2020年7月9日オープン EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店

河原町駅の地下道8番出口を出た地上一階に「EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店(エルプエンテ コーヒー ラボラトリー)」さんが新店オープンです。オープン日は2020年7月9日で、コロンビア産のスペシャルティコーヒーを専門に扱うお店です。

2020年7月9日オープン EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店


2020年7月9日オープン EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店

2020年7月9日オープン EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店

京都「河原町駅」8番出口を外へ出る直前に「EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店(エルプエンテ コーヒー ラボラトリー)」さんが新店オープンします。

オープン日は2020年7月9日となっており、コロンビア産のスペシャルティコーヒー専門店と貼紙に書かれています。

お店は地下道8番出口を地上に上がった雑居ビル1階にありました。

このお店の雰囲気は?


店舗は地下道8番出口を地上に上がった雑居ビル1階です

店舗は地下道8番出口を地上に上がった雑居ビル1階です

通路沿いにある細長いテナントで、見た感じではカウンターのみのお店です。

駅から降りて、サクッとコーヒーを飲む感じですね。

カウンター4席、テークアウトにも対応

カウンター4席、テークアウトにも対応

コロンビアの豆を専門に扱うという珍しいお店

コロンビアの豆を専門に扱うという珍しいお店

こちらのカフェ、古川町商店街にある「EL PUENTE COFFEE LABORATORY(地図)」さんの2号店です。

コーヒーの産地としてよく知られるコロンビアの豆を専門に扱うという珍しいお店、ジョージアの缶コーヒー「エメラルドマウンテン」もコロンビア産コーヒー豆の品種の名前を使っていたりします。

そのコロンビア産のトップ5%に分類される「スペシャルティーコーヒー」と呼ばれる豆のみを使ったコーヒーを飲めるお店です。

このお店のメニューは?


コーヒーは2種類、どちらも酸味があるコーヒー

コーヒーは2種類、どちらも酸味があるコーヒー

コーヒーは2種類「アグアダス(500円)とマグダレナ(450円)」で、どちらも酸味があるコーヒーです。

今回は「マグダレナ(シティロースト=中煎りくらい)」をブラックでいただきました。

もうひとつの「アグアダス」はハイローストで少し口当たりがまろやかになります。

コーヒーは2種類「アグアダス(500円)とマグダレナ(450円)」

コーヒーは2種類「アグアダス(500円)とマグダレナ(450円)」

コーヒー以外にも紅茶やソフトドリンク、ケーキがある

コーヒー以外にも紅茶やソフトドリンク、ケーキがある

コロンビア豆を使ったコーヒー以外にも「紅茶クリームソーダケーキ」などがあるそうです。

コーヒーは450円からとなっていました。

ドリップコーヒー 450円~
カフェラテ 500円
紅茶 450円
クリームソーダ 450円

このお店への行き方や営業時間は?


お店の場所は京都「河原町駅」8番出口(地上一階)です

お店の場所は京都「河原町駅」8番出口(地上一階)です

この「EL PUENTE COFFEE LABORATORY 四条河原町店」さんがあるのは、京都「河原町駅」8番出口(地上一階)です。

分かりやすく言えば「髙島屋京都店」の西端の出入り口のところ。

営業時間は「11時~21時」です。

〒600-8002 京都府京都市下京区御旅町19 ニュー池善ビル 1階
営業時間:11時~21時
定休日:なし

このお店の口コミは?


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。