2019年4月19日新店オープン「和とcurry しらべ」(京都・岡崎エリア)

2019年4月19日、京都の観光エリアである岡崎エリアに期待のカレー新店がオープンしました。そのお店とは「和とcurry しらべ」さん。スパイスカレーに京都らしい「和」の要素を加えたカレーを提供されており、カレー好きなオーナー様が10種類のスパイスを独自にブレンドして作るカレーです。

ということで、青森から来たカレーマニアが作った「和とcurry しらべ」さんの和風スパイスカレーを紹介したいと思います。

広告

平安神宮近くのカレー店「和とcurry しらべ」2019年4月19日新店オープン


平安神宮近くのカレー店「和とcurry しらべ」の和スパイスカレー

平安神宮近くのカレー店「和とcurry しらべ」の和スパイスカレー

今回の「京都カレー紹介」は、2019年4月19日に新店オープンする「和とcurry しらべ」さんで食べた「和スパイスカレー」の紹介です。

場所は京都の一大観光地「岡崎エリア」で、有名人なども多く住む風光明媚な地区です。

2019年4月19日新店オープン「和とcurry しらべ」の皆さん

2019年4月19日新店オープン「和とcurry しらべ」の皆さん

そんな好立地でカレー店を開業したのが、オーナーの浜田俊明さんとお二人の女性スタッフです。

浜田さんは大阪に本社がある「PUKANALAホテルマネージメント」の方で、青森県の「アートホテルカラー青森(楽天ブロンズアワード2017受賞ホテル)」で働いていたのですが、カレーが大好きで食べ歩きなどをしていく中で、今回の独立開業を決められたのだそうです。

「和とcurry しらべ」は京都の一大観光地「岡崎エリア」にあるカレー店です

「和とcurry しらべ」は京都の一大観光地「岡崎エリア」にあるカレー店です

ということで、カレーマニア浜田俊明さんが作った和風スパイスカレーを食べに「和とcurry しらべ」さんまで行って来ましたので実食レビューやお店の紹介をしたいと思います!

・岡崎エリアにある和スパイスカレーのお店
・2019年4月19日新店オープン
・10種類のスパイスを和風の味付けで提供
・京都野菜などを使った彩り鮮やかなカレー

京都・岡崎「和とcurry しらべ」へ行って来ました


岡崎公園から徒歩5分、和スパイスカレー「和とcurry しらべ」

岡崎公園から徒歩5分、和スパイスカレー「和とcurry しらべ」

京都・岡崎のカレー店「和とcurry しらべ」さんは、岡崎・琵琶湖疏水のある冷泉通のひとつ南を通る「二条通」沿いにあるお店です。

平安神宮から徒歩10分という場所にあるので、観光の途中でランチなどにも使えそうなお店なんです。

京都・岡崎のカレー店「和とcurry しらべ」の店内

京都・岡崎のカレー店「和とcurry しらべ」の店内

メニューは「さらり」と「とろり」としたカレーの2種類です

メニューは「さらり」と「とろり」としたカレーの2種類です

店内はカウンターにテーブル席、白を基調にした店内にウッドなテーブルやイスが並んでいます。

メニューは「さらり」と「とろり」カレーの2種類。

さらり」は和風のベース(しいたけ)で作られたドライタイプのキーマカレー。

とろり」はホロホロとした鶏の手羽元(めちゃ旨い!)と大根の煮物をベースにしたスパイシーなカレーです。

さらり 900円
とろり 900円
とろりとキーマ(合がけ)1050円
ランチセット 1250円(カレー1種類、サラダ+ドリンク)
とろりとキーマのランチセット 1400円(カレー2種類、サラダ+ドリンク)

2つのカレーを同時に楽しむ「とろりとキーマ」が美味しい!


2つのカレーが同時に楽しめる「とろりとキーマ」

2つのカレーが同時に楽しめる「とろりとキーマ」

カレーマニア浜田俊明さんお薦めは、2つのカレーが同時に楽しめる「とろりとキーマ」です。

こちらは「とろり」をベースに、キーマカレーの「さらり」を合がけしたカレーになっています。

トッピングには「シャキシャキとした京都の三つ葉玉ねぎの酢漬け」で、10種類のスパイスを使ったスパイシーなカレーに彩りと爽やかさを演出していました。

じっくり煮込んだ大根がカレーとよく合っています

じっくり煮込んだ大根がカレーとよく合っています

他にも「とろろ昆布の煮込み大根」が和食らしい味付け。

意外にもスパイシーなカレーとよく合っていました。

キーマカレーは椎茸をベースにした和風の味付け、お肉のそぼろ風のカレーになっていて、これもなかなかイケてます。

めちゃくちゃホロホロとした手羽元が美味しいです!

めちゃくちゃホロホロとした手羽元が美味しいです!

さらに!めちゃめちゃホロホロとした特製の「手羽元」が、とっても食べやすくて美味しい鶏肉です。

なお、キーマカレーは単品で注文すると「海苔、三つ葉、梅、胡麻」のトッピングに出汁をかけて食べるお茶漬け風のカレーになるのだそうです(今回は食べてませんが面白そう!)。

カレー粉や小麦粉不使用で、玉ねぎとスパイスさらに香味オイルで作られた本格的な手作りカレーで、とても満足するカレーでしたよ!

和とcurry しらべ 営業時間と定休日


和とcurry しらべ 営業時間は11時30分~15時30分と17時~21時です

和とcurry しらべ 営業時間は11時30分~15時30分と17時~21時です

ということで、京都の観光エリアである岡崎に新店オープンした期待のカレー店「和とcurry しらべ」さんの営業情報についてです。

営業時間はランチ「11時30分~15時30分」、ディナーは「17時~21時」です。

昼のみ「ランチセット」がありますが、基本はランチもディナーもメニューは変わりありません。

定休日は「水曜日」となっていました。

京都府京都市左京区難波町216
営業時間:11時30分~15時30分、17時~21時
定休日:水曜日
公式サイト:https://www.curryshirabe.com/
公式Twitter:https://twitter.com/curryshirabe
公式Instagram:https://www.instagram.com/watocurryshirabe/

和とcurry しらべ アクセス方法

では「和とcurry しらべ」さんへの行き方(アクセス方法)についてです。

前述のように「岡崎 琵琶湖疏水」のある観光地・岡崎エリアにあり、最寄り駅は京阪本線「神宮丸太町駅」もしくは「三条駅」となります。

どちらの駅からも徒歩で10分かかりません。

バイクや自転車は「江若川端モータープール」が神宮丸太町駅の南側にあります(有料)。

自動車はコインパーキングが川端通か冷泉通にあるので、そちらを利用して歩いて行ってください。

京都らしい和のスパイスカレー、ぜひ岡崎エリアに行った際には立ち寄ってみてくださいね!

※地図に登録申請しておきました。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。