2019年11月29日オープン 謹製咖喱酒舗アムリタ

2019年11月29日に京都の円町駅から徒歩5分のところ(西大路妙心寺道)に新しいスパイスカレー屋「謹製咖喱酒舗アムリタ」さんが新店オープンしています。屋号の通り、カレーとバーというお店ですが昼のランチと夜にスパイスカレーを食べることができます。

2019年11月29日オープン 謹製咖喱酒舗アムリタ


2019年11月29日オープン 謹製咖喱酒舗アムリタ

2019年11月29日オープン 謹製咖喱酒舗アムリタ

京都の円町駅から北へ、西大路妙心寺道を西に入ってスグのところに「謹製咖喱酒舗アムリタ」さんが新店オープンしています。

オープン日は2019年11月29日で、こちらのお店は「Yume Wo Katare Kyoto」さんからの情報で食べに行ってみました。

謹製咖喱酒舗アムリタさんは「スパイスカレー」のお店

謹製咖喱酒舗アムリタさんは「スパイスカレー」のお店

屋号に「謹製咖喱」とあるようにカレー屋さんですが、ジャンルとしては「スパイスカレー」のお店になります。

2019年12月11日からはランチ営業もスタートし、ランチにはミニサラダが付いたセットが提供されていました。

カレーは800円です

カレーは800円です

夜はバーっぽい感じもありますが、食事のみでの来店が可能です。

あいがけが+100円なのが良心的ですね。

チキンカレー(中辛) 800円
野菜カレー(甘口) 800円
気まぐれカレー(辛口) 800円
あいがけカレー 900円
ミニカレー 500円
チキンカレー(中辛)800円

チキンカレー(中辛)800円

今回はチキンカレーをチョイス。

中辛ですが、汗が出てくるくらいスパイシーなカレーになっていました。

カレーは10種類カレーは10種類以上のスパイスを使っています以上のスパイスを使った

カレーは10種類以上のスパイスを使っています

カレーは10種類以上のスパイスを使ったものです。

カレーからは花のような香り、爽やかな清涼感、スパイシーな刺激を感じ、スパイスの種類が多いことがわかります。

ナッツを砕いたものが入っているのが特徴的なカレーです。

白米を使っているので食べやすいです

白米を使っているので食べやすいです

ライスは普段から食べ慣れた白米なので、食べやすくなっています。

近くの方は気楽にカレーを食べに行くと良いでしょう。

謹製咖喱酒舗アムリタ はどこにある?


謹製咖喱酒舗アムリタは西大路妙心寺道西入ルにあります

謹製咖喱酒舗アムリタは西大路妙心寺道西入ルにあります

では「謹製咖喱酒舗アムリタ」さんはどこにあるのでしょうか?

JR山陰本線「円町駅」から徒歩5分ほど、駅から西大路通を北へ5筋目(ショコラさんのところ)を左折して西に行くと3軒目のところです。

交差点で言えば「西大路妙心寺道」になります。

見た感じ街の飲み屋さんっぽい雰囲気なので入りやすいです

見た感じ街の飲み屋さんっぽい雰囲気なので入りやすいです

営業時間はランチが「11時30分~14時30分(L.O.14時)」で、夜は「18時~24時(L.O.23時)」となっています。

定休日が「火曜日」ですが、月によって多少変わる場合があるようなので、公式Instagramなどで確認しておくと良いでしょう。

京都府京都市中京区西ノ京中保町49−1
営業時間:11時30分~14時30分(L.O.14時)、18時~24時(L.O.23時)
定休日:火曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/amrta_curry/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。