京都で雪!貴船・鞍馬では積雪10cm降雪(写真撮影してきました)

2017年12月14日は京都市内でも雪が降り、京都市北区や左京区の北側の宝ヶ池付近から積雪5cm以上の降雪になっていました。さすがに西賀茂より南は雪は積もっていませんでしたが、貴船神社で積雪10cmほど、鞍馬寺では積雪5cmほどになっているのを確認しました。

2017年12月14日午前中に「貴船神社」と「鞍馬寺」で写真撮影してきたので京都の積雪状況をレポートします。

広告

2017年12月14日は京都市内で雪が降りました


京都市左京区「向山」(2017年12月14日10時撮影)

京都市左京区「向山」(2017年12月14日10時撮影)

2017年12月14日深夜から降った京都の雪ですが、京都の街中では1cm積もったか積もらなかった程度でしたが、京都市の北側(宝ヶ池付近)より北では朝から5cmほどの積雪になっていました。

京都市内でも、京都産業大学から宝ヶ池で積雪が見られており、市原の「向山」も雪化粧となっています。

この付近の積雪は11時には日光が出てきたので消えていましたが、さらに奥の「貴船・鞍馬」では積雪していたので写真を撮影してきました。

京都・貴船の降雪状況(2017年12月14日午前 撮影)


京都・貴船の降雪状況(2017年12月14日11時 撮影)

京都・貴船の降雪状況(2017年12月14日11時 撮影)

京都・貴船の降雪状況です。

2017年12月14日11時頃に貴船神社に到着しましたが、行く途中の集落では積雪が10cmほどとなっており、12月になってからは一番の降雪になっていました。

貴船神社の朱色の灯篭が並ぶ参道は、雪の日には絶好の撮影スポットになるのでカメラマンが数名ほど写真を撮影しています。

観光客はまばらで、貴船神社は空いていましたが、ひさしぶりの積雪に観光客も満足しているようでした。

11時頃でも貴船神社では雪が降っています

11時頃でも貴船神社では雪が降っています

到着した11時頃でも貴船神社では雪が降っています

参道はシャーベット状態で少し滑りやすくなっており注意しながら歩く必要がありました。

京都でも雪が降っているのは「西賀茂」よりも北で、もし雪を見たいなら貴船神社へ行けば見られます。

貴船神社参道の積雪写真

貴船神社参道の積雪写真

京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
URL:http://kifunejinja.jp/

京都・鞍馬の降雪状況(2017年12月14日午前 撮影)


鞍馬駅の天狗(2017年12月14日午前 撮影)

鞍馬駅の天狗(2017年12月14日午前 撮影)

2017年12月14日午前に撮影した鞍馬駅の鞍馬天狗には雪が積もっていました。

今年の1月15日に大雪が降った際に鼻が取れたことで話題になった天狗ですが、今年は修繕されて補強されているからかまだ折れていませんでした。

先ほどの「貴船神社」と山ひとつ隔てて同じ場所にあるのですが、鞍馬寺の方が雪は少なめという状況です。

これはよくあることで、京都では貴船山より西の「十三石山」から北西が降雪の多いエリアだからです。京都では雪の降る場所が明確に分かれており、いくつかポイントがあります。(詳細はこちらの記事を参照してください

鞍馬駅は積雪5cmほどでした(2017年12月14日午前 撮影)

鞍馬駅は積雪5cmほどでした(2017年12月14日午前 撮影)

鞍馬駅は積雪していましたが、貴船の半分くらいの規模でした。

積雪5cm程度で、雪が残っているのは「鞍馬寺」上の方くらいで、ちょうど鞍馬寺の山門より上に雪雲が出ており降雪していました。

この鞍馬寺より西が京都の降雪ポイントになってきます。

ということで、12月14日の京都で雪を見たい場合は「貴船神社」もしくは「鞍馬寺」の山頂まで行けば雪を見ることができそうです。

京都府京都市左京区鞍馬本町1074番地
URL:http://www.kuramadera.or.jp/


京都をメインに関西のユニークで面白い 「名所・神社・寺」を紹介しています。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。