サンディ紫竹店 @京都市北区「激安スーパーが紫竹へ進出!」スーパー戦国時代に突入

京都市北区紫竹激安スーパー「サンディ紫竹店」が2018年6月新店オープンとなっています。現在工事中で、内装工事をしている最中ですが、6月下旬には開店するそうです。たぶん、京都最安の商品が多く、業務スーパーより安い商品が手頃な分量で揃う使い勝手の良いスーパーマーケットです。

では、この「サンディ紫竹店」どこに開店するのでしょうか。

広告

京都市北区に激安スーパー「サンディ紫竹店」2018年6月新店オープン


京都で見かける激安スーパー「サンディ」が新店舗

京都で見かける激安スーパー「サンディ」が新店舗

2018年6月にアノ激安スーパー「サンディ」が京都市北区紫竹に新店舗をオープンさせます。

店舗は「サンディ紫竹店」となるようで、2018年5月18日時点ではまだ内装工事が始まったばかりです。

工事告知などはありませんが、この店舗が「サンディ紫竹店」になるので間違いありません

京都市北区で工事中の激安スーパー「サンディ紫竹店」

京都市北区で工事中の激安スーパー「サンディ紫竹店」

サンディといえば、なにもかもが激安のスーパーマーケットで、京都ではたぶん最安だと思われる商品がたくさん陳列されています。

主に鉄道高架の真下に店舗があるのですが、住宅街の多い場所ではマンションの一階にあったりします。

ただし、お店の場所が至って目立たない(賃料が安い)場所にあるため、ご存知ではない方も多いかもしれません。

・サンディ47号桂店
・サンディ京都二条店
・サンディ京都花園店
・サンディ梅津店
・サンディ西京極七条店
・サンディ 山科竹鼻店
・サンディ山科椥辻店
・サンディ醍醐店

激安スーパー「サンディ」ってどんなお店?


野菜やお肉も扱いが多く安いし、一人暮らし向けの量でも販売されています野菜やお肉も扱いが多く安いし、一人暮らし向けの量でも販売されています

野菜やお肉も扱いが多く安いし、一人暮らし向けの量でも販売されています

では、この京都にある「サンディ」という激安スーパーはどんなスーパーマーケットなのでしょうか。

これについては、過去記事で詳しく紹介してあるので、そちらを見ていただきたいのですが、軽く紹介しておきます。

野菜やお肉など生鮮食品も多く扱うスーパーなのですが、特筆すべきはその値段です。

ワンダ モーニングショット(49円)と激安なのが「サンディ」というスーパーです

ワンダ モーニングショット(49円)と激安なのが「サンディ」というスーパーです

京都市中どこを探しても「ここまで安くはない」ものが多く揃っており、商品によっては有名な「業務スーパー」より安いスーパーなのです。

特に「一人暮らし」の方に重宝するのですが、お弁当が199円~290円で販売されていたり、おにぎり1個49円と安く販売されてもいます。

牛肉も時間帯で「半額」になっており、分量もひとりで食べるにはちょうど良いものも扱っていたりします(店舗による)。

サンディ紫竹店 への行き方(アクセス方法)


サンディ紫竹店(2018年5月18日撮影)

サンディ紫竹店(2018年5月18日撮影)

さて、そんなサンディ紫竹店ですが、地元の方でもないと行かない場所にあって駐車場がないのでバイクや自転車などで訪問する近隣住民向けの店舗です。

私は花園店(駅前高架下)へよく行くのですが、紫竹店も頻繁に通る道なので買い物に重宝しそうです。

場所は「紫竹西通」のラーメン店「らぁ麺とうひち」さんへ向かう途中右側で、近くには「業務スーパー」もあります。

北山通「生鮮館なかむら 北山店」の北100mくらいの所にあり、東200mの所には「グルメシティ北山店」、北へ300m行けば「マツモト北山店」もあったりするスーパー激戦区です。

そんな場所への京都最安スーパーの出店、これは地元的に大注目だと思います。

京都府京都市北区紫竹西野山東町3
営業時間:10時~19:30(予測)
定休日:年中無休


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。