ニューバード @京都ご当地パンは「パン屋バード(西湖堂)」が発祥

京都にかつて存在したパン会社「西湖堂製パン」、関西では有名な「ニューバード」というパンをチェーン系列のパン屋「バード」で発売していました。ニューバードは京都のご当地パンとして紹介されることがあり、先日の『ちゃちゃ入れマンデー』でも紹介されていました。

では、この「ニューバード」どんなパンで、どこで購入できるのでしょうか。

広告

京都にかつて存在したパン会社「西湖堂製パン」とは


かつてチェーンだった頃の店名が残る京都のパン屋

かつてチェーンだった頃の店名が残る京都のパン屋

京都には、かつて「西湖堂製パン」というパン製造会社がありました。

関西では中堅のパン製造会社でしたが昭和50年代頃から一気に勢力を拡大し、チェーン傘下のパン屋を関西で展開していました。

京都では「バード」というチェーンのパン屋さんが、この西湖堂製パン系列でした。

京都ご当地パン「ニューバード」昔はどこでも売っていたほど人気があったパン

京都ご当地パン「ニューバード」昔はどこでも売っていたほど人気があったパン

この西湖堂製パンのチェーン店であったパン屋「バード」には、とても美味しいパンが売られていました。

それが・・・・「ニューバード」というパンです。

西湖堂製パンが50年以上前から作っていた揚げパンで、他のパン屋などでも販売されるほど京都ではとても人気があったパンです。

京都ご当地パン「ニューバード」とは


京都ご当地パン「ニューバード」

京都ご当地パン「ニューバード」

西湖堂製パンがチェーン展開していた「バード」、そこで販売されていたのが京都のご当地パン「ニューバード」です。

ソーセージの入った揚げパンのことで、生地もしくは中にカレー風味が少し付いているのが特徴です。

・ソーセージの入った揚げパン
・カレーの風味がする

特徴をあげると2点のみ、ものすごくシンプルな菓子パンです。

北大路新町上ル「バード新町」さんのニューバードは中にカレー風味が付いている

北大路新町上ル「バード新町」さんのニューバードは中にカレー風味が付いている

北大路新町上ル「バード新町」さんのニューバードは中にカレー風味が付いているものです。

ほんのりとしかカレーの味がしませんが、それがまたちょうど良い具合なのです。

揚げパンについた油の風味とソーセージの塩気、そして少しだけ香るカレーの香りが京都で人気になったのは、京都人の味嗜好からすれば当然なのかもしれません。

ニューバード発祥の店が「バード」


今でも元祖ニューバードを販売する「バード新町」というパン屋さん

今でも元祖ニューバードを販売する「バード新町」というパン屋さん

バードは「ニューバード発祥の店」として知られますが、「ニューバード」自体は他社や他店舗からも販売されるほど人気の商品でした。

そのため、関西では「ニューバード」という名称ではないものの似たようなパンは実在していましたし、大手製パン業者でも似たようなパンを発売していたという話を聞いたことがあります。

今では西湖堂製パンは倒産しており、「バード」の看板を掲げて「ニューバード」を販売しているお店は少なくなっていますが、いくつか現存しています。

家の近くだと「北大路新町上ル」で今でも営業している「バード新町」さんで、北大路駅へ向かう途中にあるので通勤途中によくお世話になりました。

値段は1個130円と一般的な菓子パンのお値段です。

京都府京都市北区小山初音町1−2
営業時間:7時~19時
定休日:日曜日

バード以外でニューバードを販売しているパン屋「まるき製パン所」


下京区の「まるき製パン所」もニューバードで超有名な京都の老舗パン屋

下京区の「まるき製パン所」もニューバードで超有名な京都の老舗パン屋

ネットやテレビで京都のご当地パン「ニューバード」を紹介する場合、必ず登場するのが「まるき製パン所」さんです。

私はここだと「カツロール 220円」とか「ハムロール 170円」を買うのですが、「ニューバード」を販売していることでも知られています。

まるき製パン所は昭和22年創業で、ニューバードの値段は170円でした。

京都府京都市下京区松原通堀川西入北門前町740
営業時間:6:30~20時(日曜日のみ7時~12時)
定休日:不定休

西湖堂とニューバード 名前の由来は?


西湖堂とは琵琶湖の西側のこと

西湖堂とは琵琶湖の西側のこと

さて、この記事では重要なキーワードとして「西湖堂製パンニューバード」という2つの固有名称が出てきます。

京都には明治16年5月創業の老舗印刷会社「西湖堂印刷」があるのですが「西湖堂製パンと西湖堂印刷」は創業者は同一人物です(出典)。

西湖堂とは琵琶湖の西にある店のことで、創業者は滋賀県高島町(琵琶湖の西側)出身だったことから「西湖堂(さいこどう)」を屋号にしていました。

印刷会社は京都の四条付近で創業したのですが、西湖堂製パンは印刷業が軌道にのった後に、郷里の滋賀県高島町で創業されています。

「ニューバード」とはどういう意味?

「ニューバード」とはどういう意味?

では「ニューバード」とはどういう意味なのでしょうか?

これは単純な話でパン屋「バード」で販売した新商品という説が有力です。

もう50年以上の歴史があるパン、昔はとかく「ニュー」という言葉が使われていたことを思い出す方も多いことでしょう。

かなりの歴史がある京都のご当地パン「ニューバード」、京都で見つけることがあれば食べてみてはいかがでしょうか。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。