雨の日も風の日も @京都 くるみパン革命「クルクルセイバリー」実食レビュー

京都市北区のパン屋「雨の日も風の日も」さんへ行って来ました。こちら家の近所ということもあり、過去何度かパンを買いに行ったことがあります。名物はクルミたっぷりのパン「クルクルセイバリー」。他にもクロワッサンがとてもオススメなパン屋さんなんです。

広告

京都市北区のパン屋「雨の日も風の日も」さんへ行って来た


雨の日も風の日も(看板写真)

雨の日も風の日も(看板写真)

今回の「京都パン屋ブログ」は、京都市北区の船岡山近くにあるパン屋「雨の日も風の日も」さんの紹介です。

こちらは、第20回全日本カリフォルニアくるみ製菓製パンコンテストでグランプリ受賞をしたクルミたっぷりのパン「クルクルセイバリー」が名物のお店です。

地元のパン屋さんで家からも近いこともあって、過去何度もパンを買いに行ってはいるものの、今まで紹介したことがありませんでした。

おすすめは「クロワッサン」です

おすすめは「クロワッサン」です

この「雨の日も風の日も」さんは個人的にクロワッサンが好きなお店です。

バターたっぷり、油のコクを感じる濃厚なクロワッサンで、表面はものすごくパリパリとしています。

たぶん京都でも屈指のパリパリ感が味わえるクロワッサン(150円)です。

クロワッサンにクリームを入れたコルネ

クロワッサンにクリームを入れたコルネ

もうひとつオススメなのが「クロワッサンにクリームを入れたコルネ(180円)」です。

こちらも同じくパリパリ感がものすごいのですが、中にはたっぷりとクリームが入っているのでとても柔らかい食感になっています。

生地も濃厚ですが、それに負けないくらい濃厚なクリームが合わさった逸品なんです。

早朝から近所の方がぞくぞくと買いに来るパン屋さんです

早朝から近所の方がぞくぞくと買いに来るパン屋さんです

早朝から近所の方がぞくぞくと買いに来るパン屋さんで人気のほどが伺えます。

今回は名物「クルクルセイバリー」を実食レビューしましょう。

くるみパン革命「クルクルセイバリー」実食レビュー


くるみパン革命のパン「クルクルセイバリー」

くるみパン革命のパン「クルクルセイバリー」

こちらが、くるみパン革命の「クルクルセイバリー」です。

クリスピーみたいな形をしていますが、生地には大量のクルミを練り込んだパンになっています。

くるみと一緒に「チーズベーコン」も入っている惣菜パンで、食べるとローズマリーの爽やかな香りがするのが特徴的なパンです。

値段は1個180円、第20回全日本カリフォルニアくるみ製菓製パンコンテストでグランプリを受賞した名物パンです。

・第20回全日本カリフォルニアくるみ製菓製パンコンテストでグランプリ受賞
・くるみ生地で作るクリスピーに似た形のパン
・中にはチーズとくるみとベーコンが入っている
・ベシャメルソースを生地に練り込んである
・ローズマリーの爽やかな香りが特徴

雨の日も風の日も 営業情報


雨の日も風の日も(外観写真)

雨の日も風の日も(外観写真)

では、この「雨の日も風の日も」さんはどこにあるパン屋さんなのでしょうか。

場所は北大路駅からバスで「建勲神社前バス停」下車、2分ほど戻った南側にお店があります。

南には船岡山(建勲神社)があり、京都でも有名なパワースポットの近くです。

営業時間は「8時~19時」ですが、地元でもかなり人気があるお店なので早い時間に訪問すべきでしょう。

ただし、日曜日は定休日なのでご注意ください。

京都府京都市北区紫野東野町6
営業時間:8時~19時
定休日:日曜日
公式サイト:http://www.ame-kaze.com/


2019年9月18日放送のNHK BSプレミアム『パン旅』で京都の独創的なパン屋さんが2軒紹介されます。紹介されるのは「雨の日も風の日も」と「HANAKAGO」さん、くるみパン革命を起こした「独創的くるみパン クルクルセイバリー」と「ワインに合うパン」が紹介されることになっています。



京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。