壺之酢 (とば屋酢店)@福井県小浜市の伝統製法で作られる酢を紹介【満天☆青空レストラン】

福井県小浜市にある江戸時代から続くお酢の老舗「とば屋酢店」さんへ行って来ました。壺の中で発酵させてつくる純米酢は300年間変わらない伝統製法で作られています。その酢が「壺之酢」で、とてもフルーティーな風味のお酢なんです。

壺之酢 (とば屋酢店)@福井県小浜市へ行って来た


今回は福井県小浜市にある伝統製法で酢を作る「とば屋酢店」へ行って来ました

今回は福井県小浜市にある伝統製法で酢を作る「とば屋酢店」へ行って来ました

福井県小浜市に300年間ものあいだ、伝統製法を守り抜いて「酢」を作っている老舗酢店があります。

お店の名前は「とば屋酢店」さん。

東小浜の国道27号線沿いにある老舗で、大きな蔵の中に大小30個ほどの陶器製の壺があり、その壺の中で「酢」を発酵させて出荷しているお店です。

江戸時代の宝永7年(1710年)の創業から伝わる伝統製法で「酢」を作っています

江戸時代の宝永7年(1710年)の創業から伝わる伝統製法で「酢」を作っています

この「とば屋酢店」で行っている伝統製法というのは酢を壺の中で発酵させる方法です。

福井県産の米を壺に入れ、蔵の地下深くから汲み上げた天然水を使い、300年絶やしたことがない種酢を壺に混ぜて発酵させるという昔ながらの方法で「」を作っているのです。

発酵過程では、壺はもみ殻で保温。

壺の上には「むしろ」がかけられるなど、現代の工場で作られるお酢とは全く異なる完全手作りの酢が「とば屋酢店」さんの酢です。

とば屋酢店の看板商品、壺で発酵させた「壺之酢(つぼのす)」

とば屋酢店の看板商品、壺で発酵させた「壺之酢(つぼのす)」

そうやって作られた酢をさらに数か月の熟成

熟成されることで、まろやかな飲み口になり、リンゴのようなフルーティーな酢になります。

それが「とば屋酢店」さんの看板商品「壺之酢(つぼのす)」です。

とば屋酢店の看板商品「壺之酢(360ml)」

とば屋酢店の看板商品「壺之酢(360ml)」

実はこの「壺之酢」が2020年8月8日『満天☆青空レストラン』で紹介されるそうです。

10年前に一度、同番組で紹介されているので、今回で2度目の紹介なんだとか。

お店の方に「ぜひ、テレビをご覧ください」とお薦めしてもらいました。

伝統製法で作られる酢「壺之酢」ってどんな味?


壺之酢はフルーティーな口あたりの酢です

壺之酢はフルーティーな口あたりの酢です

今回はこの「壺之酢」をサイズの異なる2本購入しました。

値段は瓶の大きさで異なり、360ml(540円)900ml(1080円)の2種類があります。

どちらも税込み価格で、お料理とかで使うなら大きなサイズの900ml(1080円)がお薦めです。

壺之酢(360ml)540円
壺之酢(900ml)1080円
こちらは大きいサイズの壺之酢(900ml)1080円

こちらは大きいサイズの壺之酢(900ml)1080円

お酢は「米酢」で、福井県産コシヒカリを使って作られています。

水は蔵の地下深くからくみ上げた天然水。実はこのエリアは昔から名水が湧く場所で、すぐ近くには「瓜割の名水」と呼ばれる神水が湧くことで知られています。

美味しいお米と名水と呼ばれる天然水は、蔵の壺の中で発酵される「とば屋酢店だけの味」とも呼べるものになっていきます。

それをさらに三か月間も熟成させて、フルーティーでまろやかな口当たりの酢になっていきます。

シッカリと酢の味わいだがツンとしない軽やかなフルーティーな香り(壺之酢)

シッカリと酢の味わいだがツンとしない軽やかなフルーティーな香り(壺之酢)

実際に飲んでみると「ツンとしない軽やかな口あたり」それでいて「シッカリと酢の味わいがして」さらに「フルーティーな香り」がするという逸品でした。

地元では名産品の「小鯛のささ漬け」や「鯖寿司」にも使われるお酢なのだそうです。

私が飲んだ感じではドレッシングに使うとサラダがとても美味しくなると思いました。

壺之酢 (とば屋酢店)は通販でお取り寄せできます


壺之酢をお取り寄せするなら楽天市場が便利です

壺之酢をお取り寄せするなら楽天市場が便利です

今回紹介した「壺之酢」は、楽天市場から通販できるようになっています。

値段もお店で買うのとほぼ同価格で、送料が別途かかりますので、複数本まとめ買いすると良いと思います。

小浜のお店まで車で買いに行くのもまた良いものですが、ガソリン代のほうが送料より高くつきますので通販を上手に利用した方が良いでしょう。

楽天市場ではこちらのページから「壺之酢」の通販(お取り寄せ)」が可能です。

とば屋酢店 への行き方


小浜駅近くに支店「とば屋酢店 酒井店」もオープンしています

小浜駅近くに支店「とば屋酢店 酒井店」もオープンしています

もし、現地で「壺之酢」を購入したい場合は本店よりも小浜駅近くに最近オープンした支店「とば屋酢店 酒井店」が便利です。

これ本当に最近開業したばかりで、JR小浜駅から徒歩5分くらいのところにお店があり、公式サイトに未掲載の本ブログだけの情報です。

小浜で観光するなら小浜駅周辺なので、「とば屋酢店 酒井店」は観光途中で立ち寄れるから便利ですね。

本店と支店は定休日が異なり、本店は「日曜日休み」で、支店(酒井店)は「月曜日休み」です。ということで、行ってみたけど定休日で買えなかったということがなくなりました!

〒917-0063 福井県小浜市小浜酒井97(地図
営業時間:9時30分~17時30分
定休日:月曜日
〒917-0232 福井県小浜市東市場34−6−2(地図
営業時間:9時~18時
定休日:日曜日
公式サイト:https://www.tobaya.com/


福井県小浜市の新名物「酔っぱらいサバ」が青空レストランで紹介されるようです。現状「酔っぱらいサバ」を食べることができるお店は「SABAR 小浜田烏店」のみですが、京都の酒粕を餌に混ぜて養殖したサバということで注目されている新名物です。



満天☆青空レストラン

「満天☆青空レストラン」で紹介された食材やお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。