2020年9月20日オープン 卯月そば(うどん)きた山

京都市右京区の有栖川駅近く、三条通沿いに卯月そば(うどん)と鰻の店「お食事処 きた山」が2020年9月20日に新店オープンしました。元は鴨川沿いの西石垣通にあった料理店ですが、京都・嵯峨野に移転してきました。山梨県寒河江市(さがえし)の有名なソバとウドン「卯月製麺」の麺を使っています。

2020年9月20日オープン 卯月そば(うどん)きた山


2020年9月20日オープン 卯月そば(うどん)きた山

2020年9月20日オープン 卯月そば(うどん)きた山

京都市右京区の有栖川駅から南へ、三条通を東に2分ほど歩いたところに卯月そば(うどん)を提供する「お食事処 きた山」が2020年9月20日に新店オープンしました。

元は四条大橋西詰から西石垣通を南に下がったところにあった川床のある「料亭居酒家 きた山 本店」で、移転して嵯峨野にやってきたというわけです(旧店舗の場所-地図)。

山梨県寒河江市(さがえし)の有名な「卯月製麺」のソバとウドンをメインに、京うなぎや一品もの、そして種類豊富な日本酒のお店となっていました。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


和風のお店でカウンター5席とひとり席が4隻ほど

和風のお店でカウンター5席とひとり席が4隻ほど

入店時に手指消毒液、カウンターとひとり席は透明シールドで仕切られており新型コロナ対策をしていました。

メインはカウンター席で5席、それ以外にはひとり席(丈の低いテーブル)が4席ほどありました。

靴を脱いで和室に上がるスタイルです。

このお店のメニューは?


きつねカレーうどん(800円)

きつねカレーうどん(800円)

お昼は「うどん、そば、そば点心、京うなぎ丼膳」など、夜はお酒や一品料理も追加されます。

上の写真は「きつねカレーうどん(800円)」で、出汁は京都の味そのもので昆布の濃いめの出汁になっています。

うどんは京うどんではなく、卯月製麺という山形県河江市(さがえし)で有名な製麺所の「本造りうどん(旧商品名:ツルツルうどん)」です。

きつねカレーうどん(800円)


甘きつねに昆布出汁、ややスパイシーな味に卯月製麺

甘きつねに昆布出汁、ややスパイシーな味に卯月製麺

ツルツルとした食感の平打ち乾麺で、もっちり感が強めの麺です。

テレビでも紹介される製麺所で、まさかここで食べることになるとは思いませんでした。

着丼してから卯月うどんと気がついたのですが、分かっていたら蕎麦を注文してましたね。

トッピングは甘きつねに青ねぎ、どこからどうみても京都のお店という感じでした。

メニューと値段


うどんとソバは冷たいのと温かいのがあります

うどんとソバは冷たいのと温かいのがあります

セットは「そば点心」でウドンもあります

セットは「そば点心」でウドンもあります

名物は京うなぎ、よく食べられているそうです

名物は京うなぎ、よく食べられているそうです

このお店への行き方や営業時間は?


お食事処 きた山(店舗外観写真)

お食事処 きた山(店舗外観写真)

この「お食事処 きた山」があるのは京都の嵯峨野です。

嵐電で最寄り駅は「有栖川駅(ありすがわ)」ですが「帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)」からでも歩いて5分かからないです。

三条通沿いで、先日紹介した「とんかつ いしざき 太秦店」も近いですね。

営業時間は「12時~15時、16時~22時」の2部制、定休日は「日曜日」となっていました。

〒616-8313 京都府京都市右京区嵯峨野開町24−30(地図
営業時間:12時~15時、16時~22時
定休日:日曜日
公式サイト:https://www.kyoryori-kitayama.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。