幸楽苑 京都久御山店 閉店@京都「黒醤油ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、もうすぐ閉店する「幸楽苑 京都久御山店」さんのラーメン実食レビューです。幸楽苑は京都府と滋賀県からは完全撤退するので、もうすぐ近場では食べられなくなります。しかし、京都でも南部(久御山)と山科にしかないので、今でもあまり食べる機会はなさそうです。

今回は「黒醤油ラーメン」と「餃子」の実食レビューになります。

広告

幸楽苑 京都久御山店でラーメン食べ納めしてきました


幸楽苑 京都久御山店、今年看板が黄色から緑になりました

幸楽苑 京都久御山店、今年看板が黄色から緑になりました

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都には2店舗しかない「幸楽苑(こうらくえん)」さんのラーメンを食べてきました。

すでに、別記事でお伝えしていますが、「幸楽苑」さんは京都府から完全撤退するということで、もう「幸楽苑」のラーメンを食べることができなくなります。

そこで、国道1号線沿いにあるロード店「幸楽苑 京都久御山店」さんまで行ってきたのです。

今回は「黒醤油ラーメン」と「餃子」のセットを食べてきましたので実食レビューします。

黒醤油ラーメン 実食レビュー


黒醤油ラーメン 490円

黒醤油ラーメン 490円

今回は「黒醤油ラーメン 490円」と「餃子 200円」のセットを食べてみました。

安いのは「あっさり中華そば 390円」ですが、餃子とのセットがなかったためです。

黒醤油らーめん 490円
とんこつチャーシューめん 590円(中京・関西地区限定)
ねぎらーめん 490円(醤油、みそ、塩)
あっさり中華そば 390円(醤油、みそ、塩)
つけめん 390円
濃厚魚介つけめん 490円
塩とんこつらーめん 490円
野菜ちゃんぽん 590円
餃子 200円
半チャーハン 310円
黒醤油らーめん

黒醤油らーめん

麺は「多加水熟成麺」で、ツルッとしたやや縮れた中太麺を使っていました。

まぁ食べやすい麺ですが、最近は自家製麺のこだわりのあるお店が多いので、普通かなという感じもします。

関西は「低加水」が多いのですが、幸楽苑さんは青森発祥なので関西ラーメンというよりも関東以北のラーメンです。

スープは、かなり醤油辛いもので、黒醤油というか濃口醤油の味が際立っていますが、ベースの味わいはあまりしませんでした。

関西は出汁文化なので、カエシの味しかないラーメンはあまり流行らないのですが、そのあまり流行らない感じのラーメンです。

餃子 実食レビュー


餃子は安くて美味しいです

餃子は安くて美味しいです

餃子は甘味のある餃子らしい味わいです。

それでいて、200円という低価格なのが嬉しいところです。

やや具材が粗びきで、餃子の王将のような柔らかい具材ではありません。

しかし、王将より何倍も美味しい餃子ですというか、餃子の王将の餃子が不味すぎるので比較にはならないでしょう。

粗挽きで甘味のある餃子でした

粗挽きで甘味のある餃子でした

低価格の餃子は「餃子の満州」が一番おいしいと思います。

大阪にもありますので、そこで食べるのが一番です。

幸楽苑 京都久御山店 基本情報


幸楽苑 京都久御山店 外観

幸楽苑 京都久御山店 外観

もうすぐ閉店する京都の「幸楽苑 京都久御山店」さんの場所ですが、国道1号線沿いという立派な立地にあります。

この周辺は等間隔にラーメン店が並ぶ(上り車線)というラーメン街道で、あらゆるチェーン店から個人経営までしのぎを削っているエリアです。

それでも、交通量が多いからか、お昼時には満席となります。

駐車場のあるラーメン店ばかりなので、近くにあったら便利だなと思う場所ですが、ロード店が並ぶのは「幸楽苑 京都久御山店」さんがある久御山という京都府南部だけです。

京都市内とは、また違う感じの風景ですね。

京都府久世郡久御山町田井向野17−1
営業時間:10:45~24時(LO 23:30)
定休日:年中無休
URL:https://www.kourakuen.co.jp/


京都にもあったラーメンチェーン「幸楽苑(こうらくえん)」が府内から完全撤退し閉店すると報道されています。「京都に幸楽苑ってありましたっけ?」と思う方もいらっしゃると思いますが、山科店久御山店があります。しかし、この「幸楽苑 閉店」は、きっと誰も困らない話のような気がします。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。