ゲベッケン だし巻きパン @京都・伏見のパン「京・出し巻き食堂」が『鎖国メシ』で紹介

ゲベッケン深草本店の「だし巻きパン(京・出し巻き食堂)」が2019年6月8日放送『サタデープラス(鎖国メシ)』で紹介されます。京都市伏見区にあるパン屋「ゲベッケン(GEBACKEN)」というパン屋さんの名物パンで、ロールパンの中にだし巻き玉子が入ったパンです。

広告

ゲベッケン「だし巻きパン(京・出し巻き食堂)」が『鎖国メシ』で紹介


『鎖国メシ』で紹介されるゲベッケン「だし巻きパン」

『鎖国メシ』で紹介されるゲベッケン「だし巻きパン」

2019年6月8日放送『サタデープラス』で、京都市伏見区にあるパン屋「ゲベッケン(GEBACKEN)」さんのパンが紹介されました。

そのパンは京都らしく「だし巻き」使ったパンで「だし巻きパン」とも呼ばれるものです。

店頭では「京・出し巻き食堂」という名称で販売されており、値段は1個130円です。

見た目ではすぐに分からない「だし巻きパン」

見た目ではすぐに分からない「だし巻きパン」

初めて買いに行くと「だし巻き」を探してしまって、どこにその「だし巻きパン」があるのかわかりません。

というのも、だし巻きはパンの中に入っているからです。

そのため「京・出し巻き食堂」というパンを探してください。

京都・伏見のパン屋「ゲベッケン」

京都・伏見のパン屋「ゲベッケン」

だし巻きを使ったパン「京・出し巻き食堂」とは


だし巻きを使ったパン「京・出し巻き食堂」

だし巻きを使ったパン「京・出し巻き食堂」

だし巻きを使ったパン「京・出し巻き食堂」は、ゲベッケンの会長さんが若い時に卵屋さんで作っていた玉子焼きサンドの味を忘れられず、もう一度食べたいとそれを再現したものなのだそうです。

京都らしくお出汁を使っただし巻きをパンに入れて焼いたパンで、とても美味しいパンです。

うっすら焼き色のついたパンロールパンで、玉子からは出汁の風味が香ります。

1日に2000個売れたこともあるというゲベッケンのヒット商品で、多くのメディアで紹介されている伏見の名物です。

ゲベッケン(GEBACKEN)営業時間とアクセス方法


ゲベッケン(GEBACKEN)営業時間とアクセス方法

ゲベッケン(GEBACKEN)営業時間とアクセス方法

それでは、ゲベッケン(GEBACKEN)さんの営業時間とアクセス方法についてです。

電車では京阪の「藤森駅」が最寄りで、歩いて5分ほど。

営業時間は朝早く「7時~18時」となっています。

西浦町というちょっと住宅地の中に入ったところなので分かりづらいですが、師団街道からは「餃子専門店 福吉」さんのところを西へはいったところです。

京都府京都市伏見区深草西浦町6丁目70
営業時間:7時~18時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.gebacken.jp/


京都のパン屋さんを紹介するカテゴリーです。京都の知られざるパン屋を開拓し、新店速報には定評があります。他の京都ブロガーも注目している地元密着メディア「お墨付き!」でも人気のあるカテゴリーです。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。