ホタテ味のほんだし @台湾でしか買えない味の素 製品 実食レビュー

台湾には日本では買えない「ほんだし」が売っています。その名も「味の素 ホタテほんだし(干貝風味)」です。これ、味の素の「ほんだし」なんですが、日本では売られていない「ほんだし」なんです。

台湾には日本では買えない「ホタテほんだし(干貝風味)」が売っている


台湾でしか買えない味の素の「ほんだし(干貝風味)」

台湾でしか買えない味の素の「ほんだし(干貝風味)」

上の写真、日本人の方なら必ず見たことがある商品です。

そう、味の素の「ほんだし」なんですが、日本では売られていない「ほんだし」なんです。

実は、台湾で売られている「味の素 ほんだし」で、味も全く異なるものです。

干貝風味とあり、帆立の絵が描かれています(台湾版ほんだし)

干貝風味とあり、帆立の絵が描かれています(台湾版ほんだし)

台湾では台湾料理(中国料理)なので、出汁には帆立を使います。

だから、台湾版ほんだしは「ホタテほんだし(干貝風味)」なのです。

日本のほんだしはカツオ風味

日本のほんだしはカツオ風味

日本のほんだしは和食だからカツオ風味です。

国によって料理が違うように、国によって使われる食材も変わるということです。

台湾でも「カツオ風味、昆布風味」は売られています

台湾でも「カツオ風味、昆布風味」は売られています

とはいえ、台湾でもカツオ風味と昆布風味の「ほんだし」は売られています。

しかし、このホタテ風味のホタテほんだし(干貝風味)は日本では売られていないのです。

ということで、どんな味がするのでしょうか?

舐めてみましょう!

ホタテほんだし(干貝風味)の味は?


ホタテほんだし(干貝風味)の味は?

ホタテほんだし(干貝風味)の味は?

ホタテほんだし(干貝風味)は顆粒状になっていて、それをそのまま舐めてみることにしました。

すると・・・・

口の中にものすごい芳醇なホタテの香りが広がり、舌の上に濃いめの旨味を感じます。

いわゆる「ホッペが落ちる」というレベルの濃厚なホタテの風味です。

ホタテほんだしの箱裏面には「玉子焼き」と「野菜炒め」のレシピが載っています

ホタテほんだしの箱裏面には「玉子焼き」と「野菜炒め」のレシピが載っています

いわゆる中華出汁ですが、ホタテなので「野菜炒め」なども合うと思います。

箱の裏面には「玉子焼き」と「野菜炒め」のレシピが載っており、玉子焼きもコクが出ると思います。

中華粥のベースにも使えます(ホタテほんだし)

中華粥のベースにも使えます(ホタテほんだし)

ホタテなので中華粥のベースにも使えますね。

実際に作ってみましたが、ネギと卵を淹れるだけで本格的な味わいの中華粥を作ることができました。

・玉子焼き
・野菜炒め
・中華粥
・チャーハン

ホタテほんだし(干貝風味)のチャーハンが絶品


ホタテほんだし(干貝風味)のチャーハン

ホタテほんだし(干貝風味)のチャーハン

ホタテほんだし(干貝風味)のチャーハンも作ってみたところ、簡単に本格中華味のチャーハンになりました。

材料は「ネギ、焼豚、卵」だけ。

ホタテほんだしは多めに使うとより美味しさが増すと思います。

なかなか侮れないホタテほんだし

なかなか侮れないホタテほんだし

ということで、この「ホタテほんだし」はなかなか侮れない商品だと言えそうです。

でも、台湾でしか売ってないから日本では購入できない・・・・こともありません。

実は楽天通販に出品されているのです。

台湾でしか買えない「味の素 ホタテほんだし(干貝風味)」が楽天で買える!?

この台湾でしか買えない「味の素 ホタテほんだし(干貝風味)」は楽天通販でも売られています。

もちろん、台湾でしか売られていないので輸入して販売しています。そのため、日本製ほんだしよりも割高にはなってきます。

1箱で2000円近い値段がしますが送料込みです。

台湾に行くことを考えれば安い買い物だと思いますが、最近はこれを台湾でまとめ買いしてくる方も多いそうですよ。

※今回は京都・上七軒にあるカフェ「ポーヨネン」さんにいただいたもので紹介しています。

評判(口コミ)


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。