2019年7月13日オープン 清水チーズ工房 (京都・清水五条、チーズ新店)

今回の「京都スイーツ」は、2019年7月13日に新店オープンする「清水チーズ工房」さんの紹介です。チーズケーキがガラス瓶に入って売られており、イチゴや抹茶味の他、舞妓さんや仁王門(清水寺)をイメージしたチーズケーキを販売するスイーツ店です。

広告

2019年7月13日新店オープン 清水チーズ工房


京都・清水坂にチーズ工房が開店してました

京都・清水坂にチーズ工房が開店してました

今回の「京都スイーツ」は、2019年7月13日新店オープン「清水チーズ工房」さんへ行って来ました。

場所は京都の東山(清水五条)、清水寺へと続く参道(清水坂)の途中にあるお店で、ものすごい好立地でオープンしています。

当初、プリン屋さんだと思って入店。買って出るまでプリンと思い込んでいましたが、食べたら美味しいチーズケーキのスイーツでした(笑)。

※店内で「プリン」を連呼した記憶があります。

製法にこだわりひと手間加えたチーズ工房が新店オープン

製法にこだわりひと手間加えたチーズ工房が新店オープン

清水寺へと続く参道にある「清水チーズ工房」

清水寺へと続く参道にある「清水チーズ工房」

チーズケーキの種類と値段


商品は「こだわり3層チーズケーキ」です

商品は「こだわり3層チーズケーキ」です

チーズケーキはガラス瓶に入って中身は三層構造になっているのが特徴です。

上の説明では「ヨーグルトチーズ甘い濃厚チーズ酸味のあるチーズ」の層になっていると書かれています。

いちご(350円)

いちご(350円)

メニューは5種類、プレーンと抹茶とイチゴの味がついた基本的なものがあり、それ以外に趣向を凝らした「仁王門、舞妓さん」という種類がありました。

プレーン 380円
抹茶 430円
いちご 400円
仁王門 430円
舞妓さん 500円
チーズソフトクリーム 400円
抹茶(400円)

抹茶(400円)

プレーン(350円)

プレーン(350円)

趣向を凝らしたチーズケーキが「舞妓さん」と「仁王門」というチーズケーキです。

舞妓さんは黒豆に金粉を散らしたプレーンチーズ。

仁王門は竹炭とクチナシで色をつけて清水寺の仁王門をイメージした商品となっていました。

舞妓さん、黒豆に金粉が入っています(500円)

舞妓さん、黒豆に金粉が入っています(500円)

清水寺の仁王門をイメージ、竹炭とクチナシで黒と赤を表現(430円)

清水寺の仁王門をイメージ、竹炭とクチナシで黒と赤を表現(430円)

チーズケーキは甘かったり、酸っぱかったり、三層構造なのでいろいろな味を楽しめます。

値段もこの界隈では良心的な価格設定です。

ちなみに、近くには「京 八坂プリン」という似たお店もありますが、そちらはプリンで少しお高めです。

清水チーズ工房 アクセス方法


清水チーズ工房は清水寺へ向かう途中にあります

清水チーズ工房は清水寺へ向かう途中にあります

では、この「清水チーズ工房」さんの営業時間やアクセス方法についてです。

場所は清水五条から清水坂を上がってすぐ右側で、ものすごく分かりやすいです。

営業時間は「10時~17時」で、清水五条から清水寺へ行く途中には必ず通る場所にあるので、途中で食べてみるのも良いでしょう。

京都府京都市東山区白糸町569−10
営業時間:10時~17時
定休日:不定休


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西の・スイーツ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。