長嶋一茂も食べてる「ピロール米」は京都が発祥

ピロール米をご存知でしょうか。ビタミンB12・ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛)を多く含む健康食材です。超健康マニアの長嶋一茂さんも食べているお米で、現在は福井県の米農家さんは販売する「ハッピーロール」というお米が有名です。

でも、この「ピロール米」実は京都が発祥なのです。

広告

長嶋一茂も食べてる「ピロール米」とは


かつて京都には「ピロール米」という超健康食材がありました

かつて京都には「ピロール米」という超健康食材がありました

元プロ野球選手の長嶋一茂さん、実は超健康マニアで知られており、彼が家で白いご飯を食べる時は必ず「ピロール米」を食べているのだそうです。

ピロール米?

そう、あまり聞き慣れない銘柄の米ですが、これは「ピロール農法」という有機栽培農法で栽培されたお米のことでビタミンB12を多く含む健康食材なのです。

長嶋一茂さんは2018年11月26日放送の番組『こんな私は何を食べればいいですか?』の予告でも「ピロール米」について語っていました。

このピロール米、現在は福井県の米農家さんが販売しているものが通販で入手可能です。

しかし、このピロール米・・・・

実は・・・・京都が発祥なのです。

・ビタミンB12
・ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛)

ピロール米は京都が発祥


滋賀県の中村養鶏場「比良の里卵」コレ実はピロール卵です

滋賀県の中村養鶏場「比良の里卵」コレ実はピロール卵です

ピロール米は現在では福井県の米農家さんが販売しているのですが、実は京都が発祥です。

かつては京都の会社がピロール農法を世に広めようとして「ピロール米ピロール野菜ピロール卵」などを関西圏で生産販売していました。

健康志向の販売店などで取扱があって、滋賀県の中村養鶏場さんでも「ピロール卵」を生産、京都の山科区にある「居初米穀店」さんでも「ピロール卵」が販売されていました。

しかし、京都市のピロールブランドの販売会社が倒産。

その後「ピロール」の権利を買い取ったのが福井の米農家さんで、現在ではピロールという名称を使えるのはその農家さんだけです。

ピロール卵(実物)現在でも入手可能ですが「ピロール」を名乗れません

ピロール卵(実物)現在でも入手可能ですが「ピロール」を名乗れません

ということもあって、ピロールという名称を使うには「権利の問題」があり、これまで「ピロール米ピロール野菜ピロール卵」を販売していた生産者さんは別の名称で販売をされています。

滋賀県の中村養鶏場「比良の里卵」も名称には書いてありませんがピロール卵です。

ピロール卵はピロール米を飼料にした鶏から産まれた卵なので「ピロール卵」であることには変わりがないのです。

ピロール米はどこで購入できる?


楽天通販でも入手可能なピロール米

楽天通販でも入手可能なピロール米

では、このピロール米はどこで購入できるのでしょうか?

おおっぴらに「ピロール米」として販売はできないのですが、楽天通販でピロール米と検索すればたくさん出てきます。

かつて「ピロール農法」が普及した時期があり、今でもその農法で栽培されている米農家さんが多いからです。

この栄養豊富な「ピロール米」もし見かけたら買ってみてはいかがでしょうか。

※この記事は京都でピロールブランドを販売していたお店への取材を元に書かれています。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。