年に1便だけ!幻の京都バス 95系が市原~鞍馬間で運行

Sponsored Link

京都には、毎年3/20か3/21の「春分の日」にしか運行しないという幻のバスがあります。昨日(3/20)はちょうどその運行の日で、今年は3/20が「春分の日」でした。それが、京都バス「95系 市原 鞍馬」で「年に1回しか使われないバス停」というのもあります。

当日は、路線バスマニアの方で盛況とまでは行かないまでも、そこそこ人が乗車して賑わっていました。

年に1便 幻の京都バス


年に1便「春分の日」のみ運行する 幻の京都バス

年に1便「春分の日」のみ運行する 幻の京都バス

京都では、市バスと京都バスがよく走っているのですが、京都バスは主に市内から少し離れた山間部などを走る路線として知られています。

その京都バスに「1年に1便、それも片道のみ」という幻の京都バスがあるというのです。

区間は、大原の京都バス停から、鞍馬まで。

いったい、どんなバスなのでしょうか?

大原~鞍馬を結ぶ路線

1年に1便、それも片道のみ」という京都の幻のバスとは、京都バス「95系 市原 鞍馬」という路線バスです。(北山バーディー号)

一応、大原という観光地と鞍馬という観光地を結ぶ路線ではありますが、利用者が少なくて、今では1年に1本(片道のみ)という路線です。

毎年「春分の日」にしか運行しないという幻のバスですが、今年は3/20が「春分の日」で運行が行われました。

1年に1本(片道のみ)
大原~鞍馬間
春分の日にだけ運行許可の出ている路線
2012年までは春・秋の週末や祝日に1日6便運行していた
今は年に1便だが、将来的には復活を目指して1便だけ残している(免許維持路線)
途中には、この日にしか使われないバス停もある
30分ほどの乗車時間

バスの運行免許は申請から許可まで時間がかかるために、1日1便だけ残して、将来的には復活させようという京都バスの思惑で、このようなバスになりました。

発車は10:50で、今日はマニアの方々が集まったそうです。

大原~鞍馬間を結ぶという、かなりマニアックな路線で、道としては山間の集落などを通るバスになります。

年に1回しか使われないバス停 江文神社前


年に1回しか使われないバス停 江文神社前

年に1回しか使われないバス停 江文神社前

この京都バス「95系 市原 鞍馬」には、この年に1回しか使われないバス停があります。

それが「江文神社前」「江文峠口」「野村」というバス停です。

江文神社前

江文神社前

普段は一切バスが止まらないバス停です。そして、ここにバス停がある必要性もなさそうです。

10:54発 鞍馬ゆき 毎年、春分の日のみ運行

10:54発 鞍馬ゆき 毎年、春分の日のみ運行

春分の日のみの運行です。

反対車線には廃線となったバス停があります

反対車線には廃線となったバス停があります

反対車線には廃線となったバス停があります。

この路線、春分の日に1便だけ、それも片道運行なのです。

年に1回しか使われないバス停 野村


年に1回しか使われないバス停 野村

年に1回しか使われないバス停 野村

もちろん、他にもバス停はあります。年に一度だけバスが停まるバス停は複数箇所あります。

もうひとつの「野村」のバス停は下鴨警察署大原駐在所の前くらいにあります。

民家なども多くなってくる付近ですが年に1度しか運行しません

民家なども多くなってくる付近ですが年に1度しか運行しません

発車バス停は「声明庵呂律茶屋」前からで、そこから4分ほど乗車すると「野村」です。そこから「鞍馬方面」を目指す路線バスです。

地元以外の方は、これを乗るためにはバスに乗ってくるか車で来るしかありません

地元以外の方は、これを乗るためにはバスに乗ってくるか車で来るしかありません

その他の「京都秘境ハンター」の記事一覧はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。