は「御室のよしむら」さんです。

それも、この5kgで13000円もする贈答用の最高級ミカン「的兵みかん」を激安で小売りしています。

御室のよしむら

御室のよしむら

少数入荷で60個ほどしかないのですが、6個程度(500g)で580円と、普通のミカンより少し高いお値段なので「市場価格の半値」ほどです。

販売は2018年1月24日13時~、個数限定の早いもの勝ちです。

仁和寺 東角の道を真南に行くとあります

仁和寺 東角の道を真南に行くとあります

さて「御室 よしむら」さんの場所ですが、仁和寺の東角の道を真南に行くとあります。

途中で踏み切りがありますので、それを渡ってすぐです。

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~18時
定休日:日祝(2017年12月31日~2018年1月8日は正月休業)
公式サイト:https://omuronoyoshimura.com
公式Twitter:https://twitter.com/omuroyoshimura

的兵みかん Twitterの口コミや感想


温州みかんの代表「中島みかん」が2018年1月23日放送『マツコの知らない世界』で紹介されることになっています。中島みかんといってもいくつかありますが、紹介されるのはラッパー農家『イワカミタカトシ』さんの育てた「中島みかん」で品種は「甘平(かんぺい)」という種類です。



高知県の特産品で春が旬の柑橘「土佐文旦(とさぶんたん)」が2018年1月23日に『マツコの知らない世界』で紹介されることになっています。紹介されるのは「白木果樹園」さんの土佐文旦です。土佐文旦は12月に収穫されて2月~3月にかけて追熟されたものが出荷されます。そのため、発送時期によって酸味や甘味に違いがあるので、好みで注文する必要があります。



知る人ぞ知る和歌山有田市の「有田みかん」の中でもトップクラスと言われる新堂地区のみかん(新堂みかん)を入手したので実食レビューします。「新堂みかん」は、有田の隠れた絶品みかんと言われ、有田市のミカンの中でも1位2位を争うと言われるほど美味しいミカンなのです。



マツコの知らない世界

「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。