餃子閣 @京都・宇治「格調あるリーズナブルな餃子専門店」2019年3月1日新店オープン

今回は六地蔵駅近くにあるリーズナブルで雰囲気の良い餃子専門店餃子閣(ぎょうざかく)」さんの紹介です。2019年3月1日に新店オープンしたばかり、六地蔵駅から徒歩4分かからない場所にありますが、私道の奥なので見つけづらい場所にあります。

広告

六地蔵駅近くに餃子専門店「餃子閣」が新店オープン


六地蔵駅近くに餃子専門店「餃子閣」入口から品があります

六地蔵駅近くに餃子専門店「餃子閣」入口から品があります

今回の「京都グルメ」は、2019年3月1日に新店オープンした「餃子閣」さんの紹介です。

六地蔵駅から徒歩数分の品格あるお宅を改装した家庭的な雰囲気の本格中国料理店で、名物は餃子です。

シェフは中国料理一筋の料理人、雰囲気の良いお店ですが値段はリーズナブルです。

庶民的かつなんとなく品のある店内です

庶民的かつなんとなく品のある店内です

奥が広間というか応接室だったのでしょうか、そちらでお食事をいただくことができます(土足OK)。

二階は宴会場、六地蔵にこんなお店があったなんてちょっと驚きです。

ということで、今回はこの「餃子閣」さんの焼餃子を食べてみたいと思います。

餃子閣の焼餃子 実食レビュー


焼餃子は2種類「ニラ焼餃子、キャベツ焼餃子」があります

焼餃子は2種類「ニラ焼餃子、キャベツ焼餃子」があります

さて、こちらの「餃子閣」さんではお昼のランチがあり、焼餃子と水餃子の2種類のランチがあります。

お店の雰囲気は高級店に近いのですが、ランチの値段は800円とリーズナブルです。

水餃子定食 800円
焼餃子定食 800円

餃子は持ち帰り(テイクアウト)も可能、7個入りで400円となっていました。

上がニラ、下がキャベツの餃子です

上がニラ、下がキャベツの餃子です

ニラ焼餃子はニラがたっぷり入って香りも強めの餃子です。甘味のある味わいではなく、お肉の旨味を感じます。

キャベツ焼餃子も甘味があるものではなくサッパリした味わい、ほんのり香辛料(クミン?)の香りがして、こちらも肉の旨味を感じました。

餃子としてとてもよく出来たもので美味しい餃子だと思いますが、やや大人向けの味わいなので子供には向かなそうです。

一品メニューもあり、値段は700円~900円と1000円以内のものばかりです

一品メニューもあり、値段は700円~900円と1000円以内のものばかりです

餃子閣 営業時間と定休日


私道の細い道の奥にある「餃子閣」

私道の細い道の奥にある「餃子閣」

それでは、六地蔵にある「餃子閣」さんの営業情報についてです。

営業時間は「11時~14時、17時~21時」で、定休日は店頭に告知されていますが「月曜日」に休みが集中していました。

駅からも近いし、ランチもお手軽、雰囲気も味も良いので人気が出そうな中華料理店です。

餃子閣 アクセス方法

さて、餃子閣さんへの行き方(アクセス方法)についてです。

こちら、かなり目立たない場所というか、普段は通らない所にあります。

私道なので「通り抜け禁止」の奥に店があります

私道なので「通り抜け禁止」の奥に店があります

実は私道の奥で、道の入口には「通り抜け禁止」の看板があるのです。

なので、なかなか見つけることは難しいのですが、食べに行く場合は入らざるをえません。

六地蔵駅から徒歩3分くらいの場所で「業務スーパー」のお向かいの細い私道を入ると覚えておいてください。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。