麺屋 裕(ひろ)@京都市山科区 2017年春に移転 ラーメン新店オープン

京都で人気のあったラーメン店「麺屋 裕(ひろ)」さんが、2017年春に京都市山科区に移転して新店オープンすることになっています。場所は地下鉄東西線「東野駅」から南に300メートルほどの場所で「京都市山科区東野百拍子町」です。

実際に、現地まで行って新店舗を見てきましたのでレビューします。

広告

麺屋裕(ひろ)2017年2月19日に移転のため閉店


麺屋裕(ひろ)の山科東野の移転先はどこ?

麺屋裕(ひろ)の山科東野の移転先はどこ?

2017年2月19日に京都・千本通にあったラーメン店「麺屋裕(ひろ)」さんが惜しまれつつも閉店しました。

閉店理由は「周辺店舗への無断駐輪」が原因です。

では、もう「麺屋 裕(ひろ)」さんのラーメンを食べることはできないのでしょうか?

いえ、閉店と言っても新天地に移転するということなので、「麺屋 裕(ひろ)」さんのラーメンが食べられなくなるわけではありません。

麺屋裕(ひろ)の山科東野の移転先はどこ?


移転先は店頭に「山科東野」とだけ公表

移転先は店頭に「山科東野」とだけ公表

では、麺屋裕(ひろ)の移転先はどこなのでしょう?

閉店時に移転先は「山科東野」とだけ公表されていました。

しかし「山科東野」だけではいまいちわかりません。

実際に「麺屋 裕」さんの新店舗を見に行ってきました

実際に「麺屋 裕」さんの新店舗を見に行ってきました

ということで、実際に現地に確認しに行ったところ、住所的には「京都市山科区東野百拍子町」という所で「麺屋裕(ひろ)」さんの新店舗(移転先)を見つけることができたのです。

麺屋裕(ひろ)@山科 新住所


明らかに「麺屋裕(ひろ)」さんの看板です

明らかに「麺屋裕(ひろ)」さんの看板です

今回、この「京都市山科区東野百拍子町」まで行って、実際に新店舗を確認してきました。

新住所は「京都府京都市山科区東野百拍子町25−2」となります。

上の写真が、「麺屋裕(ひろ)」さんの新店舗の看板ですが、そこに書かれている「粉場打ち無手先謹製 麺屋 裕」という文言は、公式Twitterのタイトルにもなっており、100%間違いありません。

麺屋 裕(ひろ)さんの山科 新店舗 外観

麺屋 裕(ひろ)さんの山科 新店舗 外観

上の写真が、新店舗の外観です。

場所は、地下鉄東西線「東野駅」が最寄りになるのですが、東野駅5番か6番出口から出ないとお店に行きつくのがかなり難しい場所にあります。

お店の300メートル北が国道1号線(東海道)なのですが、横断歩道がないため国道の南側に出る地下鉄の出口を使う必要があるからです。

なお、移転前はパチンコ屋さんの前に店舗があったのですが、移転先もお向かいがパチンコ屋さんです。

追記:オープン日は4月27日と告知されました。

麺屋裕(ひろ)メニュー


麺屋裕(ひろ)メニュー

麺屋裕(ひろ)メニュー

ということで、移転オープン後に訪問してきましたのでレビューしたいと思います。

メニューは一番人気の名物「蟹塩そば 750円」以外にも醤油・塩ラーメン貝そばがあります。

値段は適正価格くらいで、全品750円になっていました。

蟹塩そば 750円
ラーメン 750円(塩、醤油)
貝そば 750円(塩、醤油)

蟹塩そば 実食レビュー


蟹塩そば 750円

蟹塩そば 750円

名物で一番人気の「蟹塩そば 750円」は、見た目も美しい黄金色(琥珀色)に輝くスープで、トッピングの彩りもよく考えられているラーメンです。

トッピングは「根曲がり竹(姫竹)、ロースのチャーシュー、鶏チャーシュー、白髪ねぎ、青ねぎ、糸唐辛子、柚子」とこだわっているのを感じます。

根曲がり竹(姫竹)を炙って甘味を付けたものは味わいもよく美味しく、チャーシューもロースハムのような味わいでよく出来ているものでした。

ねぎも、京都ではあまり食べられない「白髪ねぎ」の下に「青ねぎのななめ切り」したものを添えるなど工夫があります。

玉ねぎも「紫玉ねぎ」で爽やかな香りだけを引き出しており、それぞれのトッピングが絶妙に組み合わさっていました。

殻を砕いて香ばしい蟹の香りを出したスープ

殻を砕いて香ばしい蟹の香りを出したスープ

スープ香油が浮かんでおり、小さい粒が浮いているのが見えます。

ベースは鶏ガラで、実家がカニを扱う商売ということで安く仕入れられる蟹もふんだんに使われています。

小さい粒は「蟹の甲羅(殻)蟹の身」などのようで、ジャリジャリとした食感が後を引く美味しさになっていました。

蟹の味がしつこいわけではないのですが、油や蟹殻の香ばしさが合わさってバランス良く仕上がっていると思いました。

激ウマというほどでもないのですが、トッピングやスープの絶妙な組み合わせで飲みやすいスープは完飲という結果になりました。

は平打ちの自家製麺で、あまり好みではなかったのですが、茹で上がりが相当早くて、待ち時間はほとんどありませんでした。

麺屋 裕(ひろ)アクセス方法


麵屋祐(ひろ)外観

麵屋祐(ひろ)外観

麺屋 裕(ひろ)さんへのアクセス方法ですが、最寄り駅で言うならば地下鉄東西線「東野駅」になります。

駅からも徒歩5分ほでなのでアクセスは便利ですが、駐車場や駐輪場はありません。

駐車場は近隣にコインパーキングがあるので良いのですが、自転車・バイクは「東野駅」にある有料駐輪場を使うことになります。ただし、ここは常に混雑しているので駐輪できるかは運しだいです。

京都府京都市山科区東野百拍子町25−2
営業時間:11時~15時
定休日:月曜
URL:https://twitter.com/menyahiro0212


「有吉ゼミ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。