途中 @滋賀県大津市「鯖街道の途中にある珍地名」が『ネーミングバラエティー』で紹介

滋賀県大津市途中町が2019年9月5日放送『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介されるようです。国道367号、京都と滋賀県の県境でもある「途中峠」の滋賀寄りにある町のことです。読みはもちろん「とちゅう」ですが、なんでここは「途中(とちゅう)」と名付けられたのでしょうか。

広告

滋賀県大津市途中が『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介


滋賀県大津市途中が『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介

滋賀県大津市途中が『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介

2019年9月5日放送『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』の特集は

珍地名大特集

です。

紹介される珍地名は・・・・

途中(滋賀県大津市伊香立途中町)
浮気町(滋賀県守山市浮気町、ふけちょう)
天使突抜二丁目(京都市下京区)
伯母様(神奈川県伊勢原市三ノ宮)
猿供養寺(新潟県上越市板倉区猿供養寺)
昼飯(岐阜県大垣市昼飯町)
(千葉県長生郡白子町驚)
極楽4(愛知県名古屋市名東区極楽4丁目)
三軒茶屋(東京都世田谷区)
前後(愛知県豊明市前後町)
海外(神奈川県三浦市海外町)

など「なんだこれ?」と思う地名ばかりです。

今回の放送では京都も紹介されることになっており「天使突抜」が京都。

途中」と「浮気町」が滋賀県の珍地名として紹介される予定です。

今回は滋賀県大津市伊香立の「途中町」はなぜ「途中」なのかを見ていきたいと思います。

広告

滋賀県大津市途中町は鯖街道の途中にある珍地名


国道367号と国道477号が分かれるところが途中町

国道367号と国道477号が分かれるところが途中町

この「途中」という地名は滋賀県大津市伊香立途中町のことで、読みは「いかだちとちゅうまち」です。

交差点にも「途中(とちゅう)」と表記があります

交差点にも「途中(とちゅう)」と表記があります

番組予告ではバスが映っており、それに「52系統 途中」と電光掲示されているのですが、このバスは江若交通(こうじゃくこうつう)の52系統のことです。

放送では、この52系統の終着である「途中バス停」が紹介され、終点なのに途中という珍地名として紹介されるようです。

50系統
52系統
55系統
56系統
途中町には小さな集落があります

途中町には小さな集落があります

途中町には小さな集落があるだけですが、京都方面からもバスが通っています。

出町柳駅から京都バス10系統が朽木(くちき)まで行くのですが、その途中に途中町があります。

この路線は国道367号を通るのですが、これはいわゆる「鯖街道」のこと、福井県小浜(おばま)から鯖を京都の出町柳まで運んだ古くからある街道のひとつです。

国道367号は鯖街道のひとつ「若狭街道」と呼ばれ、古墳時代から人々が往来して都へと向かった道です(鯖街道には他にも「鞍馬街道」と「周山街道」があります)。

この「若狭街道(鯖街道)」には2つの難所があったとされるのですが、それが「花折峠(はなおれとうげ)」と「途中越(とちゅうごえ)」です。

鯖街道の途中にあるから「途中」ではなく、平安時代の僧侶「相応和尚(そうおうおしょう)」が修行先の葛川明王院から無動寺明王堂(比叡山)へ帰る途中に「ここらへんは葛川と無動寺の途中くらいか」と言ったことが由来です。

だから、本当にここは「途中」なんです。

なお、朽木の人と話す時に「途中の途中でね」なんてよく分からない会話になることがありますが、地元民同士なので話は通じます。


京都市下京区にある珍地名「天使突抜(てんしつきぬけ)」が2019年9月5日放送『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』で紹介されるようです。名前からして「エンジェルが爆走」しているイメージがありますが、静かな京都の町中にある地名です。


ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 2019年9月5日 予告


ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ! 2019年9月5日 予告は以下の通りです。

志布志市志布志町志布志・スケベーシンデン・女化…思わず「え?」と言っちゃう珍しい地名を特集!地名には思いが込められているはずなのに、どうしてこうなったの?
マジメに思いを込めた地名のはずなのに、なぜこうなった?実際にあるバス路線では、終点が「途中(とちゅう)」。これはもちろん「途中」という場所が終点になっているということ。しかしなぜ「途中」という地名に?他にも、慣れないと目が回りそうな「志布志市志布志町志布志志布志市役所志布志支所」や、かつて実在した「スケベーシンデン」と読む地名、怖がる人が多い「女化(おなばけ)」など、いろんな地名が登場。


テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。また、撮影ロケ地などの情報で地元が盛り上がる点に着目し、どのような地域がロケ地になるのかなどを参考にして、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。