吉田パン @京都・北山「土日営業だけのパン屋」が『LIFE~夢のカタチ~』で紹介

京都・北山にある土日営業だけのパン屋「吉田パン工房」が2019年2月23日放送『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されるようです。ホテルやレストランにパンを卸すだけのパン屋でしたが、パンに定評があり、土日にだけ「吉田パン工房」でそのパンが購入できるようになっています。

広告

京都・北山「吉田パン」が『LIFE~夢のカタチ~』で紹介


パンの消費量日本一と言われる京都で絶大的な支持を受ける北山「吉田パン」

パンの消費量日本一と言われる京都で絶大的な支持を受ける北山「吉田パン」

京都はパンの消費量日本一と言われ、最近では今出川通がパンの聖地としてテレビで紹介されるなどしています。

しかし、地元の京都でパンを食べ比べていると京都のパンは「北山通」の方がレベルが高いのではと思うことが多々あります。

その北山にパン好きの京都人や飲食のプロから絶対的な支持を受けるパン屋があります。

それが「吉田パン」です。

実はこの「吉田パン」さんですが、2019年2月23日放送『LIFE~夢のカタチ~』で紹介されることになっています。

テレビで紹介されるのも納得で、パンのレベルが高い京都・北山にあり、その中で行列のできるパン屋さんだからです。

・吉田パン工房
_And Bread
コム・トゥジュール(ケーキとパン)

吉田パン ってどんなパン?


吉田パンさんはホテルやレストランにパンを卸していて実店舗はありませんでした

吉田パンさんはホテルやレストランにパンを卸していて実店舗はありませんでした

2018年3月17日に新店オープンしたパン屋さんなのですが、オープン前から話題になったほど有名なお店です。

吉田パンさんはホテルやレストランにパンを卸していた評判の良いパンを作られていたのですが、普通では入手ができなかったからです。

しかし、週末にだけ「吉田パン工房」として開業すると話題になって、オープン初日から行列ができたパン屋さんなんです。

京都市役所前に新しくオープンしたばかり「ブルーブックスカフェ 京都(BLUE BOOKS cafe KYOTO)」さんのハンバーガーで使われているパンズも吉田パンさんのものなんですよ。

・クロックムッシュ 300円
・パンオショコラ 220円
・スコーンサンド 250円
・メロンパン 420円
・アンパン 170円
・カンパーニュ 660円
・バゲット 390円
・ベーコンエピ 280円
・レザン 550円
・パンドミ 330円

※パンの種類と値段は時期で変わることがあります。

パンオショコラ


パンオショコラ 220円

パンオショコラ 220円

パンオショコラは石臼で挽いた小麦粉に発酵バターを織り込んだものです。

サクッと香ばしいショコラで、バターの香りとコクもバランスが良くて美味しいパンです。

特にチョコレートの味が際立っており、そのチョコレートに合わせた生地が絶品と言えます。

アンパン


アンパン 170円

アンパン 170円

アンパンもふんわりやわらかい生地が特徴的で、中の餡との調和が素晴らしいパンでした。

吉田パンのパンって、全体的にどのパンもひとつの特徴に秀でているパンが多くて、アンパンは餡が全面に出てくる味わいです。

クロックムッシュ


クロックムッシュ 300円

クロックムッシュ 300円

こちらのクロックムッシュもチーズがおいしいパンになっています。

いろいろ食べてみると分かるのですが、吉田パンの特徴というのは「パンよりも別の食材が前に出てくるパン」だと言えそうです。

ベースのパンが美味しいというか、その食材に合わせて作られているのが食べて分かるのです。

そういうところが評価されており、ホテルやレストランで採用されているんだなというのがよく分かる味でした。

吉田パン 営業時間と定休日


吉田パン、営業は週に2日で土曜日と日曜日のみです

吉田パン、営業は週に2日で土曜日と日曜日のみです

では「吉田パン」さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「9時~17時」で、週に2日だけ「土曜日と日曜日のみ営業」となっています。

テレビで紹介された後は大行列になるはずなので、もし食べたいのであれば放送前の2019年2月16日と17日がチャンスだと言えます。

京都府京都市左京区 松ケ崎雲路町2−2(MAP
営業時間:9時~17時
定休日:月曜日~金曜日(土曜日と日曜日のみ営業)

吉田パン への行き方(アクセス方法)

では、最後に「吉田パン」への行き方(アクセス方法)についてです。

微妙に行きづらい場所にあるのですが、叡電「修学院駅」からか地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」から徒歩で行くことになります。

どちらの駅からも徒歩15分くらいです。

駐車場などはありませんので自家用車で行く場合はご注意くださいね。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。