2020年7月22日オープン 台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店(チュンスイタン)

京都の繁華街である木屋町通にできる商業施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」に「台湾カフェ 春水堂(チュンスイタン)」が新店オープンします。オープン日は2020年7月22日、タピオカミルクティー発祥の店として台湾で人気のあるカフェが京都初上陸です。

2020年7月22日オープン 台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店(チュンスイタン)


2020年7月22日オープン 台湾カフェ 春水堂(チュンスイタン)

2020年7月22日オープン 台湾カフェ 春水堂(チュンスイタン)

2020年7月22日、京都の繁華街である木屋町通の元立誠小学校「立誠ガーデン ヒューリック京都」に「台湾カフェ 春水堂(チュンスイタン)」が新店オープンするそうです。

日本では18店舗目で京都初出店、台湾スイーツの豆花(トゥファ)やタピオカミルクティーなどを提供するカフェになるそうです。

京都店では店舗限定の宇治抹茶を使った豆花などを提供する予定です。

創業は30年、台湾では有名な「タピオカミルクティー発祥の店」が「春水堂(チュンスイタン)」というお店です。

京都店はどうなるか分かりませんが、麺類の提供もあるかもしれません。

メニューには『麻辣排骨担々麺(980円)』や『五香湯麺(ウーシャンタンメン、750円)』『鶏湯麺(ジータンメン、750円)』などの台湾ヌードルが掲載されていました。

台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店でもラーメンを提供


台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店で提供されているラーメン

台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店で提供されているラーメン

気になっていた「台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店」での麺類提供ですが、オープン後に確認したところ10種類ほどの台湾麺の提供が行われていました。

冷麺が3種類「豆乳、パクチー、担々」を使ったものが単品で850円。

温かい麺もあり、単品で750円~980円で7種類ありました。

台湾ラーメンで、牛肉麺などあまり日本では食べられないメニューが多いですね。

このお店への行き方や営業時間は?


台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店(店舗外観写真)

台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店(店舗外観写真)

この「台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店」があるのは、立誠ガーデン ヒューリック京都という商業施設の中です。

河原町駅から木屋町通の高瀬川沿いの道を北へ、元・立誠小学校のところに芝生の庭が広い建物があります。

その芝生に面した店舗で、広々としたロケーションが良い感じになっていました。

営業時間は「11時~21時」だそうです。

〒604-8023 京都府京都市中京区備前島町310−2
営業時間:11時~21時
定休日:施設に準ずる
公式Twitter:https://twitter.com/chunshuitang
公式サイト:https://www.chunshuitang.jp/

このお店の口コミは?


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。