京都にない餃子無人直売所「餃子の雪松」へ行ってきた

2021年6月21日に大阪へ行ったついでに京都にない餃子無人直売所餃子の雪松」へ立ち寄ってきました。最近テレビでよく紹介されている餃子の無人販売のお店。面白いのが集金システムで今回は餃子無人直売所「雪松」がどんな経営スタイルなのかをレビューします。

餃子無人直売所「餃子の雪松」

餃子無人直売所「餃子の雪松」

こんにちは、京都中を観察して飲食新店を探しているリサーチャー「ノーディレイ(Twitter:@nodelayworks)」です。毎日、京都市内・京都府南部・京都府北部」を巡って見つけた新店をこれまで1600店舗以上紹介してきました。


ノーディレイ(顔写真)
今回は京都にない餃子無人直売所「餃子の雪松」を紹介します。

最近テレビで紹介されていた餃子の無人販売所で冷蔵庫から餃子を出してお金を箱に入れて購入という「思い切った販売スタイル」が話題のお店です。


餃子の代金は冷蔵庫左の箱に入れる思い切った販売スタイル(雪松)

餃子の代金は冷蔵庫左の箱に入れる思い切った販売スタイル(雪松)

2021年6月21日大阪府高槻市を通りかかったところ、以前から気になっていたお店の支店がありました。

お店の名前は「餃子の雪松」で餃子専門店です。

でも、ただの餃子店ではありません。

実はこちら「餃子の無人販売を行うお店」なんです。

京都にはまだ進出していませんが、大阪や滋賀に店舗があり、かねてから興味があったお店(追記:2021年8月10日、神宮丸太町で冷凍餃子無人販売所が開業します)。

今回はこの「餃子無人直売所 雪松」の雰囲気や販売システムと餃子を実食レビューします。

京都にない餃子無人直売所「雪松」へ行ってきた


京都にない餃子無人直売所「雪松」へ行ってきた

京都にない餃子無人直売所「雪松」へ行ってきた

2021年6月21日、京都から国道171号を大阪方面へ向かい、高槻駅前で国道170号へ左折したところ「餃子の雪松 高槻店」がありました。

実はかねてから気になっていた餃子お店「雪松」で、京都にはないのですがテレビなどで紹介されていたのを見ていてとても気になっていたのです。

ビル1階の六畳ほどのフロアが無人餃子販売所になっています(雪松)

ビル1階の六畳ほどのフロアが無人餃子販売所になっています(雪松)

この「餃子の幸松」は餃子のお持ち帰り専門店で完全無人のお店です。

お店は国道沿いのビル1階にある立派な見た目のお店ですが中に入ると・・・・

完全無人で「冷蔵庫」と「集金箱」しかないのです。

餃子の代金は冷蔵庫左の箱に入れる思い切った販売スタイル(雪松)

完全無人で「冷蔵庫」と「集金箱」しかない(雪松)

つまり、販売システムは田舎にある野菜無人販売所と全く同じスタイルというお店。

上の写真を見てのとおり、冷蔵庫は立派ですが料金箱はただの箱という面白いお店なのです。

人件費も集金システム構築も不要な割り切った販売方法です(雪松)

人件費も集金システム構築も不要な割り切った販売方法です(雪松)

餃子の代金を入れる箱はいたって普通の木箱。

おつりは出ませんと書かれているのが「当たり前だろ」と思う少しシュールな料金箱です。

冷蔵庫にぎっしりと詰めてある餃子(雪松)

冷蔵庫にぎっしりと詰めてある餃子(雪松)

冷蔵庫は2台、中には大量の餃子が入っていて、ざっと計算したところ648セットの餃子が入るサイズです。
値段は1セット(36個)1000円で餃子1個あたりの単価は約28円となっていました。

冷蔵庫すべてが完売したとして約648000円分の餃子が無人販売されていることになりますので、これが完全無人販売というのは思い切ったシステムだと思います。

なお、餃子は大きめサイズでどんなに安い餃子卸でも1個25円レベルのものです。

利益を抜いて1個原価20円として、36個入りで1セット原価は720円。

これはあくまで私の試算ですが、材料だけで原価率72%で、これにさらに地代と電気代に輸送料がかかると思うと、無人でも利益が出るように思えません(飲食店の原価率は一般的には30%~40%)。

となると、さぞかし効率化された工場で生産された餃子ということになりますね。

餃子のタレは1個200円

餃子のタレは1個200円

餃子1セット(18個パックx2個)とタレ(200円)を購入

餃子1セット(18個パックx2個)とタレ(200円)を購入

ということで、餃子1セット(18個パックx2個)とタレ(200円)の合計1200円を購入しました。

お金は賽銭箱のような料金箱に入れるだけ。

領収書が出ないのがグルメブロガーには少し厳しいところですが、なんの問題もなく購入できました。

なお、1セットで袋1枚と保冷剤2個までは無料です。

※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。最新情報は公式情報でご確認ください。

餃子の雪松とは


群馬県の水上温泉郷にある食堂「お食事処 雪松」の餃子のこと

群馬県の水上温泉郷にある食堂「お食事処 雪松」の餃子のこと

雪松の餃子とは群馬県水上の温泉街にある食堂「お食事処 雪松」で提供している餃子のことです。

餃子以外にもラーメンやオムライスがあるような、昭和ロマンを感じる食堂で創業は昭和15年で今は三代目という老舗の食堂です。

皮から手作りという昔ながらの料理店、餃子無人直売所「雪松」はその「お食事処 雪松」の餃子をベースにしたものです。

もちろん、温泉街の小さな食堂で餃子を作って全国に配送しているわけではないと思います。

この無人販売の店は東京都国分市にある「株式会社YES」という会社が運営していて、2018年9月に埼玉県入間市に1号店を開業。2021年6月時点で関東・中部・近畿を中心に100店舗ほどの無人販売店を展開しています。

飲食業ではよくあることですが、レシピと名前を借りて全国展開していくビジネスというのがあります。

京都では一乗寺にあるラーメン店「天天有」がそうであるように、本店とチェーン展開する会社が別になっていることはよくあることです。

餃子の雪松 実食レビュー


雪松の餃子、どんな餃子なのか食べてみました

雪松の餃子、どんな餃子なのか食べてみました

雪松の餃子、どんな餃子なのか食べてみました。

1パック18個入り、それが2パックで値段は1000円と他店と比較しても値段設定では負けていません。

ひとつの餃子は中型サイズ、一般的な餃子の大きさだと思ってください。

皮はとてもモチモチしています

皮はとてもモチモチしています

餃子の皮はとてもモチモチしていて、餃子同士がくっつくほどです。

小麦粉がさほどかかっていないので、夏場だと冷凍が溶けて餃子同士がピッタリとくっつきます。

餃子の具は食べた感じだとキャベツを多く使っていてにんにくの香りが強めの餃子になっていました。

普段から味がしない京都の餃子(特に餃子の王将)を食べていると、雪松の餃子は味が濃いめの餃子と思うはずですが、関東地方の味が濃い甘めの餃子を食べてきた自分にとってちょうどよい塩梅でした。

白菜は使っていませんが、出汁を使っているようでジューシーで甘い味付けの餃子です。

コストの関係か肉は使っていないと感じました。

具はとても柔らかく、食感も良い餃子でとても満足できる餃子が餃子無人直売所「雪松」の餃子でした。

餃子の雪松は美味しい?


この「餃子の雪松」の餃子ですが、味はとても美味しく何個食べても飽きず、ご飯と一緒だと箸が進む美味しさです。
甘さのある餃子というのが京都ではほぼ見かけないので、久しぶりに美味しい餃子を食べたなと感じました。

一緒に買った餃子のタレも甘めの出汁を使った餃子タレで、ラー油の辛さなどは感じないので子供でも食べられる餃子です。

個人的にはお薦めしたい餃子、京都にもあればたぶんどの餃子店にも負けない味わいだと思います。

京都から近い餃子無人直売所「雪松」はどこにある?


餃子の雪松 高槻店

餃子の雪松 高槻店

今回、京都から雪松の餃子を買いに行ったのは大阪にある「餃子の雪松 高槻店地図)」です。

京都からの場合、一番近いのは「餃子の雪松 大津店地図)」となります。

どの店舗も24時間営業ですが、駐車場や駐輪場がない店舗ばかりです。

高槻の近くに「餃子の雪松 枚方店地図)」というのもあるので、お住まいの地域によってはそちらの方が近いでしょう。

※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式ページでご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やテークアウトをするお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。