天塚古墳 @京都・太秦 自由に玄室へ入れる京都の古墳【京都秘境ハンター】

今回の「京都秘境ハンター」は、街中にあるのに秘境すぎて到着できないという「天塚古墳(あまづかこふん)」へ行ってきました。ここ本当に迷子になるほどわかりづらい場所にあります。また「天塚古墳」は整備がされておらず、ヤブの中にある古墳です。

そのためあまり紹介されることもなく「B級スポット」扱いされている古墳なのです。

広告

自由に玄室へ入れる京都の古墳


自由に玄室へ入れる京都の天塚古墳

自由に玄室へ入れる京都の天塚古墳

4月に入って珍しく更新が多い「京都秘境ハンター」シリーズですが、今回は京都の街中にあるのに到達するのが困難という街中の秘境とも言える古墳を紹介します。

その古墳とは「天塚古墳(あまづかこふん)」と言い、京都の太秦にある古墳です。

天塚古墳は、玄室へ入れる京都の古墳で、かなり怪しい雰囲気が漂う古墳でもあります。

あまり紹介されることもない京都の古墳ですが、実際に見に行ってきました。

天塚古墳(あまづかこふん)に行ってきた


怪しい雰囲気の天塚古墳(あまづかこふん)

怪しい雰囲気の天塚古墳(あまづかこふん)

天塚古墳の周辺は工場と住宅で囲まれており、古墳への道は細い路地の奥にあります。

そこへ至る道も少なく、周辺から古墳らしきものも見えないため、どこにあるのか探すのがとにかく大変な古墳です。

今回、実際に行ってみたところ、近くにはいるらしいのですが、GPS地図で見ながら行っても到着できないという有様でした。

鳥居の右から回ると近いです

鳥居の右から回ると近いです

この鳥居のあるところは「稲荷教 伯清教会」という神社で、順路で古墳に登っても石碑などがあるだけです。

石室は古墳の裏手にあって、鳥居の左回りから行くと遠回りなので、鳥居を右回りで社務所の裏から回り込んで行けば近道です。

この古墳、今の時期だと虫(ハエ)だらけで左回りはオススメできません

石室に到着

石室に到着

天塚古墳は、6世紀前半に作られた前方後円墳で、太秦にいくつもある秦氏の古墳だと思われます。

全長70メートルはある大きな古墳だったそうで、横穴式石室が2基あったそうです。

現在は、1基の横穴式石室があり、その中には「伯清稲荷大神」の祭壇が置かれています。

石室は小さめで祭壇が置かれていました

石室は小さめで祭壇が置かれていました

大正時代の調査では400点ほどの副葬品が出てきたということで、地元の有力な者が埋葬されていたと思われますが、石室は普通に小さいものでした。

しゃがんで入らないと、背の高い人だと頭をぶつけそうです。

奥行も2メートルくらいで、すぐ祭壇が置かれていましたが、石室内の石は細かく積み上げられており丁寧に作られています。

石室へは自由に入れる古墳ですが、祭壇があるので、あまり古墳らしくはない感じもしました。

古墳内には古いトイレが設置されていました

古墳内には古いトイレが設置されていました

天塚古墳には珍しくトイレが設置されていました。

とはいっても汲み取り式の70年近く前のトイレです。

古墳は、うっそうとした茂みになっており、あまり整備されていないため朽ちた石碑などが点在するような場所です。

その分、雰囲気は怪しさ満点で、なかなかなB級スポットと言えるでしょう。

天塚古墳 行き方


周囲からほとんど見えない天塚古墳

周囲からほとんど見えない天塚古墳

この「天塚古墳」なのですが、住宅地と工場に周囲を囲まれており、近くまで行かなければその存在すらも分からない古墳です。

実際に行ったところ、地図を頼りに行っても到達するのが困難な古墳です。

国道162号線の「天神川三条」で嵐電の踏切のところから、川沿いに太秦方面に向かうと「谷口水道」さんという業者さんがあるので、そこを左折するとわかりやすいです。

ここから入って突き当りを左です

ここから入って突き当りを左です

業者さんの角を曲がって南下して、突き当り(一番奥まで行きません)を左折すると赤い鳥居が見えてきます。

赤い鳥居が見えてきた先(右手)に路地があるので、そこを入れば「天塚古墳」です。

京都府京都市右京区太秦松本町18


京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。