尚永ギター教室 逆さ看板@京都・西院が閉業し取り壊し

京都の有名な「逆文字看板」があった京都・西院の「尚永ギター教室(なおえギター教室)」・・・・もとい「室教ータギ永尚」さんが閉業して建物自体が解体されていました。2017年4月28日頃から解体作業が始まったようでした。

ということで、さっそく写真を撮ってきましたよ!

広告

尚永ギター教室 逆さ看板


京都・西院にある有名な「室教ータギ永尚」ではなく「尚永ギター教室」の看板

京都・西院にある有名な「室教ータギ永尚」ではなく「尚永ギター教室」の看板

2017年4月28日頃から、京都・西院にあった有名な「逆さ看板」がある「尚永ギター教室」さんが閉業していました。

建物はすでに取り壊しが行われており、あの珍しい逆さ文字看板を見ることは二度とできなくなりました

長年、通勤客の目を楽しませてきた(?)看板が突然なくなり、なにか西院が別の町に見えなくもないかもしれないかも違うかもみたいな雰囲気です。

尚永ギター教室(なおえぎたーきょうしつ)

尚永ギター教室(なおえぎたーきょうしつ)

尚永ギター教室(なおえぎたーきょうしつ)さんは1962年に創立されたクラシックギターの教室で、ほかにもアコギ・ウクレレ・大正琴の教室もやっていたようです。

というか、そういうことも全部逆さに書いてあるのでよくわかりませんでした。

尚永ギター教室がない!


尚永ギター教室がない!(2017年5月4日撮影)

尚永ギター教室がない!(2017年5月4日撮影)

そんな「尚永ギター教室」さんでしたが、2017年4月28日頃から突然の店舗解体が始まってしまい、2017年5月4日には更地になってしまいました。

建物のあった場所は白いシートで覆われて、中にはシャベルカーが1台あるだけでした。

そこは「逆さ文字」にしなさいよ!(無茶をいう)

そこは「逆さ文字」にしなさいよ!(無茶をいう)

テナント解体業者さんのマークが貼られており、明らかに解体されているのがわかります。

マークには「収回みご型大体解トンナテ物棄廃業産」と書かれていました。

尚永ギター教室 まとめ


嵐電「西院新駅」の影響でしょうか?

嵐電「西院新駅」の影響でしょうか?

1962年に創立されたクラシックギターの教室尚永ギター教室」さんですが、2017年4月28日頃に閉業して、建物は解体となりました。

直近では、嵐電「西院新駅」のオープンがあり、「尚永ギター教室」さんの隣には新駅ができたばかりでした。

建物の看板がすべて「逆文字」になっているミステリースポットとしても知られていた有名な看板でしたが、もうそれを見ることはできません。

京都府京都市中京区壬生仙念町22−3


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。