清水寺へと向かうあまり知られていない第五のルート 大谷道【京都秘境ハンター】

京都の有名な清水寺へと向かう道は4つ「五条坂、清水坂、二年坂~三年坂、茶わん坂」です。しかし、もうひとつ第五のルートがあるのです。それが「大谷道」、京都の三大埋葬地「鳥辺野(とりべの)」を通り抜ける観光客が通らない道です。

清水寺へと向かうあまり知られていない第五のルート


清水寺へと向かうあまり知られていない第五のルート

清水寺へと向かうあまり知られていない第五のルート

京都の有名観光地「清水寺」、そこへと至る道も観光地として賑わっています。

先日、その清水寺へ向かう道の連休中の混雑状況をレポートしましたが、そこで出てきた清水寺へと向かうルートは4つでした。

(1)五条坂
(2)清水坂
(3)二年坂~三年坂
(4)茶わん坂
清水寺へと向かう大谷本廟(鳥辺野)ルート

清水寺へと向かう大谷本廟(鳥辺野)ルート

しかし、もうひとつあまり知られていない第五のルートがあります。

それが・・・・

大谷本廟(鳥辺野)ルート

です。

大谷道ルート


大谷本廟(鳥辺野)の真横を通る坂道

大谷本廟(鳥辺野)の真横を通る坂道

その坂道の名前は「大谷道」と呼ばれていますが、大谷本廟の横を通る道で、鳥辺野を横に見ながら(時に通り抜け)て清水寺へと向かうルートです。

ただ、以前放送された『ブラタモリ』で鳥辺野が紹介されたことがあるので風景くらいは見たことがある方が多いかもしれません。

京都の三大埋葬地「鳥辺野(とりべの)、化野(あだしの)、蓮台野(れんだいの)」のうちのひとつです。

坂道は約650メートル、徒歩で10分ほどのコースです。

鳥辺野の風景

鳥辺野の風景

五条坂と大谷道のまじわるところに道標があり「大谷道」と書かれています。

左が五条坂、右が大谷道、右の細い坂道を上がっていくと大谷本廟を横目に鳥辺野(とりべの)に入ります。

鳥辺野を歩く坂道です

鳥辺野を歩く坂道です

通りにあるのは花店のみ。

お茶屋も土産物屋もないので観光客が通ることはほとんどありません。

旧日本軍のものが多く、有名な「肉弾三勇士の石碑」もあります

旧日本軍のものが多く、有名な「肉弾三勇士の石碑」もあります

一般の方のが多いですが、旧日本軍で先の大戦に参加した兵隊のものも多くあります。

先ほどの地図のあるところ北側には有名な「肉弾三勇士の石碑」もあります。

また、大阪府の堺(泉州)の方のものもかなり多いのが気になります。

来た道の反対側を見ると京都タワーが見えました

来た道の反対側を見ると京都タワーが見えました

来た道の反対側を見ると京都タワーが見えました。

随分と高い場所まで登ってきたようです。

大谷道から清水寺へと入るところ、茶店があります

大谷道から清水寺へと入るところ、茶店があります

大谷道を上りきると清水寺へと入ります。

目の前には茶店(六花亭)が見えて、ここから先には観光客が多くいます。

そのまま真っすぐ進むと以前紹介した「アテルイ・モレの碑」へと向かいますが左へ進みます。

清水寺の山門横に出ました

清水寺の山門横に出ました

清水寺の山門まで行くことができるので、正真正銘ここは清水寺へと向かう第五のルートになります。

まぁ、でも普通に通るような道ではありませんね。

観光客の方は五条坂か清水坂を通った方が断然楽しいかと思います。

この道の口コミは?


京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。