京都にある日本最古の鉄筋コンクリ橋と日本最古の鉄筋コンクリ歩道橋

今回の「京都秘境ハンター」は、京都にある日本一の秘境を探してこい・・・・そんな厳しい罰ゲームを温泉担当にしてみました。そんなものあるわけがない? いえいえ、とても身近な場所に日本一の秘境があったのです!

京都の身近な秘境にある日本一を探せ


日本一の秘境を探してこい・・・・そんな厳しい罰ゲームを温泉担当にしてみました

日本一の秘境を探してこい・・・・そんな厳しい罰ゲームを温泉担当にしてみました

今回の「京都秘境ハンター」は、京都にある日本一を探せをテーマにしました。

京都は千年の都、日本一くらいどこにでもあるのですが、前回の記事で大失態をおかした温泉担当への罰ゲームとして・・・・

京都の身近な秘境にある日本一を探せ

という課題を押し付けました。

ということで「近場なんだけど秘境であまり知られていない日本一」という難しいテーマになったのです。

さすがに、これには天性困ったちゃんの温泉担当も難色を示したのですが、彼は0.3秒の長考を終えると一目散に「とある場所」へと駆け出したのです。

それも2箇所。

いったい、彼はどんな秘境を紹介してくれるのでしょうか?

京都に日本一の橋があるらしい


日本一といえば富士山(いやそれ京都じゃねーし)

日本一といえば富士山(いやそれ京都じゃねーし)

さて、罰ゲームを言い渡された温泉担当は少しだけモジモジしながら、こんなことを言い出したのです。

温泉担当 「ふ、ふふふふ・・・・d(ŐдŐ๑)」

おや? なにやら自信がありそうですよ!

温泉担当 「ふ、ふふふふ・・・・富士山!⸜( ´ ꒳ ` )⸝」

あほぉぉぉぉぉぉ!!!!!(笑)

もちろん、それは「日本一」ではありますが、秘境ではありません。

京都の秘境でお願いします!

京都の秘境でお願いします!

というか、そこは京都違います!

おまけにすごく遠いし、我々にはそんな予算も時間もあるわけがありません。

最低でも京都の秘境でお願いしたいところです。

しかし、彼はそれだけで終わる漢ではありませんでした。

普段は静かに動かす唇を大胆に広げてこう言ったのです・・・・

温泉担当はし!(っ’ヮ’c)」

ハシ?

すると彼は、一目散に「とある場所」へと駆け出したのです。

ついて行ってみましょう!

京都にある日本最古の橋


温泉担当が走って行ったのは山科区にある某所でした

温泉担当が走って行ったのは山科区にある某所でした

温泉担当がスキップでたどり着いた場所は、京都市山科区の山沿いのとある住宅街でした。

そこからさらに山の方へ向かっていくと、大きな鉄製の施設があり、その先は行き止まりになっているようです。

なにやら鉄製の大きな施設がありますが?!

なにやら鉄製の大きな施設がありますが?!

しかし、温泉担当をその行き止まりを指さして、こう・・・・言ったのです・・・・

温泉担当はしぃぃぃ!(灬º﹃º灬)♡」

橋です、これがなにか?

橋です、これがなにか?

温泉担当はそのに向かって走り出すと、橋を渡って対岸へと向かっていきます。

そして、そこにあったのが・・・・

「本邦最初鐵筋混凝土橋」と書かれた石碑

「本邦最初鐵筋混凝土橋」と書かれた石碑

本邦最初鐵筋混凝土橋」と書かれた石碑でした。

わかりやすく言うと・・・・

日本初の鉄筋コンクリートの橋

という意味です。

日本初の鉄筋コンクリートの橋

日本初の鉄筋コンクリートの橋

実はこの石橋は明治36年(1903年)7月に作られた「第11号橋」と呼ばれる日本最古の鉄筋コンクリート橋だったのです。

この橋は「琵琶湖疏水」に架かっている橋で、第三トンネルと呼ばれる水路の手前にある橋です。

鉄筋コンクリートと言っても、当時はまだ専用資材がなかったそうで、疎水工事で使ったトロッコのレールが「混凝(コンクリート)」の中に入っているのだそうです。

中にはトロッコの線路が鉄材に使われています

中にはトロッコの線路が鉄材に使われています

この日本で最初の鉄筋コンクリート橋を作った時の知恵が、後に作られる「琵琶湖第二疎水」の土木工事にも活かされました。

今から100年以上前に作られた日本で初めての鉄筋コンクリート橋が、京都の人気のない静かな場所に未だ残っていたのです。

京都府京都市山科区日ノ岡堤谷町

京都にある日本最古で日本一短い?鉄筋コンクリ歩道橋


八坂の塔すぐ近く「大漸寺(だいぜんじ)」

八坂の塔すぐ近く「大漸寺(だいぜんじ)」

さて、温泉担当は山科区から蹴上に戻って、迂回して東山区へと向かいだしました。

温泉担当ハシっ!ハッシ!(灬º﹃º灬)♡」

そして、八坂の塔を脇に見ながら、とある細い道へと入り込みます。

そこには「大漸寺(だいぜんじ)」というお寺があるのですが・・・・こんな観光地のど真ん中に・・・・

橋なんてあるわけがありません!

あったわ(笑)

あったわ(笑)

いや、ありました(笑)

この界隈はとても有名な観光地で、八坂の塔まで僅か50メートルしかないという観光地のど真ん中なのに、なんと・・・・

があったのです!

明らかに「橋」です

明らかに「橋」です

実はこれ「宝輪橋(ほうりんばし)」という橋なのだそうです。

大正11年(1922年)8月に作られたもので、人や車が通る道に架かる鉄筋コンクリートの歩道橋としては、もしかして「日本最古では?」と言われているのだそうです。

この歩道橋、どちらから渡っても彼岸(心に迷いのない世界)へ渡れるそうで、大漸寺の境内から墓地へと続いています。

残念ながら関係者ではないので渡ることはできませんでしたが、京都の一大観光地から僅か50メートルという目と鼻の先に・・・・

日本最古の鉄筋コンクリートの歩道橋

があったのです!

が、オチがありませんでした!

さすがに、我々もオチがない「京都秘境ハンター」は納得がいかないので(笑)、次回も緊急企画として「罰ゲーム第二弾」を検討中です。

ということで、次回の「京都秘境ハンター」もお楽しみに!

京都府京都市東山区清水4丁目156


京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。