麺屋うまか 久御山店 @京都府久御山町 博多ラーメンが新店オープン 京都初出店

滋賀県の「麺屋うまか」の京都店が2016年12月時点で新店オープン準備中となっています。場所は京都府久御山町の国道1号線沿いで久御山中央公園の近くです。本店は滋賀県甲賀市水口でその京都支店であるのは間違いありません。まさかの「麺屋うまか 京都久御山店」でしょうか?

京都初出店となる現地からレビューします。

追記:2017年1月7日オープンの実食レビューを追加しました。

広告

滋賀県甲賀市の博多ラーメン店「麺屋うまか」が京都に初出店か?現地からレビュー


「あの!博多ラーメン!細麺」と書かれています

「あの!博多ラーメン!細麺」と書かれています

京都の国道1号を走っていたのですが、新しいラーメン店が工事中となっていました。

看板には「あの!博多ラーメン!細麺」と書かれているのです。

さっそく見に行ったところ、まだまだ工事中のようでしたが「ラーメン店」であると工事中の方から言質(げんち)を取ることができました。

店名がかすかに見えるのですが「麺屋うまか」と書かれていました!

店名がかすかに見えるのですが「麺屋うまか」と書かれていました!

交差点のところから見ると、看板に「からあげグランプリ最高金賞」と書かれており、もうここでピンっと来ました。

そうです!滋賀県甲賀市水口にある有名店「麺屋うまか」さんです。

まさかの京都出店のようです。

看板に「麺屋うまか」と書かれているのを確認


画像補正をしたところ「麺屋うまか」と書かれているのが確認できました

画像補正をしたところ「麺屋うまか」と書かれているのが確認できました

看板はまだ工事中で外からは見えづらいのですが、写真の画像補正で解析したところ滋賀県甲賀市水口にある博多ラーメン店「麺屋うまか」さんのロゴと完全一致しました。

ということであれば、京都に支店が初出店ということになります。

麺屋うまか」さんは博多とんこつラーメンのお店で「カリッジュ」さんという唐揚げ専門店と併設されているお店なのですが、その唐揚げ店が「からあげグランプリ最高金賞」を受賞しているお店なので京都支店であるのは間違いないでしょう。

麺屋うまか 久御山店 2017年1月7日でオープン確定!オープン前情報


再訪したところ外観も内装も完成していました

再訪したところ外観も内装も完成していました

麺屋うまか 久御山店」のオープン日ですが、再度現地で確認したところ、2017年1月7日でオープン確定となりました。

すでに外観も内装も完成しており、店内にはお店の方がいらっしゃいましたので、少し取材させていただきました。

それによると、滋賀県甲賀市水口にある博多ラーメン店「麺屋うまか」さんの支店で間違いないとのことです。

麺屋うまか 久御山店 メニュー

麺屋うまか 久御山店 メニュー

ご厚意で今回は特別にオープン前でしたが、中に入れていただきメニューを撮影させていただきました。

うまかラーメン 730円
赤うまかラーメン 730円
スタミナラーメン 850円
チャンポン 850円
焼ラーメン 850円

「焼きラーメン」はなかなかないので珍しいですね。オープンが待ち遠しいです。

からあげ専門店「カリッジュ」さんのメニュー

からあげ専門店「カリッジュ」さんのメニュー

唐揚げ店「カリッジュ」も併設されるのですが、そちらは2016年12月24日に先立ってオープンしているとのことでした。

ラーメンのセットに唐揚げがあるので店内でも食べることができるのと、近日中に唐揚げだけの「唐揚げ定食」も準備しているとのことでした。

遂にオープン!麺屋うまか 久御山店 店内の様子


オープン初日の「麺屋うまか 久御山店」に再々訪問しました

オープン初日の「麺屋うまか 久御山店」に再々訪問しました

ということで、2017年1月7日のオープン日に3度目の訪問をしてきました。

店内には、オーナー様と店員さんがいらっしゃったのと、なんと水口の本店のオーナー様も応援に駆けつけていました。

営業時間はどこにも情報がないようなので「昼は11時~15時まで、夜は17時~22時まで」とお店の方に直接聞いておきました。

店内はロード店だけあって結構広めのお店です

店内はロード店だけあって結構広めのお店です

当日は11時オープンからかなりの人数のお客様がいらっしゃったとのことで、ランチタイムには行列ができるほどの盛況ぶりだったそうです。

・・・・だそうです?

そうなんです。実は訪問したのは忙しい時間帯が終わった中休みの時間帯なのです。

そのため、今回は特別に入れていただいて、お客さんのモザイクなしで写真を掲載できたというわけです。

スペースに余裕をもった広めの座席配置となっていました

スペースに余裕をもった広めの座席配置となっていました

席は「カウンター5席4人テーブルx26人テーブルx2」となっており、それでもまだ少し余裕のある作りになっていました。

そのため、第一印象は開放感のある良い感じの広さのお店だなというものでした。

では、さっそく名物の「うまかラーメン」を食べてみましょう!

うまかラーメン 実食レビュー


「うまかラーメン 730円」を実食レビュー!

「うまかラーメン 730円」を実食レビュー!

今回は「うまかラーメン 730円」と「唐揚げ」のセットをいただきました。

ここまできて、グランプリ受賞した唐揚げを食べないのはもったいないです。

スープは深みのあるさわやかな甘さのトロリ系スープです

スープは深みのあるさわやかな甘さのトロリ系スープです

スープは豚骨スープですが豚くささがなく、爽やかな甘みのあるトロッとしたスープになっていました。

それに「チャーシュー2枚味玉きくらげネギ」が入ったバランスのよい一杯となっています。

京都の方が好きそうな上品な甘みのあるスープで、この品質なら久御山ではなく「洛中」でもやっていける味じゃないかと思いました。

スープがよく絡む細麺でスープと麺が一体化していました

スープがよく絡む細麺でスープと麺が一体化していました

麺は博多とんこつということで細麺ストレートのものです。

麺は好みで麺固めでお願いしました。

麺はスープとよく絡んでいたので、食べやすくてチュルチュルと完食してしまいました。

チャーシューも脂身の多い好みのタイプでした

チャーシューも脂身の多い好みのタイプでした

調味料も結構そろっています

調味料も結構そろっています

備え付けも結構揃っていました。

「高菜・紅ショウガ・レモン汁・塩・コショウ・ゴマ・ラー油」などがあり、レモン汁は唐揚げに合うので置いてあるんだと思いますが、実は・・・・

博多とんこつとレモンも意外とよく合うのです。(あまり知られていませんが)

あと、このスープだったら味変で「お酢」があっても良いかもしれませんね。

カリッジュさんの唐揚げ 実食レビュー


カリッジュさんのこだわりの唐揚げ

カリッジュさんのこだわりの唐揚げ

麺屋うまか」さんといえば、唐揚げグランプリ受賞をしたこだわりの唐揚げが名物です。

店内でもセット・単品で注文可能なので、ここまで来たらぜひ食べたいメニューのひとつです。

写真はちょっとピントが失敗気味ですが(笑)、サクサクとした天ぷらのような衣にジューシーな鶏肉の唐揚げとなっています。

これに塩・コショウとレモン汁をかけて、セットのご飯と一緒に食べるとかなりの美味しさでしたよ。

麺屋うまか 京都久御山店 基本情報


滋賀県の「麺屋うまか」の京都店です

滋賀県の「麺屋うまか」の京都店です

今のところ店名は仮称で「麺屋うまか 京都久御山店」としています。

博多ラーメン専用小麦「ラー麦」を使った細麺に豚骨100%スープの博多とんこつラーメン専門店です。

場所は国道1号線を京都から八幡市に向かう途中の久御山にあります。

セットも豊富なので長旅の途中でお腹を満たすことができます

セットも豊富なので長旅の途中でお腹を満たすことができます

駐車場も7台分ほどあり、店内はテーブル席もあるので、長旅の途中とか家族連れでも大丈夫です。

セットの種類もあるので、唐揚げセットや餃子セットで夕食にするのも良いでしょう。

京都府久世郡久御山町田井新荒見50
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。