いやどうも 意味は?茨城県の方言(茨城弁)

2019年1月17日放送『秘密のケンミンSHOW』で茨城県の方言(茨城弁)が紹介されます。「いやどうも」という茨城弁が紹介されるのですが、この「いやどうも」とはどのような意味なのでしょうか?

なんか普通に使われている言葉ですが、関西では聞かない表現です。

広告

茨城県の方言(茨城弁)


関西で通じない関東地方の方言、使ってしまうことがあります

関西で通じない関東地方の方言、使ってしまうことがあります

元々は関東で生活していたので、東京でも茨城の方言はよく聞くし、よく使いました。

たとえば流行り言葉として「とっぽい」というのがあったのですが、中学生時代に「とっぽい」といえば「不良」という意味でした。

なんで「とっぽい」と使いだしたのかわかりませんが、テレビでは不良をテーマにした作品なんかも多くて話題になることが多かったから聞く機会も多かったのでしょう。

他にも「つんのめる」とか普通に言いますが、これも新潟とか茨城あたりの方言です。

歩いていて倒れる直前のように前に傾くことを言いますが、石につまずいた時に「つんのめる」とか使います。

友達とかと会話していると「しゃーんめ!」と言うことがありますが、これは「仕方がない」という意味です。

なんかちょっとワルっぽく振る舞う感じで使われることが東京でも多かった言葉ですが、これらは茨城県あたりの方言です。

とっぽい = 不良
つんのめる = 体が傾くくらい前にでる
しゃーんめ = しかたがない
んじゃ = そんじゃ(それでは)

いやどうも = 相手より歓迎を表す


いやどうもぉ~、挨拶では普通に聞く言葉です

いやどうもぉ~、挨拶では普通に聞く言葉です

その中でも「いやどうも」という方言があります。

これ、かなり使う表現なのですが、実はコレも方言なんだそうです。

いやどうも = 相手より歓迎を表す

人と会った時、先に挨拶をされた時に瞬時に返す挨拶で使うのですが、「いやいや、こちらこそどうもコンニチワ」という意味で、相手より歓迎の気持ちが強いことを表現する言葉です。

茨城では、こういった挨拶の流れで「いやどうも」と言われたら「かえってどうも」と返されます。意味は「かえってどうも = むしろ、ありがとう」という意味です。

「いやどうも」茨城では「なんでやねん」とかでも使える言葉


いやどうもぉ~、挨拶以外にも使える言葉

いやどうもぉ~、挨拶以外にも使える言葉

「いやどうも」が茨城の方言と言われてもピンと来ないかもしれませんが、茨城県ではいろいろな意味で使われる表現です。

東京でも「いやどうも」にはいくつか意味がありました。

いやどうも = なんでやねんっ!
いやどうも = ふーん
いやどうも = だよねー
いやどうも = ごめんごめん
いやどうも = まいったねー
いやどうも = すごいねー
いやどうも = いや、それはちょっとー

地域で意味が異なるのですが、相手に返す言葉という使い方ということでは「いやいや、こちらこそどうもコンニチワ」と同じです。

東京でも「いやどうも = ごめんごめん、まいった」という意味では使いました。

ちなみに、これ有名な話なのですが茨城弁の「うまかっぺうそだっぺいやどうも」はどれもラーメン店の店名にも使われていたりします。

関西に来てから一度も使ってない言葉なんで、なんか懐かしいですね。

秘密のケンミンSHOW 2019年1月17日 予告


秘密のケンミンSHOW 2019年1月17日 予告は以下の通りです。

福岡熱愛!謎の鉄板スタミナ焼き肉&岩手美人を探せ
福岡熱愛!キャベツ&にんにくたっぷり!謎のびっくり亭焼き肉登場!ご飯がもう止まらない!▽翻訳不能ワード茨城方言いやどうも▽東北最後の砦!岩手美人が続々登場!!


「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。