2019年6月1日新店オープン coupe (クーペ、京都北山、カフェ新店)

松ヶ崎の左京区役所すぐ隣りにコーヒーとコッペパンの店「coupe(クーペ)」さんが新店オープンします。開業日は2019年6月1日となっており、京都工芸繊維大学のすぐ近くにコッペパンのカフェができるということになります。

広告

コーヒーとコッペパンの店「coupe」2019年6月1日新店オープン


コーヒーとコッペパンの店「coupe」のオープン告知ポスター

コーヒーとコッペパンの店「coupe」のオープン告知ポスター

京都市左京区に新しいカフェが新店オープンします。

お店はコーヒーとコッペパンの店「coupe」さんで、開業日は2019年6月1日となっています。

場所は京都工芸繊維大学のすぐ近く、京都市左京区役所の隣りです。

個人宅の一階を改装してオープン予定(coupe)

個人宅の一階を改装してオープン予定(coupe)

この京都市左京区役所エリアは静かな住宅街なのですが、区役所と京都工芸繊維大学があるのでカフェや飲食店がいくつか近くにあります。

その一角にあった個人宅の一階を改装して、コーヒーとコッペパンの店として新店オープン予定となっています。

ちなみに「coupe (coupé)」とは読みは「クーペ」で「ホットドッグ用に切り込みを入れたパン」のことですが、一般的には「コッペ」と呼ばれています。

そう「コッペパン」のことですね。

coupe(クーペ)でコッペパンサンドを食べて来ました!


coupe(クーペ)カウンター6席ほどのイートインがあります

coupe(クーペ)カウンター6席ほどのイートインがあります

ということで、2019年6月1日に新店オープンした「coupe(クーペ)」さんへ訪問してきました。

お店はかわいらしいお嬢さんおふたりでの運営です。

お店はカウンター6席ほどのイートイン、もちろんお持ち帰りもできます。

いろいろなホットドッグが並んでいます

いろいろなホットドッグが並んでいます

ホットドッグというかコッペサンドというか、どっちで呼んだらよいのかはわからないのですが、パンは9種類ほど並んでいます。

値段は200円~300円まで。

懐かしい感じのメニューが多めです。

あんホイップパン 200円
ピーナッツホイップパン 200円
たまごドッグ 230円
やきそばドッグ 250円
ほっとドッグ 300円
トンカツドッグ 300円
海老カツドッグ 300円
本日のスープ 400円
スペシャリティコーヒー 350円
オーガニックコーヒー 400円
アイスコーヒー 300円
紅茶各種 300円
ジュース各種 300円~400円
ほっとドッグ+コーヒー 650円

ほっとドッグ+コーヒー 650円

10時まではモーニングもありますが、そちらはトーストのセット(トースト+サラダ、ゆで卵、コーヒー)だったので、単品でホットドッグを注文しました。

味はシンプルで昔懐かしい味わいで、ペロッと食べてしまいました。

コッペパンサンドは値段も安いし、小腹が空いた時にちょっと立ち寄って買って帰るのに重宝しそうなお店でした。

コーヒーとコッペパンの店「coupe」アクセス方法


コーヒーとコッペパンの店「coupe(クーペ)」

コーヒーとコッペパンの店「coupe(クーペ)」

さて、この松ヶ崎に開店するコーヒーとコッペパンの店「coupe」さんですが、営業時間やアクセス方法についても紹介します。

場所は前述のように左京区役所のすぐ東隣で、住所は「京都府京都市左京区松ケ崎堂ノ上町6」となっています。

営業時間は「8時~15時」、定休日は「不定休」になるようです。

京都府京都市左京区松ケ崎堂ノ上町6
営業時間:8時~15時
定休日:不定休(土日休みが多いかもしれません)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。