ラーメン・つけ麺 bass @京都・河原町「名前も看板もある発見困難ラーメン店」レビュー

京都市中京区名前も看板もあるのに発見できないラーメン店「bass」があります。麩屋町通と蛸薬師通の交わる場所の角地にあるので立地はとても良い場所にあるラーメン店です。正式店名は「ラーメン・つけ麺 bass」で、2016年12月に開業したラーメン店です。

名前も看板もある発見困難店「ラーメン・つけ麺 bass」


名前も看板もある発見困難店「ラーメン・つけ麺 bass」

名前も看板もある発見困難店「ラーメン・つけ麺 bass」

今回の「京都ラーメン速報」は新店の紹介ではありません。

お店は2016年12月に開業、京都市中京区の麩屋町通と蛸薬師通の交わる場所の角地という飲食店としてはかなりの好立地にあるラーメン店です。

しかし、このお店・・・・

超発見困難店

なのです。

繁華街の通り沿いにあるし、名前も看板もあるのですが、どうしてもラーメン店とは思われない外観なのです。

その発見困難店は「ラーメン・つけ麺 bass」

その発見困難店は「ラーメン・つけ麺 bass」

その発見困難店とは「ラーメン・つけ麺 bass」さん。

看板にはちゃんと「bass」と書かれています。

でも「bass」としか書かれていないので、なんのお店かも分からない外観なのです。

明らかにラーメン店には見えません

明らかにラーメン店には見えません

このラーメン店の存在を知ったのはもうだいぶ前、2017年初頭のことでした。

特に話題になったこともなく、ラーメンブロガーが記事にしているのも特に見た記憶もなく、いつの間にか私の記憶からも薄れていきました。

でも、急に思い出したので食べに行くことにしたのです。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


すごくお洒落な小さいカフェみたいな雰囲気

すごくお洒落な小さいカフェみたいな雰囲気

さて、この「ラーメン・つけ麺 bass」さんですが、入るのには勇気がいります

でも、営業しているのさえ分かってしまえば躊躇なく入ってしまって問題ありません。

入店すると厨房があり、その前にカウンター2席ほど、背面の壁際に同じくカウンター席が4席ほどという小さなお店です。

壁際にもカウンター席があります

壁際にもカウンター席があります

席には手指消毒液が設置してありました。

狭いお店なのでちょっと心配でしたが、日曜日のランチタイム真っただ中でも先客も後客もなしでした。

その日の京都はどこも人がいっぱいでしたが・・・・

このお店は・・・・

発見困難店

だからです。

このお店のメニューは?


ラーメンがかなり美味しいです!(ラーメン・つけ麺 bass)

ラーメンがかなり美味しいです!(ラーメン・つけ麺 bass)

では「ラーメン・つけ麺 bass」さんでは、どんなラーメンを提供しているのでしょうか。

メニューは「ラーメン(800円)、つけ麺(850円)」のみです。

あとは「味玉(100円)、大盛(100円)」のオプションがあるだけです。

でも、このラーメンがかなり・・・・

美味しいのです!

ラーメン(800円)+味玉(100円)


ラーメン(800円)+味玉(100円)

ラーメン(800円)+味玉(100円)

今回は「ラーメン(800円)+味玉(100円)」で注文しました。

トッピングはデフォルトで「白ねぎ糸唐辛子穂先メンマチャーシュー」が入っていました。

スープは「鶏+豚+香味野菜」がベース、ほんのり魚粉の香りもするラーメンになっていました。

スープ


少しトロッとしたトリプルスープ、魚粉の香りもします

少しトロッとしたトリプルスープ、魚粉の香りもします

スープは前述のように「鶏+豚+香味野菜」がベースです。

昆布も使っており、たぶん厨房にあった北海道産「日高昆布」を使っています。

スープは少しトロッとした白湯(パイタン)で、旨味をよく感じ、甘さもあってスルスル飲める美味しいスープです。

珍しく完飲したほどのスープでした。

自家製麺


美味いなぁ、どこの製麺所かなと思ったら?!

美味いなぁ、どこの製麺所かなと思ったら?!

麺もとても美味しく適度なツルツル感に手もみの食感がとても良いものでした。

美味いなぁ、どこの製麺所かな?

と思ってマジマジ見ると・・・・

「これ自家製麺じゃん」

という事に気が付きました。

そこで店主さんに聞いてみると、確かに自家製麺とのことでした。

スープの邪魔をしない麺ですが、ちゃんと麺の味もします。

スープにとてもよく合っていました。

チャーシュー

チャーシュー

ラーメンを食べていて、これ炊き込みご飯と一緒に食べたら美味しいだろうなと思いながらでしたが、ラーメンとつけ麺のみの提供です。

看板も名前もあるのに発見困難店、賑わう河原町の街中にあり、日曜日のランチ真っただ中に客は自分だけ・・・・

こんなに美味しいのになんで客が来ないのか!?

発見困難店

だからですね(笑)

メニュー


ラーメン(800円)とつけ麺(850円)のみ

ラーメン(800円)とつけ麺(850円)のみ

このお店への行き方や営業時間は?


ラーメン・つけ麺 bass(店舗外観写真)

ラーメン・つけ麺 bass(店舗外観写真)

この「ラーメン・つけ麺 bass」さんは「発見困難店」ですが場所はとても良いところにあるし(河原町)、知って行けばすぐに分かります。

ただ、知らないとラーメン店だとは絶対に気が付きません。

そんな「ラーメン・つけ麺 bass」さんの場所は、麩屋町通と蛸薬師通の交わる場所の角地。

新京極通の蛸薬師堂から西へ3筋目の北西角にお店があります。

営業時間は「12時~21時」ですが、当日は少し遅れて13時からの開店でした。

定休日は「月曜日、火曜日」となっています。

〒604-8065 京都府京都市中京区坂井町474(地図
営業時間:12時~21時
定休日:月曜日、火曜日

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。