ラ・クラシック ケーキ@京都・下鴨「オ・グルニエ・ドールの味を継ぐ店」実食レビュー

今回の「京都スイーツ」は、2018年8月30日に新店オープンしたばかりで、下鴨神社のスグ近くにある「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」という洋菓子店の実食レビューです。実はこちら、あの超有名行列店「オ・グルニエ・ドール」のお弟子さんのお店なのです。

ということで、開店前から話題になっていたケーキ屋さんで、開店直後からお客さんで賑わっていました。

広告

オ・グルニエ・ドールで修行したケーキ店「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」


オ・グルニエ・ドールで修行された方のケーキ店「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」

オ・グルニエ・ドールで修行された方のケーキ店「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」

下鴨神社のスグ近くに新しいケーキ屋さんが開店しています。

お店の名前は「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」。

2018年8月30日に新店オープンしたばかりで、あの超有名店「オ・グルニエ・ドール(5月末で閉店)」で修行された方が独立開業した洋菓子店です。

広めの店内で10時開店から次々とお客さんが来店

広めの店内で10時開店から次々とお客さんが来店

前日オープンということもあるのですが、近隣の方々が噂を聞いてケーキを買いにいらっしゃていました。

開店時間は10時、開店直後から次々とお客さんが来店しています。

では、この「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」さんでは、どんなケーキを楽しむことができるのでしょうか。

ラ・クラシック(La KLASSIQE)のケーキ


ラ・クラシック(La KLASSIQE)さんのケーキ、値段は400~500円くらい

ラ・クラシック(La KLASSIQE)さんのケーキ、値段は400~500円くらい

ラ・クラシック(La KLASSIQE)さんでは、ケーキと焼き菓子が売られていました。

お値段は400円~500円くらいなので、高級ケーキ店の価格設定です。

ミルリトン(420円)
パン・コンプレ(420円)
レモンケーキ(300円)※ひとり5点まで、生レモンケーキは4点まで
フィナンシェ(260円)
グランベリースコーン(280円)
すずあかねのショートケーキ(520円)
バナナとオレンジのムースショコラ(550円)
カマンベールチーズタルト
モンブラン(550円)
サブレ・ショコラ・キャラメル・サレ(850円)
シュークラシック(350円)
京丹波黒卵プリン(330円)
左:ミルリトン(420円)、左:シュークラシック(350円)

左:ミルリトン(420円)、左:シュークラシック(350円)

ケーキの種類は少なめで、陳列も少ないのですが、これは常時追加されているようです。

ただ、開店から6分後に入店したところ、お客さんは2組くらいだったもののすでに半数が売れているという状況なので、買いに行くなら開店狙いがベストなのかもしれません。

ラ・クラシック(La KLASSIQE)実食レビュー


奮発しまして1300円越えです

奮発しまして1300円越えです

ということで、美味しそうなケーキだったので、3点購入してきました。

・京丹波黒卵プリン(330円)
・シュークラシック(350円)
・バナナとオレンジのムースショコラ(550円)
京丹波黒卵プリン(330円)

京丹波黒卵プリン(330円)

京丹波黒卵プリン(330円)は、京丹波の鶏の卵を使ったプリンです。

黒卵というのは初めて聞くのですが、黒豆を食べて育った鶏の卵かなんかかもしれません。

とっても上品ながらスタンダードな味わいのプリンで、甘さとコクのバランスがちょうど良く美味しいプリンでした。

シュークラシック(350円)

シュークラシック(350円)

表面は固めのサクサクした記事、粉砂糖がたくさん降り掛かっており甘さを楽しむシュークリームです。

中はカスタードクリーム、こちらは甘さ控えめです。

シュークリームは、かなり食べ歩きしているのですが、ものすごく美味しいシュークリームだと思いました。

バナナとオレンジのムースショコラ(550円)

バナナとオレンジのムースショコラ(550円)

チョコレートの中にチョコレートムースが入った、ものすごい甘いスイーツです。

保冷剤を入れてくれるので持ち帰るまで問題はないのですが、食べようと箱から出した瞬間からとろけていく繊細さです。

上の部分は少し溶けたくらいが食べごろで、口の部分をスプーンを使って中からムースを取り出して食べます。

ものすごく甘いので、食べられる自信のある方だけどうぞ。

ケーキもプリンも美味しいものでした

ケーキもプリンも美味しいものでした

ということで、オ・グルニエ・ドールで修行された方が2018年8月30日に開店した「ラ・クラシック」の紹介でした。

印象としては、甘さがかなりあるケーキですが、シュークリームなどはバランスの良い素材の味わいが素晴らしいものになっていました。

師匠の店は超行列店で5月に閉店してニュースにもなったお店ですが、こちらもその弟子のお店ということで繁盛しそうです。

ラ・クラシック(La KLASSIQE)アクセス方法


ラ・クラシックは、下鴨神社の駐車場(下鴨本通沿い)から南へ徒歩3分くらいの場所

ラ・クラシックは、下鴨神社の駐車場(下鴨本通沿い)から南へ徒歩3分くらいの場所

では、この話題のお店「ラ・クラシック(La KLASSIQE)」へは、どのように行くのでしょうか。

場所は下鴨神社の近くなので、京阪「出町柳駅」からも歩いて行くことができます。

下鴨本通沿いなので迷うことなくたどり着くことができるかと思います。

定休日は日曜日ですが、不定休があります。2018年9月は2日~3日と9日~10日が休みと告知されていました。

営業時間:10時~18時
定休日:日曜日(月に2日の不定休あり)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。