鴉鵲待つ @ 新潟県長岡市「成田屋電設の社屋に書かれている言葉」が珍百景で紹介

鴉鵲待つ(うじゃくまつ)という新潟県長岡市「成田屋電設の社屋に書かれている言葉」が2020年5月24日放送の『ナニコレ珍百景』で紹介されるそうです。味は「腕の良い職人さん募集中」ですが、すぐに分かる人がいない遊び心のある言葉ですね。

鴉鵲待つ @ 新潟県長岡市「成田屋電設の社屋に書かれている言葉」が珍百景で紹介

2020年5月24日放送の『ナニコレ珍百景』で、新潟県長岡市にある謎の看板「鴉鵲待つ」が紹介されると予告されていました。

この「鴉鵲待つ」はの読みは「うじゃくまつ」で、意味は「腕の良い職人さん募集中」です出典)。

本来は「鴉(あ)鵲(じゃく)」と読むべきなのですが、紹介される看板は「うじゃく」と読むそうです。

鴉鵲(あじゃく)というのは分かりやすく言えば「鴉(カラス)と鵲(カササギ)」でどちらも鳥の種類です。

鴉(あ)はよくいるカラスです。

鵲(じゃく)はカラスの仲間ですが、お腹が白く、背が黒い鳥カササギのことで、カササギにとってカラスは天敵です。

鵲(カササギ)

鵲(カササギ)

では「鴉鵲待つ」の「鴉(あ)鵲(じゃく)」は「カラスとカササギ」のことなのでしょうか?

たぶん、そうではありません。

本来は「鴉(あ)鵲(じゃく)」と読むべきなのですが「うじゃく」と読ませることから「鴉(あ)鵲(じゃく)」は「烏鵲(うじゃく)」のことです。

鵲(カササギ)の同義語「烏鵲(うじゃく)」という言葉に「烏(う)」の同義語「鴉(あ)」を当てた言葉のはずです。

そのため、鴉鵲は「鴉(カラス)と鵲(カササギ)」という意味ではなく「鵲(カササギ)」を指していると解釈すべきなのかもしれません。

これを「腕の良い職人さん募集中」という意味で使っているわけですが、「鵲(カササギ)」って頭の良い鳥です。

もちろん「鴉(カラス)」も頭の良い鳥ですが、頭の良いカササギを待っているということで「腕の立つ=職人」を待っているという意味で使われているのでしょう。

補足:放送を確認したら「鴉(カラス)と鵲(カササギ)」という意味で頭が良く(カラス)技術のある(カササギ)人を募集するメッセージで、誰一人これを見て募集に来た人はいないそうです。でも読みは「うじゃくまつ」なんだそうです。

「鴉鵲待つ」は成田屋電設の社屋に書かれている言葉

この「鴉鵲待つ」ですが、新潟県長岡市北陽にある会社「成田屋電設」さんの社屋に書かれている言葉です。

国道8号線の長岡東バイパス沿い、物流倉庫や工場の多いエリアです。

これを見たところで「腕の良い職人さん募集中」という意味が理解できる人はゼロなので、ちょっとした遊び心だと思います。

言葉遊びの好きな社長さんがいるのかもしれません。

でも、それで『ナニコレ珍百景』で紹介されるんだから儲けもんですよね!

〒940-0871 新潟県長岡市北陽1丁目53−68

ナニコレ珍百景 2020年5月24日 予告


ナニコレ珍百景 2020年5月24日 予告は以下の通りです。

★日本全国の驚きの光景…動物・珍名・赤ちゃん・すべり台一挙紹介▼山口…ネコ救世主は小学生▼大分…廃校で暮らす80歳▼新潟…玄関に行き着く案内板「国道入口」
▼新潟・長岡…読める?謎の看板「鴉鵲待つ」&家の玄関へ続く案内「国道入口」調査▼神奈川・秦野…透けて見える山▼三重・紀宝…垂直に切り立った山▼富山…田んぼの中に謎のドア★名作選クイズ★大分・宇佐…奇跡!母乳が出た母犬代わりの老犬▼東京…穴を掘り続ける犬▼大阪・堺…リュックで背負われるヤギ▼広島…カギを開ける天才オウム▼東京…セクシーなスッポン▼名古屋…カメラに静止するニワトリ▼カワイイ赤ちゃん続々▼山口…小学生がネコの命を守る社会貢献▼大分・豊後高田…廃校で暮らす80歳▼岡山…カン違いで人命救助した中学生▼長野…高さ65cm低すぎる街灯▼松山城…高すぎる水飲み場▼愛知…手も届かない高さに蛇口▼岐阜…高さ15cm鉄棒▼宮古島…砂に埋まったスベリ台を調査▼珍すべり台続々▼秋田・男鹿…話すガードレールの怪…珍現象を解明▼秩父…山頂に謎の巨大パネル▼福岡…珍名歓迎!10万種売るハンコ店▼埼玉…「珍男子」さん他


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。