パティスリー195 @京都府庁前「無花果ショートケーキ」実食レビュー

京都府庁前に2018年7月2日新店オープンしたケーキ店「パティスリー195Patisserie 195)」さんへ行って来ました。有名外資系ホテルを渡り歩いた女性パティシエの方が作るケーキは季節のフルーツの良さを引き出したケーキで、とても美味しいケーキでした。

関西ローカルのテレビでも紹介されたとのことで、今後人気が出そうなお店でした。

広告

京都府庁前に「パティスリー195」が2018年7月2日新店オープン


京都府庁前にある「パティスリー195」

京都府庁前にある「パティスリー195」

初夏の頃、京都府庁前を通り過ぎた時にケーキ屋さんが開店しているのを見かけました。

お店の名前は「Patisserie 195」、わかりやすいように「パティスリー195」と記述します。

こういった新店はよく見つけるのですが、立ち寄るのは1割程度の頻度、その時は写真だけ撮っておいて先を急ぎました。

とはいえ、何度か通るたびに気になって仕方ないので、今回思い切って入ってみることにしたのです。

パティスリー195 とは


オーナーさんは有名ホテルでパティシエ責任者をされていた方です(パティスリー195)

オーナーさんは有名ホテルでパティシエ責任者をされていた方です(パティスリー195)

この「パティスリー195」、旬のフルーツなどを使ったケーキのお店で、オーナーの久木生子さんという女性の方のお店でした。

河原町にあった「ル・ペール(2011年閉店)」がご実家だったそうで、「ハイアットリージェンシー京都」や「京都ブライトンホテル」でお菓子作りをされてから、フランスに渡って「パリの1つ星レストランSOLA」でも修行されたそうです。その後、帰国して「ザ・リッツカールトン京都、沖縄」でパティシエ責任者をされてから独立されています。

素晴らしい経歴の通り、並んでいるケーキも食材の良さが伝わる色で表現されていました。

パティスリー195 ケーキの種類と値段


季節の果実で作られたケーキが多いようです(Patisserie 195)

季節の果実で作られたケーキが多いようです(Patisserie 195)

では、パティスリー195 ではどのようなケーキが売られているのでしょうか。

早速見てみると、最初に目に飛び込んできたのが「無花果ショートケーキ(500円)」でした。

無花果(いちじく)大好きだし、今年は無花果の当たり年だったので、こちらを買って帰ることにしました。

無花果ショートケーキ(パティスリー195)

無花果ショートケーキ(パティスリー195)

もちろん、他にもケーキがあって、旬のものが多くありました。

ただ、無花果はもう時期ではないので聞いたみたところ「まだ入荷できるのですが、そろそろ終わりますね」とのことでした。

濃い色のチョコレートで作られたタルトも気になる商品で、色で魅せるタイプのケーキが多くありました。

無花果ショートケーキ 500円
黒糖ロールケーキ 980円
黒糖ロール 300円
紅玉タルト 420円
洋ナシタルト 380円
無花果タルト 500円
モンブランカップ 480円
ぶどうパンナ 380円
カスタードプリン 200円
フォレ・ノアール 380円
洋ナシケーキ 420円
チョコレートタルト 380円
リンツァートルテ 380円
スコーン 180円

無花果ショートケーキ 実食レビュー


無花果ショートケーキ(パティスリー195)

無花果ショートケーキ(パティスリー195)

無花果ショートケーキは、しっとりしたスポンジケーキに無花果のグラッセとクリームのケーキです。

ケーキの甘さを抑え、無花果の甘さを楽しむように作られています。

グラッセされた無花果もキレイにカットされて、職人さんの仕事を感じる仕上がりのケーキです。

味も美味しく、とっても上品なケーキになっていましたよ。

無花果ショートケーキ 関西テレビ『よーいドン』で紹介されたようです


関西テレビ『よーいドン』で紹介されました(パティスリー195)

関西テレビ『よーいドン』で紹介されました(パティスリー195)

写真を精査してて気がついたのですが、この「無花果ショートケーキ」が関西テレビ『よーいドン』で紹介されたのだそうです。

放送は9月だったとのことで、見てはいなかったのですが開店早々で紹介されるってスゴイことです。

一度紹介されると、他の番組でも紹介される可能性がかなり高くなるので、またどこかで紹介されるかもしれません。

パティスリー195 営業時間と定休日


パティスリー195、京都府庁前にあります

パティスリー195、京都府庁前にあります

ということで「パティスリー195」さんのケーキ、今のうちに食べておきたい方は営業時間や定休日などを確認しておきましょう。

営業時間は「11時~18時」で、定休日は「日曜日、月曜日」となっています。

土曜日の昼過ぎに買いに行きましたがケーキはまだありましたので参考までに。

〒604-0091 京都府京都市中京区梅屋町(丸太町通)178−3
営業時間:11時~18時
定休日:日曜日、月曜日
公式サイト:http://patisserie195.com/

パティスリー195 アクセス方法

パティスリー195 へのアクセス方法についてです。

京都御苑の南西で丸太町通沿いになり、北側は「京都府庁」があります。

観光ついでで立ち寄ることも容易ですが、JR京都駅などから行く場合は地下鉄烏丸線「丸太町駅」で降りるのが一番確実な方法です。

・JR京都駅から地下鉄烏丸線「丸太町駅」で下車、徒歩2分


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。