ダブルラリアット 復活@京都・百万遍「ラーメン改良」も閉店予定

京都・百万遍に二郎インスパイアのラーメン店「ダブルラリアット」が復活営業しています。2017年11月からオープンし、12月まで営業することになっています。スープ・麺ともに改良が行われており、以前より食べやすくなっていました。

ということで、ひさしぶりの「ダブルラリアット」実食レビューです。

広告

ダブルラリアット 復活


京都・百万遍のラーメン店「ダブルラリアット」が復活営業中

京都・百万遍のラーメン店「ダブルラリアット」が復活営業中

2017年11月から、かつて京都・百万遍に実在した京都のラーメン店「ダブルラリアット」さんが復活オープンしています。

この場所には「こだわりのないラーメン屋」さんがあったのですが、2017年10月末で閉店。

それ以前に営業していた「ダブルラリアット」さんが元の場所に戻ってきたという流れになります。

しかし、このお店も・・・・

期間限定の営業なのです。

改良されたラーメン


改良されたラーメン(750円、野菜少なめ発注)

改良されたラーメン(750円、野菜少なめ発注)

ということで、復活した「ダブルラリアット」さんのラーメンをひさしぶりに食べてきましたので実食レビューします。

実は前と同じではないのです。

スープと麺は、前よりもおいしく改良されており、スープは「米麹」を使うことで甘みと味噌のような香りが追加されているのです。

米麹が使われたスープ

米麹が使われたスープ

オーナーの西大路郎氏に直接お話を聞く機会がありましたので、この改良点を聞いてきました。

すると・・・・

・麺は国産小麦70%と海外産30%の混合ブレンド、やや低加水太麺(ふすま入り)
・麺の太さは同じだが少し繊細さを感じ小麦の風味がよく出ている
・ベースは豚骨7割、鶏ガラ3割、香味野菜の合せスープ
・昆布も使っているが前より量を倍にしている
・カエシは醤油5種類使用、干しエビ、貝柱、生あさりなど魚介を漬け込んである
・大量の米麹で「醤油麹風」に仕上げてある
・そのためスープは全体的に旨味が増加した

ということで、結構な改良が行われているのが分かりました。

麺は手もみ具合を少し抑えてありました

麺は手もみ具合を少し抑えてありました

実際に食べて感じたのは「スープが味噌に少し近づいた」点と「麺が前より食べやすくなっている」という点でした。

スープの味は、本来の「ダブルラリアット」さんだとカエシの醤油辛さが際立つのですが、今回は甘味と辛みが同時に来るというスープになっています。

日本人は「甘辛」という食べ物が好きな民族ですが、米麹を入れることで甘辛さの中にほんのりと味噌の風味がつくラーメンに仕上がっていました。

また、以前は麺は「手もみ」を強めにしていたのですが、今回はそれを抑えることで食べやすくなっています。

ダブルラリアット 基本情報


ダブルラリアット 外観(2017年11月13日撮影)

ダブルラリアット 外観(2017年11月13日撮影)

2014年9月にオープンし、2016年12月29日に閉業した「ダブルラリアット」さん復活の場所は、以前と同じ百万遍にあります。

営業は、2017年12月22日(金曜)までです。

営業時間は公式Twitterで確認していただきたいと思います。

以前も書きましたが、この「ダブルラリアット」は、東京の超有名店「ラーメン二郎 三田本店」のDNAを初めて京都に持ってきたお店です。(← この情報を書いているのは本ブログくらいです)

ラーメンは「二郎インスパイア」ですが、他のインスパイアとは全く異なる独自のラーメンを出しています。

独特の味は記憶に残り、やみつきになるお客さんもいるというお店です。

ラーメンは常日頃から改良を重ねており、色々な素材でラーメンの味を追求してきたお店です。


京都に二郎インスパイアのラーメン店「ダブルラリアット」さんが2014年9月に新規オープンします。「ダブルラリアット」の場所は、百万遍のところで、手もみの麺など研究に余念のないお店です。今回はその「ダブルラリアット」さんに最速レビューを行いました。


京都府京都市左京区田中大堰町168−1
営業時間:11時~14:30、17:30~21:30 ※Twitterで要確認
定休日:土曜は昼のみ、日祝休み ※Twitterで要確認
Twitter:https://twitter.com/Doublelariat1


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。