私設図書館 @京都 静かすぎる図書館 体験レビュー『ドキュメント72時間』で紹介

京都にある静かすぎる図書館(私設図書館)が、10月27日放送NHK『ドキュメント72時間』で紹介されます。なんと京都に72時間が来たのです。場所は京都・白川にある「私設図書館」という店名のカフェのような自習室のような図書館のような空間です。今回は、この「私設図書館」を実際に利用してきましたので「営業時間利用料金座席の雰囲気利用方法電源やwifiの有無駐車場や駐輪場の有無」などを詳細にレビューします。

訪問は2017年10月4日です。

広告

京都の静かすぎる図書館が『ドキュメント72時間』で紹介されるので事前に調査してきました


京都・白川の「私設図書館」が『ドキュメント72時間』で紹介

京都・白川の「私設図書館」が『ドキュメント72時間』で紹介

10月27日放送NHK『ドキュメント72時間』で、京都が紹介されます。

予告では「京都 静かすぎる図書館」とだけ書かれているのですが、これは京都・白川にある図書館のことなのです。

紹介されるのは「私設図書館」です。

これ実は屋号で、「私設図書館」というのがお店の名前なのです。

京都の静かすぎる図書館「私設図書館」とは


外観も内観も洋館風の造りになっている私設図書館です

外観も内観も洋館風の造りになっている私設図書館です

では「私設図書館」とはどのような図書館なのでしょうか。

創業は1973年5月7日で、今出川通沿いにある洋風のカフェみたいなお店です。

外観からは何のお店かは分かりづらいので、地元の方でも「図書館」だとは思っていないようです。

入口に旧字体で「私設圖書館」と書かれており、普通では入る勇気が出てこないと思います。

しかし、ここ誰でも入れるカフェ利用やちょっとした休憩にも使える格安な図書館なのです。

旧字体で「私設圖書館」と書かれています

旧字体で「私設圖書館」と書かれています

NHK『ドキュメント72時間』は、毎週楽しみにしている番組で、なにげない場所のなにげない日常で出会う人々が持つ事情や人生観などが見られる優れた番組でもあります。

この京都にある「私設図書館」は、実際に行ってみると「まさにそんな番組に適した場所だ」と感じました。

実際に行ってみると様々な年齢層の方がご利用になっていたからです。

ドキュメント72時間』というテーマの番組で一番大事な「いろいろな方がいる図書館」が、この「私設図書館」だったので選ばれたのでしょう。

私設図書館のルールは静かにすること(利用上の注意事項)


静かすぎる図書館

静かすぎる図書館

ただし、ひとつだけルールがあります。

静かにすること

だって、ここは図書館だからです。

だから「静かすぎる図書館」なんです。

なお、電卓が使用できない「2階席」の方がさらに静かになっています。

・施設図書館のルールは静かにすること
・電卓利用などは1階で行う

私設図書館 利用方法


私設図書館1階の様子

私設図書館1階の様子

京都にある「私設図書館」の利用方法は簡単です。

入店して座りたい席を指定、もし初めてでわからなければ、店内を見せてもらえます。

フロアは1階と2階、両方見て好みの場所を言ってチケットを発行してもらいます。

本や雑誌に新聞もあります

本や雑誌に新聞もあります

座席は仕切りがあるので、近くの京大生が自習で使ったり、地元の方がちょっと休憩という使い方をしています。

本もあって「新聞雑誌コミック書籍」があります。

・1階と2階から座席が選べる
・どちらにするか見て決めることができる

電源とwifi(無線LAN)は全館利用可能


全室で電源席となっています

全室で電源席となっています

ゆっくり静かに読書するだけではなく、机に電源があるのでノートパソコンを持ち込むこともできます

FreeWiFi も完備されているので、ちょっとしたパソコン作業もできたりします。

2階席では電卓作業はできませんので、電卓を使いたい場合は1階席を指定してください。

・パソコン作業のための電源がある
・wifiは全館完備
・電卓利用は1階のみ

私設図書館 料金


私設図書館の利用チケット

私設図書館の利用チケット

私設図書館の利用料金は至って格安です。

なんと、2時間で250円なんです。

2時間以内 250円
3時間~4時間以内 350円
5時間~6時間以内 450円
7時間~8時間以内 550円
8時間超 650円

コーヒー1杯が無料


お値段にはコーヒー1杯がついてます

2時間でも250円!お値段にはコーヒー1杯がついてます

この値段には、コーヒー1杯無料(ホット)、お茶・お水飲み放題が含まれています。

自習目的でなくても、ちょっと休憩とか、コーヒーを飲みたいという利用でも使うことができます。

別にコーヒーチケットがもらえますので、砂糖の数やミルクの有無を書いて受付に持って行くとコーヒーを運んできてくれます。

・コーヒー1杯無料
・コーヒーはほっとのみ
・コーヒーチケットに砂糖の数やミルクの有無を書いて受付に持って行く

私設図書館の座席


私設図書館の座席

私設図書館の座席

私設図書館の座席は、自習室のように1席ごとに仕切りのついた座席になっていました。

どの席も半透明のプラスチック板で仕切られており、隣の様子は分からないようになっています。

1階の座席を使ったのですが、他人の視線を気にせずに利用できました。

・仕切りのある自習席になっている
・隣の席の様子は気にならない

私設図書館 利用可能時間


私設図書館の利用可能時間は午前9時~深夜24時まで

私設図書館の利用可能時間は午前9時~深夜24時まで

私設図書館の開店時間は「平日・土日祝」で変わります。

12時~24時(平日)
9時~24時(土日祝)

土日祝のみ開店時間は午前9時です。

閉店時間は深夜24時までとなっています。

予約について


私設図書館は予約も可能です

私設図書館は予約も可能です

私設図書館では「日曜・祭日に限り、座席を指定してご予約頂けます」と書かれていました。

ご希望の方は、前日までに「予約券」を購入しておく必要があります。

日曜日の予約券の発売は「前週の日曜日から」で、祭日で連休になる場合は「2週間前から予約可能」となっています。

・日曜・祭日の予約が可能
・前日までに「予約券」を購入する
・日曜日の予約券は1週間前から予約可能
・祝日などで連休のある日は2週間前から予約可能

私設図書館の定休日


私設図書館の定休日は第三金曜日と年末年始です(写真は1階のソファ)

私設図書館の定休日は第三金曜日と年末年始です(写真は1階のソファ)

私設図書館の定休日は「第三金曜日」です。

それ以外にも「年末年始(12月29日~1月3日)」がお休みになりますので、元旦正月の利用はできません。

・第三金曜日
・年末年始(12月29日~1月3日)

駐車場や駐輪場について


私設図書館の周囲は駐輪も不可になっています

私設図書館の周囲は駐輪も不可になっています

駐車場などはなく、バイク・自転車も店前に停めることはできません。(見回りあります)

自家用車の場合は近隣のコインパーキングか銀閣寺の市営駐車場、バイク・自転車も銀閣寺の市営駐車場に停めてください。(場所

市営駐車場の値段は、自動車1000円とちょと高めですが、バイクは400円、自転車は200円です。

・店の前には駐車も駐輪も不可
・見回りがあります
・車とバイク・自転車は銀閣寺の市営駐車場を利用(有料)

私設図書館 への行き方(アクセス方法)


私設図書館 外観

私設図書館 外観

さて、京都・白川にある「私設図書館」さんの場所ですが、銀閣寺のすぐ近く「白川通今出川」です。

京都の人だったら「ますたに」の前というと分かりやすいかもしれません。

・四条大宮に祇園や四条河原町からなら203系統を使う
・北大路からなら204系統を使う

京都市バスの場合は、バス停「銀閣寺道」で下車が最寄りのバス停です。循環バスだと「203系統204系統」が私設図書館の前まで行くバスです。

京都府京都市左京区浄土寺西田町74
営業時間:12時~24時(平日)、9時~24時(土日祝)
定休日:第三金曜日
URL:http://shisetsu.life.coocan.jp/

私設図書館とオーナーの田中厚生さんについて まとめ


私設図書館は新聞の記事になっています

私設図書館は新聞の記事になっています

今回訪問した「私設図書館」は、テレビでは紹介されていない京都の施設ですが、新聞では記事で紹介されるなど地元では注目されている場所です。

開業は1973年5月7日で、歴史のある図書館でもあります。

オーナーの田中厚生(たなかあつお)さんは京都大学工学部工学部の学生で、1969年に北海道で日本で初の国産有人熱気球飛行を成功させた人でもあります。

卒業後、就職をする気になれず、今の場所を借りて「本好きな学生のたまり場をつくろう」と考えたのが「私設図書館」の最初だったそうです。

実は元は「喫茶店」だった洋館なんですよ

実は元は「喫茶店」だった洋館なんですよ

当初は座席数も16席と少なめでしたが、今では改装を重ねて42席にまで増えています。

なので、ちょっと迷路みたいな造りになっているのですが、昔のままの洋館の雰囲気が残っていました。

実は、この場所は元「喫茶店」だった洋館なんです。

この私設図書館を使った感想は「適度な距離感のある人のぬくもりを感じる図書館」というのと「落ち着いた雰囲気の洋館」というものでした。

ぜひ、また訪問したい図書館だなと思いました。

私設図書館の口コミや感想

夜中の図書館 #私設図書館 #銀閣寺道 #shisetutoshokan #開館中 #図書館 #夜も開いてます

George Akiyamaさん(@georgeeeee1972)がシェアした投稿 –

ドキュメント72時間 10月27日 予告


ドキュメント72時間 10月27日 予告は以下の通りです。

京都 静かすぎる図書館
秋の連休を迎えた京都。観光エリアの一角にある、私語厳禁の図書館が舞台。ただひたすら静寂を守り、ブースに向かう人々。その事情は様々だ。変化が激しい業界で生き抜こうとする人。再就職を夢見る人。明確に将来の目標を掲げる小学生も…。10年以上通う常連は、見知らぬ者同士なのに不思議な連帯感があると語る。独りになりたいけど、孤独はイヤだ。番組史上最も静かな場所から見えてくる、“現代人の孤独との距離感”とは。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。