ミヤタヌードル 移転 @京都・祇園「2018年3月にリニューアル」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、祇園四条という京都最大のラーメン激戦区にある「ミヤタヌードル」さんの移転先店舗でラーメンを食べて来ましたので実食レビューします。いわゆる「リニューアルオープン」ですが、場所が変わっただけで、ラーメンの種類や味に値段などは前店舗とまったく同じです。

では、新生「ミヤタヌードル」さんはどこに移転したのでしょうか。

広告

移転した京都のラーメン店「ミヤタヌードル」へ行って来ました


新しくなった「ミヤタヌードル」さんは地下一階になりました

新しくなった「ミヤタヌードル」さんは地下一階になりました

今回の「京都ラーメンブログ」は、2018年3月1日に移転してリニューアルオープンしたラーメン店「ミヤタヌードル」さんへ行って来ました。

場所は祇園四条で、路地裏にあった小さなお店(2016年10月28日新店オープン)でしたが、2018年3月1日に表通りの広いテナントに移転されています。

といっても、場所はほとんど同じで、路地裏にあったのが5メートルほど道路に近くなって「花見小路通」に面することになりました。

上の写真を見ると、前よりずいぶんと目立つ感じの店舗になっているのが分かります。

正直いうと入口がスグには分かりませんでした

正直いうと入口がスグには分かりませんでした

しかし「ミヤタヌードル」さんの入口は一階ではないのです。

白い建物の正面右に地下へ降りる階段があって、それを降りたところが「ミヤタヌードル」さんでした。

正直なことを言うと、一階とばかり思い込んでしまって「階段」の発見が遅れました。

旧店舗は現在のビルの右路地裏でした

旧店舗は現在のビルの右路地裏でした

それでも、前の店舗よりも目立つのでマシになったようです。

以前の店舗は、現在のビルの右路地裏で、さすがに立地が良いとは言えない店舗だったからです。

さて、今回はこの京都・祇園のラーメン店「ミヤタヌードル」で、リニューアル後のラーメンを食べて来ましたので実食レビューします。

ミヤタヌードル 店舗の様子


ミヤタヌードル 店舗はカウンター7席ほどと4人テーブル2卓ありました

ミヤタヌードル 店舗はカウンター7席ほどと4人テーブル2卓ありました

さて「ミヤタヌードル」さんの店内は7席ほどのカウンターに、4人テーブルが2卓があり、前のお店と規模はほとんど同じです。

以前のテナントも結構きれいな感じのお店でしたし、広さや古さで引っ越したわけではなさそうでした。

お昼時を過ぎて13時以降の入店で、先客は修学旅行っぽい女子高生2名のみ。

花見小路通といえど「四条通」の北側はあまり人通りもありませんので混雑はしていませんでした。

ミヤタヌードル メニューと値段


醤油ラーメン、塩ラーメン共に780円からです

醤油ラーメン、塩ラーメン共に780円からです

次に、ミヤタヌードルさんのメニューと値段ですが、ラーメンは「醤油まぜそば」の3種類です。

大和大路通に近い「らーめん のん 団栗本店」さんの姉妹店で、メニューは同じですね。

今回は「醤油ラーメン 780円」を食べてみることにしました。

醤油ラーメン 780円
醤油チャーシューめん 980円
特製醤油ラーメン 980円
塩ラーメン 780円
塩チャーシューめん 980円
特製塩ラーメン 980円
特製まぜそば 780円
名物手羽から 500円
餃子 400円
ランチセット(11:30~15時)の価格表

ランチセット(11:30~15時)の価格表

ミヤタヌードル 醤油ラーメン 実食レビュー


醤油ラーメンは豚骨ベースで、鶏ガラと野菜も入ってそうな白濁スープ

醤油ラーメンは豚骨ベースで、鶏ガラと野菜も入ってそうな白濁スープ

ベースは豚骨だと思いますが、白濁してまろやかでコクがあるラーメンになっているので、鶏ガラと野菜なども使っているようです。

背脂が大量に浮かんでおり、表面には油の膜も出来て「こってりラーメン」の部類になります。

京都では珍しいタイプのラーメンで、千葉県に住んでいた時によく食べていたタイプのスープだなと思いました。

ただし、醤油辛さは関西なので抑えめで、スープの旨味を感じられるラーメンになっていました。

スープは白濁したコクのあるタイプ

スープは白濁したコクのあるタイプ

トッピングは「白髪ねぎ青ねぎ辛めのメンマチャーシュー玉ねぎ糸唐辛子」となっており「香味」が多めになっています。

特に「白髪ねぎ」は京都ではほぼ使われない食材なので珍しいなと思いました。

は、見た目はコッテリですが、醤油辛さも控えめなので、全体的にはアッサリとした味わいでした。

麺は細麺をチョイス

麺は細麺をチョイス

は国産小麦を使った自家製麺で「中太平打麺細麺」の2種類から選べるようになっています。

今回は「細麺」でいただくことにしましたが、このスープなら醤油は「細麺」で、塩は「中太平打麺」をチョイスしたいところです。

好みはあると思いますが、ラーメンとしては「出汁」はよく出ているものの、醤油ダレの味付けがライトなラーメンだなと思いました。

ミヤタヌードル への行き方(アクセス方法)


入口は右の鉄ドアのところに下へ降りる階段があります

入口は右の鉄ドアのところに下へ降りる階段があります

ということで、今回紹介した「ミヤタヌードル」さんの場所なのですが、京都最大のラーメン激戦区である「祇園・河原町エリア」にあります。

それも、観光客が集まる「祇園四条駅」からも近い立地で、強豪ラーメン店がひしめくエリアです。

路地裏から表通りへと移転はしたものの、地下一階なので分かりづらいかもしれません。

花見小路通沿いに「ラーメン」と書いてあるので建物自体はすぐに分かると思います。

四条通からだと「よーじや祇園店」の通りを北へ上がってスグのところにあり、祇園四条駅からも徒歩5分もかかりませんでした。

京都府京都市東山区清本町354
営業時間:11:30~15時、19時~朝4時
定休日:日祝


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。