2020年4月4日オープン 醍ぶ(-DIVE-、京都・千本丸太町)

京都の千本丸太町に新しくラーメン店が新店オープンします。お店の名前「醍ぶ(だいぶ)」さんで、貝や海老に鶏を使った淡麗系ラーメンを食べられるお店です。ベースの味がシッカリしており旨味のあるラーメンでした。

2020年4月4日オープン 醍ぶ(だいぶ)


京都の千本丸太町(南西角)に新しいラーメン店が開業

京都の千本丸太町(南西角)に新しいラーメン店が開業

2020年4月4日、京都の千本丸太町(南西角)に新しいラーメン店が開業します。

お店の名前は「醍ぶ(だいぶ)」さん。

貝や海老に鶏を使った淡麗系ラーメンのお店で、旨味と香りのバランスが良いラーメンのお店です。

2020年4月4日オープン 醍ぶ(だいぶ)

2020年4月4日オープン 醍ぶ(だいぶ)

運営は京都で雑貨店や飲食業を手掛ける「SOUVENIR」さん、銀閣寺道のカフェ「ポンチキョウト」さんや錦市場の「オボコロ」さんも系列店です。

2020年4月4日のオープン日には両店でお会いした方も店頭に立たれていました。

このお店の雰囲気は?


お店の雰囲気はモダンな雰囲気、カウンターのみ8席です。

お店の雰囲気はモダンな雰囲気、カウンターのみ8席です。

お店の雰囲気はモダンな雰囲気。

白を基色に、木目のテーブルを配置してカフェのような明るい雰囲気です。

店内はカウンターのみ8席で、お昼時などは混雑しそうですが、女子でも入れるラーメン店だと思います。

このお店のメニューは?


海老の香りが良い「銀朱(ぎんしゅ)」800円

海老の香りが良い「銀朱(ぎんしゅ)」800円

ラーメンは3種類。

貝の旨味と鶏の淡麗スープ「琥珀(こはく)」800円
海老とコンソメの香りが良い淡麗スープ「銀朱(ぎんしゅ)」800円
濃いめの醤油と隠し味の酸味にトリュフの香り「黒鳶(くろとび)850円

それぞれ個性のあるラーメンで、前者2つのラーメンは淡麗系のラーメンです。

今回食べたのは海老の香りが良い「銀朱(ぎんしゅ)」800円で、カエシはかなり薄口ですが、海老の上品な香りに醤油の甘味が美味しく、とても完成度の高いラーメンでした。

カエシは薄めだが食材の味がダイレクトに伝わる

カエシは薄めだが食材の味がダイレクトに伝わる

食べ始めは「薄いな」と思ったのですが、すぐに違和感はなくなります。

上品で臭みのないエビの香り、そして醤油の甘みを楽しむことができるからです。

麺は小麦の風味を味わえる

麺は小麦の風味を味わえる

また、も小麦の香りを楽しめるように、全体のバランスが配慮されているようです。

食べた感じでは「テイガク」の麺ですね、これ。

トッピングもレアチャーシューにブラックペッパーの香りでフレンチの要素を感じるものになっていました。

W炙りレアチャーシュー丼(300円、セットなら200円)

W炙りレアチャーシュー丼(300円、セットなら200円)

サイドメニューは「W炙りレアチャーシュー丼(300円)、鶏そぼろ丼(300円)、白ごはん(150円)、焼き餃子(350円)」です。

今回は「W炙りレアチャーシュー丼」をオーダー、単品価格は300円ですがセットなら200円になります。

こちらもおこげの香りにブラックペッパーの味付け、ほんのり甘辛のタレで食べるレアチャーシュー丼です。

食材の味わい楽しむタイプですが、メインのラーメンが淡麗なので、サイドメニューの丼は濃いめの甘辛さのあるものにすべきだと思いました。

なので、鶏そぼろ丼が組み合わせとしては良さそうですね。

メニュー表でお好みの味を探してみてください

メニュー表でお好みの味を探してみてください

このお店への行き方や営業時間は?


場所は千本丸太町の南西角です

場所は千本丸太町の南西角です

では、カフェ系モダンラーメン「醍ぶ(だいぶ)」さんはどこで新店オープンするのでしょうか?

場所は千本丸太町の南西角、住所でいえば「京都府京都市中京区聚楽廻東町2−9」です。

営業時間は「11時30分~15時」、定休日は「水曜日、木曜日」です。

〒604-8404 京都府京都市中京区聚楽廻東町2−9
営業時間:11時30分~15時、17時30分~21時
定休日:水曜日、木曜日
公式サイト:https://dive-noodles.jp/

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。