いかりバルン「いかりスーパーでしか売ってないケーキ」実食レビュー

今回の「京都スイーツ案内」は、関西でしか食べることができない「バルン」というスイーツを紹介します。こちら「いかりバルン」と呼ばれていますが、兵庫発祥のスーパーマーケットで売られているだけなので「関西でしか食べることができないスイーツ」です。値段は1個100円(税別)、シンプルながらもスポンジケーキの中に生クリームが入った甘い洋菓子です。

では、この「いかりバルン」いったいどんなスイーツなのでしょうか?

広告

関西でしか売ってないケーキ「いかりバルン」とは


高級スーパー「いかり」で100円という異色の値札が付いたケーキ「バルン」

高級スーパー「いかり」で100円という異色の値札が付いたケーキ「バルン」

皆さんは「バルン」というケーキをご存知でしょうか。

あの高級スーパー「いかり(いかりライクス)」でのみ売られているというスイーツで、これあまり話題になっていないのですが、なんでも高い「いかりスーパー」で唯一100円で販売されているという格安ケーキでもあるのです。

粉砂糖のかかったスポンジケーキの中に「カスタードクリーム生クリーム」がたっぷり入ったケーキのことで、これがまたシンプルではあるものの、とても美味しいのです。

ふわふわスポンジ生地の中にカスタードクリーム・生クリームを絞り入れた食べやすい大きさのケーキ。1個100円(税別)で販売されているので、高級スーパー「いかり」で子供でも購入できる唯一の商品。

いかりバルン 実食レビュー


これが「いかりバルン」とてもシンプルな洋菓子です

これが「いかりバルン」とてもシンプルな洋菓子です

さて、こちらが「いかりスーパー」で購入してきた「バルン」です。

カステラのようなスポンジケーキですが、味わいとしてはカステラまで甘さがないスポンジケーキで、商品ごとに形が結構異なります。

中にクリームが入っているかわかりづらいものもあるのですが、シッカリと「生クリーム、カスタードクリーム」が中に入っています。

バルンの中は生クリームとカスタードクリームです

バルンの中は生クリームとカスタードクリームです

材料は小麦粉や卵に蜂蜜などで、添加物はステビア抽出物(甘味料)だけです。

味は昔ながらのシンプルなスイーツという感じですが、甘さもあって、とってもふんわりしたスイーツになっていました。

子供のおやつなどに向いており、値段も1個100円なのでお手軽なスイーツと言えるでしょう。

・生クリーム
・砂糖
・全卵
・小麦粉
・卵黄
・牛乳
・はちみつ
・粉糖

いかりバルン が購入できる場所


バルンは「いかりスーパー(いかりライクス)で購入できます

バルンは「いかりスーパー(いかりライクス)で購入できます

さて、この「いかりバルン」ですが、いかりスーパー(いかりライクス)があれば購入可能です。

京都だと身近に「いかりライクス 常磐店」があるので便利ですが、兵庫が発祥のスーパーマーケットなので・・・・

関西でしか食べることができません!

なかなか入手困難なスイーツですが、京都では「常磐」と「修学院」にお店がありますので、お近くに行かれた際には、この珍しい「いかりバルン」を試してみてはいかがでしょうか。

京都府京都市右京区太秦京ノ道町10−3
営業時間:10時~21時
定休日:
URL:https://www.ikarisuper.com/author/tokiwa/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。