2020年9月9日オープン 貝出汁拉麺 美鶴 六角

京都の河原町六角通を西に入った六角通沿いに「貝出汁拉麺 美鶴 六角」が2020年9月9日に新店オープン。貝出汁ラーメン専門のお店で、シジミやホタテをベースにとった濃厚スープやクラムチャウダー風のスープで食べるラーメンが特徴です。あさりの炊き込みご飯(150円)も併せてどうぞ。

2020年9月9日オープン 貝出汁拉麺 美鶴 六角


2020年9月9日オープン 貝出汁拉麺 美鶴 六角

2020年9月9日オープン 貝出汁拉麺 美鶴 六角

京都のラーメン店「美鶴」さんが、2020年9月9日に河原町六角に新店をオープンです。

場所は河原町六角通西入ルで、元は「極上ラーメン 第一旭」があったテナントの西隣の物件。

すでに京都には2店舗あるラーメンのグループで、四条烏丸に「めんや美鶴(2015年5月8日オープン)」と祇園四条に「京拉麺 美鶴 祇園(2020年12月4日オープン)」があります。

かつてあった四条河原町下ルの「鶏白湯ラーメン 美空(2016年3月23日オープン、2019年6月閉店)」さんも暖簾分けの系列店でした。

貝出汁ラーメンのお店です(貝出汁拉麺 美鶴 六角)

貝出汁ラーメンのお店です(貝出汁拉麺 美鶴 六角)

どのお店も「鶏白湯ラーメン」のお店ですが、今回オープンする「貝出汁拉麺 美鶴 六角」さんは、屋号にもあるように貝出汁ラーメンのお店です。

貝だけではなく鶏清湯も合わせたラーメンで、醤油味・塩味・クラムチャウダー風の3つのラーメンがあります。

このお店の雰囲気は?


食券制、手前にカウンター5席、奥に2名~4名テーブルが4卓あります(美鶴 六角)

食券制、手前にカウンター5席、奥に2名~4名テーブルが4卓あります(美鶴 六角)

オープン初日の先頭になったので店内がよく見えました。

お店はよくあるラーメン屋さんの雰囲気。

入口すぐの真正面に食券販売機がありました。

カウンターが厨房周りに5席、奥は少し広くなってて2名~4名テーブルが4卓ありました。

その分、厨房は少し狭いオープンキッチン風になっていました。

このお店のメニューは?


貝出汁 醤油 らぁ麺 & あさりの炊き込みご飯

貝出汁 醤油 らぁ麺 & あさりの炊き込みご飯

前述しましたが、ラーメンは3種類で「醤油味塩味クラムチャウダー風」となっています。

それぞれのラーメンでベースのスープが少しずつ異なっており、醤油は「アサリ、ホタテ、道南産昆布、鶏白湯」のスープでした。

塩は「アサリ、ホタテ、道南産昆布、鯛」で魚介のみだそうです。

サイドには「あさりの炊き込みご飯(150円)」もあり、どれにしようか少し悩みました。

貝出汁 醤油 らぁ麺(850円~)
貝と鯛 潮 らぁ麺(850円~)
クラムチャウダー らぁ麺(900円~)
あさりの炊き込みご飯(150円)

貝出汁 醤油 らぁ麺(850円~)


貝出汁 醤油 らぁ麺(850円~)

貝出汁 醤油 らぁ麺(850円~)

こちらが「貝出汁 醤油 らぁ麺(850円~)」です。

麺は細麺と太麺(平打ち)が選べるのですが、醤油と塩は細麺がお薦めということなので細麺で注文しました。

チャーシューはレアとそうでないもの、浅利が2個に玉ねぎと穂先メンマなどがトッピングされていました。

スープはアサリとホタテの香りがよく美味しいです

スープはアサリとホタテの香りがよく美味しいです

スープはとても美味しいもので、アサリとホタテの香りがよく芳醇な味わいです。

醤油ダレは木桶で仕込んだ天然醸造醤油や小豆島の生醤油などを合わせたものだそうで香りも良いものになっています。

辛さが足りない場合は柚子胡椒が付いてくるので、それで味調整ができます。

チャーシューはレアとそうでないやつ、玉ねぎの爽やかさが良いと思います

チャーシューはレアとそうでないやつ、玉ねぎの爽やかさが良いと思います

チャーシューはレアとそうでないやつの2種類、肉の旨味を感じる美味しいやつでした。

トッピングは多めで、特に玉ねぎの爽やかさが良いと思います。

アサリの香ばしさとホタテの旨味がよく出ていました

アサリの香ばしさとホタテの旨味がよく出ていました

ラーメンはとてもよく出来ており、アサリの香ばしさとホタテの旨味がよく出ていて美味しいです。

は麺屋棣鄂(テイガク)のものを使っており、スープの邪魔をしないので合っていると思いました。

あさりの炊き込みご飯(150円)


あさりの炊き込みご飯(150円)

あさりの炊き込みご飯(150円)

サイドメニューの「あさりの炊き込みご飯(150円)」です。

値段が安めでラーメンとセットにするとちょうど1000円になりました。

水分少なめで炊いてあり、ラーメンのスープを入れて雑炊のようにして食べるようになっています。

アサリたっぷりで、そのままでも美味しいと思いましたが、スープを入れていただきました。

食べた感じでは塩ラーメンのスープの方が合いそうです。

貝と鯛 潮 らぁ麺(850円~)


貝と鯛 潮 らぁ麺は鶏ではなく鯛出汁を合わせたラーメン

貝と鯛 潮 らぁ麺は鶏ではなく鯛出汁を合わせたラーメン

貝と鯛 潮 らぁ麺(850円~)は鶏は使わずに、貝出汁に鯛出汁を合わせた魚介のみのスープとのことでした。

それに高知産の天然天日塩石川県産の藻塩を使うというこだわりになっていました。

どのラーメンも食材にこだわっているのが分かるもので、この立地でこの値段なら食べてみても良いのではないでしょうか。

このお店への行き方や営業時間は?


貝出汁拉麺 美鶴 六角の場所は河原町のロフトの南側の道(六角通)を西に入ったところ

貝出汁拉麺 美鶴 六角の場所は河原町のロフトの南側の道(六角通)を西に入ったところ

では「めんや美鶴 六角店」はどこに開業するのでしょうか?

場所は京都の六角通で、河原町のロフトの南側の道(六角通)を西に入ったところです。

この通りはラーメン屋さんが多く、また若者が多く通ります。

営業時間は「11時~21時」で、定休日は記載がありませんでした。

〒604-8034 京都府京都市中京区松ケ枝町452(地図
営業時間:11時~21時
定休日:記載なし

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。