2020年2月1日オープン 焼きそば専門天

2020年2月1日新店オープンした「焼きそば専門天」さんへ行って来ました。名前の通り「焼きそば専門店」で、店が「天」になったのが屋号になっています。ソース味と塩味の2種類の焼きそばがあり、お値段は750円からとなっていました。

2020年2月1日オープン 焼きそば専門天


2020年2月1日オープン 焼きそば専門天

2020年2月1日オープン 焼きそば専門天

京都の本能寺のすぐ近く、寺町通から裏通りを歩いていると「焼きそば専門店」が新店オープンしていました。

オープン日は2020年2月1日、お店の名前は「焼きそば専門天」さんとなっていました。

実はこちら、元々は「海老とんこつらーめん 一義」さんがあった場所です。

オーナーさんは同じ方で業態変更したとのことでした。

焼きそば専門店の「焼きそば専門天」

焼きそば専門店の「焼きそば専門天」

焼きそば専門店で、店名は「焼きそば専門天」と小粋な洒落になっています。

京都焼きそば というジャンルらしい

京都焼きそば というジャンルらしい

表には「京都焼きそば」と書かれており、京都の焼きそばであることがアピールされていました。

さらに「やみつきになる京都下町の味」とも書かれており、自らハードル高くしている感もあります。

ちなみに、東京では「下町」とはよく言いますが、丘陵や高台の少ない京都で「下町」とはあまり言わないですね。

焼きそばは「ソース、塩」の2種類

焼きそばは「ソース、塩」の2種類

焼きそばは「ソース、塩」の2種類で、トッピングによって値段が変動しますが、豚肉の焼きそばでどちらも750円です。

トッピングは「豚肉、いか、牛すじ、牛ホルモン」です

トッピングは「豚肉、いか、牛すじ、牛ホルモン」です

トッピングの種類「豚肉いか牛すじ牛ホルモン」で値段が変わります。

具材の中身を見るかぎりでは、京都というよりも大阪とか京都駅の南側という雰囲気です。

では、今回も「塩焼きそば」を食べてみたいと思います。

焼きそば専門天 塩焼きそば 実食レビュー


塩焼きそば 豚肉(750円)

塩焼きそば 豚肉(750円)

麺は細麺と太麺が選べるので、今回は細麺をチョイスです。

上の写真が「塩焼きそば 豚肉(750円)」、キャベツにネギ、もやしと紅生姜というシンプルな焼きそばです。

ちゃんと焼いてあります!

ちゃんと焼いてあります!

この前、烏丸御池でオープンした焼きそば専門店は全くといっていいほど焼いてない焼きそばだったので、ここも同じだったらどうしようかとヒヤヒヤものでしたが・・・・

ちゃんと焼いてありました。

ほんのり出汁、塩で味が調節してあります

ほんのり出汁、塩で味が調節してあります

塩焼きそばなので、もちろん塩味の焼きそばです。

出汁でほんのり味わいで、薄口の焼きそばという感じで普通に美味しいかと思います。

もうちょっと味があっても良いかなと思いますが、ソース焼きそばだったら問題はないかもしれませんね。

焼きそば専門天 はどこにある?


焼きそば専門天 は本能寺の南(姉小路通)にあります

焼きそば専門天 は本能寺の南(姉小路通)にあります

では「焼きそば専門天」はどこにあるお店なのでしょうか?

場所は本能寺の南(姉小路通)にあります。

河原町通からなら、河原町三条から一筋北側の通りで、セブンイレブンの角を西へ入ってスグのところです。

営業時間と定休日は記載がないので、以前と同じものを書いておきます。

京都府京都市中京区下本能寺前町
営業時間:11:30~22時(14:30~17時まで中休みの場合あり)
定休日:月曜


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。