京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」にある絶品グルメまとめ

京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」にある絶品グルメまとめです。京都でもあまり知られていませんが「紫竹」というところにはテレビなどで絶賛される名店が集中しているのです。今回は厳選して6店舗を紹介したいと思います。

広告

京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」にある絶品グルメ


京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」

京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」

今回の「京都グルメ」は、とある地域に着目して絶品グルメをまとめました。

その地域とは・・・・

紫竹(しちく)

紫竹エリアというのは京都市北区の北山通を中心に北山大橋から紫野泉堂町の交差点までの南北エリアのことを概ね指します。

公共交通機関に乏しく、北大路駅から京都市バスを利用しなくてはいけない地域ですが、ここになぜか「テレビで紹介されるようなグルメ」が集中しているのです。

今回はそんな紫竹エリアから、京都最大級のローカルメディア・ブログ「お墨付き!」が自信をもってオススメできるお店やテレビで話題のお店を厳選紹介したいと思います。

ズーセスヴェゲトゥス(バウムクーヘン)
朧八瑞雲堂(和菓子)
仁修樓 (中華料理)
らぁ麺とうひち(ラーメン)
みその橋サカイ(中華料理)
歩粉(カフェ)

ズーセスヴェゲトゥス(バウムクーヘン)


通販は3年待ち、マツコの知らない世界で紹介された「ズーセスヴェゲトゥス」

通販は3年待ち、マツコの知らない世界で紹介された「ズーセスヴェゲトゥス」

マツコの知らない世界で紹介された「ズーセスヴェゲトゥス」さん。

バウムクーヘン専門店で、この「バウムクーヘン」を名乗れるのはドイツの国家資格でマイスターの称号を得た職人さんのみなのです。

こちらのオーナーさんもバウムクーヘン・マイスターのひとりで、すべてお一人で手作りしています。

そのため、通販は3年待ちというお店なんです(現在は通販の新規受付は中止)。

お店の詳細はこちらの記事をご覧ください。

朧八瑞雲堂(和菓子)


嵐にしやがれで紹介された生銅鑼焼き(朧八瑞雲堂)

嵐にしやがれで紹介された生銅鑼焼き(朧八瑞雲堂)

嵐にしやがれで紹介された生銅鑼焼きで知られる「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」さん。

開店20分で売り切れると言われる話題のどら焼きです。

厚みが6cmもあり、生クリームをどら焼きで挟んであるのでインスタ映えするということでも話題になりました。

購入はひとり1個までなどの制限がある場合もあり、朝から並ばないといけないという入手困難スイーツとなっています。

お店の詳細はこちらの記事をご覧ください。

仁修樓 (中華料理)


異次元級の美味しさ!中華料理 仁修樓(にんしゅうろう)

異次元級の美味しさ!中華料理 仁修樓(にんしゅうろう)

こちらはテレビなどのメディアでは登場していない新店「仁修樓(にんしゅうろう)」さん。

2019年11月4日に開業したばかり、中華料理のコースを食べることができます。

シェフが厳選した食材を自らの嗅覚で最高の状態に仕上げてくるため、名物の「広東式ローストチキン」などの美味しさは他を超越したレベルです。

何を食べても美味しい中華料理店、値段はコースで3000円~5000円となっています。

お店の詳細はこちらの記事をご覧ください。

らぁ麺とうひち(ラーメン)


地元のラーメンマニアが大絶賛!テレビで何度も登場して全国レベルの人気店に(らぁ麺とうひち)

地元のラーメンマニアが大絶賛!テレビで何度も登場して全国レベルの人気店に(らぁ麺とうひち)

ジャニーズの番組や関西のグルメ番組に何度も登場しているラーメン店「らぁ麺とうひち」さん。

淡麗ながら食材の旨味が凝縮されたスープに、研究を重ねた自家製麺は地元でも老若男女に愛されている一杯です。

テレビや雑誌で紹介される前から「らぁ麺とうひち」をイチオシしていたのが京都最大級のローカルメディア・ブログ「お墨付き!」です。

食べるために新しい発見や感動があるラーメン店で、常に行列が耐えない人気店です。

お店の詳細はこちらの記事をご覧ください。

みその橋サカイ(中華料理)


冷麺はテレビで何度も紹介される「みその橋サカイ」の真髄は揚そばにあり!

冷麺はテレビで何度も紹介される「みその橋サカイ」の真髄は揚そばにあり!

関西グルメとしてテレビで何度も登場している「サカイ」さん。

紫竹には本店と御薗橋店があるのですが、今回は御薗橋の「みその橋サカイ」さんの紹介です。

冷麺で超有名なお店ですが、私が好んで食べるのが・・・・

絶品 揚そば!

あまぁ~い餡掛けに野菜たっぷり、今は真冬なのであたたか~くなります。

京都府京都市北区大宮東総門口町38−3
営業時間:11時~22時30分
定休日:月曜日
公式サイト:http://www.misonobashi-sakai.com/

歩粉(カフェ)


全国からマニアが並びに来るカフェ「歩粉(ほこ)」

全国からマニアが並びに来るカフェ「歩粉(ほこ)」

2018年10月11日に東京・恵比寿で行列店として有名だった「歩粉(ほこ)」さんが京都に移転してきています。

京町家を改装、恵比寿で9年間も行列してきた超人気店であることから、京都でも全国からマニアがやってくるほどの人気ぶりです。

ケーキセットは1900円程度、食材にこだわった完璧なスイーツは「スコーン、ビスコッティ、パン、クッキー、バターケーキ」など種類も豊富です。

行く場合はオープン前から並ぶのがオススメです。

お店の詳細はこちらの記事をご覧ください。

京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」にある絶品グルメまとめ


ということで、京都の隠れグルメ地帯「紫竹(しちく)」にある絶品グルメまとめでした。

他にもまだまだ紫竹には紹介したいお店があるのですが、今回は厳選して6店舗を紹介しました。

下のリンクからお店の紹介記事を読むことができますので、営業時間や場所などは詳細記事をご覧になってください。

ズーセスヴェゲトゥス(バウムクーヘン)
朧八瑞雲堂(和菓子)
仁修樓 (中華料理)
らぁ麺とうひち(ラーメン)
みその橋サカイ(中華料理)
歩粉(カフェ)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。