稲房安兼(いなふさやすかね)@宇治のお土産「茶だんご」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都の和スイーツ「だんご」ですが、その中でも宇治の名物である「茶だんご」を実食レビューします。最近は抹茶スイーツというと洋菓子になってしまっていますが、宇治のお菓子といえば「茶だんご」です。米粉を原材料に砂糖で甘味をつけたシンプルな団子に抹茶で味付けがされている和菓子です。

宇治では、多くのお店で「茶だんご」が売られていますが、今回は300年続く老舗稲房安兼(いなふさやすかね)の茶だんごを実食レビューします。

広告

宇治のお土産「茶だんご」


江戸時代から続く茶商で売られている「宇治名物 茶だんご」

江戸時代から続く茶商で売られている「宇治名物 茶だんご」

京都の宇治と言ったら当然のように「お茶」ですが、お土産物としてよく買われるのが宇治のお土産「茶だんご」です。

宇治駅から平等院まで向かう参道の途中にある茶商(ちゃしょう=お茶を売るお店)さんで売られており、宇治観光に訪れる観光客の方々もよく買っていくお土産です。

有名なのは宇治駅前にある老舗「通圓(つうえん)」の茶だんごですが、大手の「伊藤久右衛門」などでも売られています。

そこで今回は、創業が享保2年という「御菓子司 稲房安兼(いなふさやすかね)」さんの茶だんごを食べてみることにしましょう。

稲房安兼の「茶だんご」


御菓子司 稲房安兼(いなふさやすかね)

御菓子司 稲房安兼(いなふさやすかね)

宇治平等院へと続く参道にあるのが「御菓子司 稲房安兼(いなふさやすかね)」さんです。

他の茶商さんが店頭に「茶、茶菓子」などを目立つように並べているのとは対照的に、こちらは非常にシンプルな飾りつけになっています。

そのため、逆に気になっていたお店なのです。

串にささっていない茶だんご

串にささっていない茶だんご

普通、団子というと串にさしてあるものですが、稲房安兼の「茶だんご」は「串にささっていない茶だんご」になっています。

値段は30粒で440円(税込)からとなっており、粒数で販売されているのが特徴です。

・30粒 440円
・54粒 710円
・83粒 1100円
・111粒 1440円

茶だんご 実食レビュー


今回は稲房安兼の茶だんご「30粒 440円」をいただきます

今回は稲房安兼の茶だんご「30粒 440円」をいただきます

お店は「御菓子司 能登掾 稲房安兼」というのが正確な表記で、読み方は「おかしづかさ のとじょう いねふさやすけん」です。

この「茶だんご」は、とてもシンプルなもので「米粉砂糖抹茶」を材料にして作られているのですが、かなりの弾力がある歯ごたえがあります。

他店と比較すると、色合いや甘さなどが店によってマチマチで、稲房安兼さんの茶団子はちょうど標準的な甘さと色合いかなと思われました。

ちなみに、色は着色料です。

別皿に盛るのは結構大変なので、お客用に出すなら串付きがいいと思います

別皿に盛るのは結構大変なので、お客用に出すなら串付きがいいと思います

適度な甘味の団子で、それに抹茶の香りが口の中に広がる団子になっていました。

お茶菓子としての食べ方を想定しているのか、ややクドイ甘さがあるので、宇治茶などと一緒に食べるのがベストなお菓子と言えそうです。

前述のように、こちらの稲房安兼さんの茶だんごは「串なし」のものなので、小皿に盛り付けるのがちょっと大変です。そのため、お茶菓子として客人に出すような場合は「串付き」のものを他店で購入した方が良いかもしれません。

稲房安兼への行き方(アクセス方法)


稲房安兼は、宇治平等院へ向かうメインストリートにあります

稲房安兼は、宇治平等院へ向かうメインストリートにあります

さて、今回の「稲房安兼(いなふさやすかね)」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、京都からだと京阪宇治線「宇治駅」もしくはJR奈良線「宇治駅」を利用します。

お店は、宇治平等院の参道にあるので、京阪宇治線でいく方が分かりやすいかと思います。

駅から徒歩5分くらいの場所で、有名な「伊藤久右衛門」や「上林」などの茶商が集中する一角に店舗があるのでスグに分かります。

京都府宇治市宇治蓮華11
営業時間:9時~18時
定休日:木曜日、第三水曜日(祝日は営業して翌日休み)
URL:http://www.inafusa-yasukane.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。