ぼっかけ焼きそば @京都・長田本庄軒を実食レビュー

京都のイオンモール京都桂川に「長田本庄軒イオンモール京都桂川」が、2018年8月5日に新店オープンしたというので行って来ました。

神戸・長田の名物「ぼっかけ焼きそば」の専門店で、京都初上陸となります。

これ牛スジの煮込みを使った焼きそばなんです。

ぼっかけ焼きそばが京都のイオンモール京都桂川にやってきた


京都のイオンモール京都桂川にある「長田本庄軒」

京都のイオンモール京都桂川にある「長田本庄軒」

京都のイオンモール京都桂川に、神戸の焼きそば専門店「長田本庄軒」さんが2018年8月5日に新店オープンしていました。

3階のフードコートに出店されており、神戸名物「ぼっかけ(牛スジとこんにゃくの煮込み)」がトッピングされたというご当地焼きそばのお店です。

ぼっかけ焼きそば

と呼ばれる神戸名物ということで、これは食っておくべきかなと思い、イオンモール京都桂川まで行って来ました。

長田本庄軒のメニュー、牛スジ焼きそばが「ぼっかけ焼きそば」です

長田本庄軒のメニュー、牛スジ焼きそばが「ぼっかけ焼きそば」です

牛スジ焼きそばが「ぼっかけ焼きそば」で、並盛りで550円(税別)となっていました。

要するにソース焼きそばで、太麺を使った甘いソースで仕上げた鉄板焼きそばです。

値段は比較的リーズナブルなので、今回はこの「牛スジ焼きそば」を食べてみることにしましょう。

長田本庄軒「ぼっかけ焼きそば」実食レビュー


長田本庄軒「ぼっかけ焼きそば」は目の前で麺を焼いてくれます

長田本庄軒「ぼっかけ焼きそば」は目の前で麺を焼いてくれます

さて、この牛スジ焼きそば「ぼっかけ焼きそば」ですが、どんな味がするのでしょうか。

お盆ということもあり、ちょっとした行列が出来ていましたが、無事に「ぼっかけ焼きそば」を食べることができました。

これです!

長田本庄軒「ぼっかけ焼きそば」並盛り 550円

長田本庄軒「ぼっかけ焼きそば」並盛り 550円

ソース味が濃厚(甘い)で、麺は太麺の焼きそば、それに「牛すじ&こんにゃく」を甘く煮たものがトッピングされているものです。

牛すじはゼラチン質のもので、ものすごく甘い味がしました。

素材の味はどっか行っており、味わいとしては甘いソースの味しかしないのですが、京都以外ではだいたいどこも焼きそばはそんなもんです。

京都人はソースとか醤油の味ではなく、食材(この場合は麺や牛すじ)の味を好むので、どこまで京都人に受けいられるかは未知数かなという感じがしました。

好みでソースやマヨネーズ、長田スパイスなるものをかけてください

好みでソースやマヨネーズ、長田スパイスなるものをかけてください

ベースの味に、好みで「青のりかつお粉長田スパイスマヨネーズ特製ソース」を自由にかけられるようになっていました。

気になる「長田スパイス」は辛味のない一味唐辛子のパウダーです。

ベースがかなり甘いので、青のりとかつお粉をかけるのがオススメかなと思いました。

長田本庄軒イオンモール京都桂川 アクセス方法


長田本庄軒イオンモール京都桂川、フードコート3階です

長田本庄軒イオンモール京都桂川、フードコート3階です

ということで、この神戸名物「ぼっかけ焼きそば」が食べられるお店「長田本庄軒」さん、京都では「イオンモール京都桂川」にお店があります。

フードコートの3階にありますので、もし二階の飲食店街に行ってしまったら、その中にあるエスカレーターで上に上がってください。

訪問時は盆休みだったので、かなり混雑していましたが、普通はそんなに混雑はしないと思います。

京都府京都市南区久世高田町376−1
営業時間:10時~22時
定休日:イオンの営業日に依存
URL:https://www.toridoll.com/shop/nagata/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。