らーめん まがり @京都・木津川市「貝塩ラーメン、担担麺の二毛作店」2018年3月16日新店オープン

京都府木津川市に新しいラーメン店「らーめん まがり」さんが2018年3月16日に新店オープンしていました。ラーメンの種類は「貝塩ラーメン担担麺」の2種類で、担担麺は豆乳を使ったスープになっていました。ただし、厳密には新店ではなく「きづがわ」さんという鉄板焼き・お好み焼きのお店が昼にランチ営業でラーメンを始めたというのが正確な表現かもしれません。

とはいえ、屋号はラーメン店として「らーめん まがり」となっているので、今回は新店として紹介します。

広告

京都・木津川市に「らーめん まがり」が2018年3月16日新店オープン


貝塩ラーメン、濃厚担担麺のお店「らーめん まがり」

貝塩ラーメン、濃厚担担麺のお店「らーめん まがり」

少し前の話ですが、国道24号線を京都から奈良方面に向かっている時に、この看板を見逃しませんでした。

かなり大きい看板なので見逃すもなにもないのですが、看板には「濃縮コク旨 貝塩ラーメン」と「濃厚 担担麺」の写真が掲載されていました。

さらに「2017年大阪食博覧会に出店 高評価を頂きました!」と書かれており、なにやらものすごい店のような感じがしたので、踵を返して店頭まで戻ってみることにしたのです。

・貝塩らーめん 680円
・貝塩あさりらーめん 790円
・貝塩炙りチャーシュー 820円
・貝塩らーめん全部のせ 910円
・担担麺 810円
・担担麺炙りチャーシュー 910円
お好み焼き きづいち さんの二毛作営業ラーメン店でした

お好み焼き きづいち さんの二毛作営業ラーメン店でした

よくよく見ると、お店自体はお好み焼き・鉄板焼きの「きづいち」さんというお店なのですが、お昼のランチ時間帯のみ営業する「二毛作営業」のラーメン店で「らーめん まがり」と書かれています。

貝塩ラーメンは「あさり牡蠣ホタテ」を使ったスープで、トッピングに「アサリわかめネギ春菊」などが入っているようです。

担担麺は「豆乳を使ったスープ」に胡麻で風味を付けたもので、それに「青梗菜ミンチ」などがトッピングされたものになっています。

貝塩ラーメンと担担麺

貝塩ラーメンと担担麺

あいにく、その日は16時前に現地を通ったので、すでに営業を終わっていました。

そのため、実食レビューはありません。

さすがに京都市内から木津川市までは気安く行ける距離ではないので、とりあえずは場所だけ公開しておきたいと思います。

らーめん まがり への行き方(アクセス方法)


らーめん まがり、お好み焼き「きづいち」さんの二毛作営業です

らーめん まがり、お好み焼き「きづいち」さんの二毛作営業です

さて「らーめん まがり」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、電車だとJR関西本線「木津駅」から徒歩5分くらいの場所で、国道24号沿いにお店はあります。

駐車場は店頭に数台ほど停められるスペースがあり、バイクや自転車も特に問題はなさそうでした。

この辺りは木津川駅の西側にケーキ屋さんとかカフェが結構あり、最近は東側も新興住宅街などができており住宅地の中にポツンとパン屋さんがあったりします。

ただし、ラーメン店はあまり無くて、木津駅前の「ひので食堂」もしくは「麺屋じすり」まで行かなくてはならない立地です。

今回のラーメン店「らーめん まがり」さんは二毛作営業ですが、ラーメン店が少ないので需要はありそうだなと思われました。

京都府木津川市木津川原田33−3
営業時間:11時~14時
定休日:無休


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。