秋本治 最新作『ファインダー -京都女学院物語-』に登場した京都・亀岡の場所はどこ?

京都府亀岡市に住む4人の女子高生の物語『ファインダー -京都女学院物語-』が2月2日発売の『週刊ヤングジャンプ』で連載開始となりました。秋本治さん最新作では京都市亀岡市が描かれており、主人公4人が住むのは「京都府亀岡市千歳町」付近のようです。亀岡に新しい聖地巡礼場所ができそうです。

また「京都女学院」はJR亀岡駅南口のエリアだと推測されます。

ということで第一話に出てきた場所をまとめてみました。

広告

秋本治さん最新作『ファインダー -京都女学院物語-』に登場した京都の場所はどこ?


『ファインダー -京都女学院物語-』が週刊ヤングジャンプ 2/2号に掲載

『ファインダー -京都女学院物語-』が週刊ヤングジャンプ 2/2号に掲載

秋本治さんの最新作ファインダー -京都女学院物語-』が週刊ヤングジャンプ 2/2号に掲載されました。

京都府亀岡市に住む4人の女子高生の物語です。

鷹弧(タカコ)
鈴芽(スズメ)
千鳥(チドリ)
燕(ツバメ)

地元・亀岡が舞台ということで、作者の秋本治さんがどこを描くのかが地元的には気になるところです。

そこで、実際に即日完売になっていた『週刊ヤングジャンプ 2/2号』をなんとか入手して内容を精査してみました。

京都タワー「第1話」表紙


秋本治さんの最新作『ファインダー -京都女学院物語-』

秋本治さんの最新作『ファインダー -京都女学院物語-』

この『週刊ヤングジャンプ』ですが京都のコンビニでは販売当日に売り切れているところが多く入手は困難を極めました。

コンビニ店員 「ヤンジャンはいつもなら返本するくらいなのですが・・・・」

ということでしたが、たぶん地元・京都の漫画が新連載(ただし季刊)ということで売れに売れまくっているに違いありません。

さて「第1話 -summer-」表紙では、いきなりですが「京都タワー」が描かれていました。

場所は「セレマビル」の前の地下街入口だと思われますが、実際にはこんな短い階段は実在していません

京都ヨドバシには短い階段があるのですが、京都タワーはこのようには見えません。

カメラを落とした川「第1話」1~3ページ

さて、ストーリーが始まるといきなりカメラが川に落ちるという伏線が描かれています。

川は桂川の支流で「大阪府道・京都府道6号枚方亀岡線」沿いを流れる「芥川」の上流域付近だと推測されます。

というのも、ガードレールのある道で川まで崖である場所は亀岡では少なく、次ページの「鍬山神社(くわやまじんじゃ)」の近くであれば、府道6号線くらいしか該当する場所が存在しないからです。

田園風景「第1話」4~5ページ

4~5ページ目「2016年7月 夏」とサブタイトルが描かれているコマの風景が亀岡の田園風景になっていました。

四角い理路整然と並ぶ畑が描かれており、奥に送電線のある山、手前の農道には小さい電柱が並んでいます。

まず亀岡市には田んぼや畑は数あれど、四角く区分けされた場所は少ないのです。

該当するのは「京都府亀岡市河原林町」付近と「京都府南丹市八木町」しかないのですが、山に送電線が見えるのは前者だけです。

たぶん「大堰川緑地」近くの広域農道のあたりでしょう。

ちなみに「大堰川(おおいがわ)」は下流に行くと「桂川」という名前になります。

亀岡のだいたいの風景

亀岡のだいたいの風景

鍬山神社(くわやまじんじゃ)「第1話」4ページ


鍬山神社(くわやまじんじゃ)

鍬山神社(くわやまじんじゃ)

4ページ目に実在する神社が登場しており、鳥居が描かれています。

その神社は先ほどの京都府道6号線沿いにある「鍬山神社(くわやまじんじゃ)」という神社です。

どうやら主人公が通うという女学院は鍬山神社(くわやまじんじゃ)付近にあるようです。

亀岡駅「第1話」5ページ


JR亀岡駅

JR亀岡駅

JR亀岡駅」も実在する駅として登場していました。

ページは4~5ページにまたがるコマで、駅の階段の屋根と緑地帯がある二車線の道路が描かれているコマです。

間違いありません。

京都女学院高等部「第1話」5ページ

さて肝心の「京都女学院高等部」の場所ですが、たぶんJR亀岡駅から鍬山神社に至る途中にあるはずです。

実際にそこにあるのは「亀岡市立 亀岡中学校・高等学校」です。

漫画で出てくる学校の校舎は中央に全面ガラス張りの部分があるのですが、亀岡市には該当する形状の校舎は存在しておらず、空想上の学校として描かれているようです。

しかし、5ページ目に描かれた校門は「亀岡市立 亀岡中学校」と似ているようです。

亀岡にある全面ガラスの建物といえば「ガレリアかめおか」

亀岡にある全面ガラスの建物といえば「ガレリアかめおか」

出雲大神宮「第1話」17~20ページ

次に17~20ページで「出雲大神宮」という名前が出てきます。

これも実在する神社です。

主人公たちは京都府道25号線を学校から北に7km近くも離れた場所から通学していることがわかります。(高校ではありがちです)

夏祭りのシーンがあり、そこで「夫婦岩」が描かれており間違いありません。

ということは、この4人の女子高生は「京都府亀岡市千歳町」の子供たちなのです!

実際の京都・出雲大神宮

実際の京都・出雲大神宮

弁財天社「第1話」20ページ

本当の地元のお祭りに憧れていたんだー

蛸薬師(たこやくし)から亀岡に引っ越してきた鷹弧(タカコ)が言うセリフのコマで、川のほとりにある祠が描かれているのですが、これは「市杵島姫命(イチキシマヒメ)」を祀っている祠です。

場所は同じ「出雲大神宮」の池にあります。

なお、鷹弧(タカコ)が元々住んでいたのは「新京極通」の商店街付近とのことです。

ダイコクバーガー「第1話」22ページ


ダイコクバーガー

ダイコクバーガー

JR亀岡駅南口にある「ダイコクバーガー」さんも実在する店舗として登場しています。

コミュニティバスの停留所

コミュニティバスの停留所

ダイコクバーガーの公式Twitterにも掲載されており、コミュニティバスの停留所も描かれているので間違いないでしょう。

最近できた亀岡市民のためのハンバーガー屋さんで、このあたりでは珍しいオシャレなお店です。

ダイコクバーガー 激旨でした

ダイコクバーガー 激旨でした

実際に「ダイコクバーガー」を食べてみたのですが、チェーンのファーストフード店なんかめじゃないほど美味しいハンバーガーでした。

モスの何倍も美味しいと思えばちょうど良いくらいです。

実食レビューもありますよ!


今回の「京都案内」は京都府亀岡市にあるハンバーガーショップ「ダイコクバーガー(大黒バーガー)」さんに行ってきました。地元亀岡のご当地野菜を使い、ビーフパティにもこだわったアノお店よりも数倍おいしいハンバーガーのお店です。


保津峡駅「第1話」27ページ


保津峡駅

保津峡駅

主人公たちが自由研究のために亀岡市から京都市に行くシーンでJR山陰本線「保津峡駅」のシーンが描かれていました。

二条駅の和菓子屋さんと蹴上の南禅寺に行くために電車を使ったようです。

国道9号を自転車で乗り越えて「老ノ坂隧道」で怪奇現象に出会うというストーリーの方が尺稼げて良いと思いました。

二条駅 西口「第1話」28ページ


JR山陰本線「二条駅」と商業ビル「BiVi」

JR山陰本線「二条駅」と商業ビル「BiVi」

28ページ目で、主人公たちは「二条駅」西口にいるシーンが描かれていました。

建物として「BiVi二条」が描かれており、2グループに分かれて行動するシーンです。

鷹弧(タカコ)のグループは徒歩で和菓子店に向かい、鈴芽(スズメ)のグループは地下鉄東西線「蹴上駅」に向かうシーンが描かれています。

岡崎疎水の噴水「第1話」29ページ

29ページ目で鈴芽(スズメ)のグループが南禅寺に向かう途中の「岡崎疎水」で迷子になるシーンがあります。

そこで描かれているのが「岡崎疎水の噴水」という実在するランドマークです。

蹴上駅から南禅寺までは近道があるのですが、そこをはるかに通り過ぎているのがわかります。

水路閣「第1話」30ページ


水路閣

水路閣

鈴芽(スズメ)のグループが自由研究の調査で選んだのは「水路閣」でした。

いわゆる「琵琶湖疎水」ネタのようですが、琵琶湖の水を京都に引き込むインクラインのことです。

電力発電や物資運搬などに使われましたが、自由研究のテーマにするなら「岡崎疎水~白川疎水」の間を調べるのが面白いです。

低い場所から高い場所へ逆流する白川疎水

低い場所から高い場所へ逆流する白川疎水

ここは標高が低い場所から高い場所に逆流する謎の流れがあり「なぜ低い場所から高い場所に水が流れるのか?」というテーマで調査すべきなのですが女子高生には思いつかなかったようです。

老舗和菓子店 超雅「第1話」32ページ


二条駅近くにある老舗和菓子店

二条駅近くにある老舗和菓子店

さて、もう一方の鷹弧(タカコ)のグループは二条駅から徒歩で行ける知り合いの和菓子店に向かいます。

京都伝統菓子(寒天でつくったもの)を製造販売する「超雅」という和菓子店が登場するのですが、これはたぶん空想上の店舗です。

二条駅西口から歩いていける範囲で「格子」のあるような古い和菓子店は実在していないからです。

三色団子や羊かんなども描かれていますが、店舗の特定は現状難しいようです。

『ファインダー -京都女学院物語-第1話』に登場する京都の場所まとめ


京都府亀岡市は田舎です

京都府亀岡市は田舎です

秋本治さん最新作『ファインダー -京都女学院物語-』に登場した京都の場所ですが・・・・

17か所ほどありました。

・亀岡駅
・鍬山神社
・京都タワー
・府道6号
・亀岡市内の田園
・出雲大神宮・弁財天社
・ダイコクバーガー
・保津峡駅
・蹴上駅
・二条駅 西口
・岡崎疎水の噴水
・水路閣
・亀岡市立 亀岡中学校
・山鉾巡行(やまほこじゅんこう)
・京都盂蘭盆(お盆のこと)
・大文字焼など

場所だけでなくイベントも含まれますが、亀岡市と京都市が紹介されています。

主人公4人が住むのは「京都府亀岡市千歳町」と思われ、京都女学院JR亀岡駅南口方面にある学校で間違いないでしょう。

なお、2話は初夏の号で発売となっていました。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。