2020年9月19日オープン まめものとたい焼き

京都市右京区、嵯峨(嵐山)の嵐電「嵐山駅」前に、丸い鯛焼きのお店「まめものとたい焼き」が2020年9月19日に新店オープンしています。ソフトタイプの丸い鯛焼き専門店で、たい焼きは「粒あん、ローヤルカスタード、あんバター」の3種類あり、一番人気は「あんバター(300円)」という賞味期限1分のたい焼きです。

2020年9月19日オープン まめものとたい焼き


2020年9月19日オープン まめものとたい焼き

2020年9月19日オープン まめものとたい焼き

京都の嵐電「嵐山駅」前に、丸い鯛焼きのお店「まめものとたい焼き」が2020年9月19日に新店オープンしました。

嵐山昇龍苑といういくつものテナントが入ったショッピングゾーンの一角にあるお店です。

創業140年、そばぼうろの元祖を販売している老舗焼き菓子店「石田老舗」が作る鯛焼きのお店で「可愛い」をコンセプトにしています。

老舗焼き菓子屋x可愛い=たい焼き

老舗焼き菓子屋x可愛い=たい焼き

たい焼きは略して「まめたい」って呼ぶみたいですが、丸い形をしたソフトタイプの鯛焼きです。

値段は1個250円~300円で「粒あんローヤルカスタードあんバター」の3種類です。

今回は賞味期限が1分という「あんバター(300円)」を食べてみたいと思います。

あんバター(300円)実食レビュー


賞味期限が1分!?噂のあんバターとは?

賞味期限が1分!?噂のあんバターとは?

あんバターだけ値段は300円と50円お高いのですが、これは粒あんの鯛焼きにバターがトッピングされたという鯛焼きのことです。

それも・・・・

賞味期限が1分

という急いで食べなアカンやつらしいのです(笑)

たい焼きにバターがトッピング、つまり溶けます(賞味1分)

たい焼きにバターがトッピング、つまり溶けます(賞味1分)

見た感じ、丸いたい焼きなので、アノ有名なコレを思い出すのですが、食感は全然違います。

元祖・丸いたい焼きで知られる熊本「まるきん製菓」の丸いたい焼きは表面がパリッとして中はフンワリとしたものなのですが、こちらの「まめものとたい焼き」のものは表面もソフトでフンワリとした食感になっています。

中には粒あん、トップにバターがトッピングされていて、たい焼きの熱でバターがどんどん溶けてきます。

つまり「賞味期限が1分」とはこのバターが溶けるまでの時間なんですね。

たい焼きは紙包装(中はサランラップ)

たい焼きは紙包装(中はサランラップ)

そのまま鯛焼きを持っているとバターが溶けて指につくのですが、実際には紙袋に入っていて、中はサランラップでカバーしてありました。

なので普通に食べれば指は汚れないように工夫されていました。

結構なおいしさでバターがサイコーです!

結構なおいしさでバターがサイコーです!

この「まめものとたい焼き」の「あんバターたい焼き」ですが、なかなかの美味しさでした。

粒あんは甘さ控えめなのが良いですね、それにバターを合わせるとバターの風味がよく引き立っていました。

このお店への行き方や営業時間は?


まめものとたい焼き(店舗外観写真)

まめものとたい焼き(店舗外観写真)

では「まめものとたい焼き」の場所や営業時間についてです。

場所は「嵐山昇龍苑」の中で入口入って真正面の左側にあります。

嵐山昇龍苑は嵐電「嵐山駅」のお向かいなのでスグに分かると思います。

営業時間は「10時~17時」で定休日はなさそうでした。

〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町40−8(地図
営業時間:10時~17時
定休日:なし
公式Instagram:https://www.instagram.com/mame.tai/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。