ご利益MAX!行くなら今だ!京都超激短お遍路「御室八十八ヶ所霊場」京都秘境ハンター

今回の京都秘境ハンター四国88ヶ所(お遍路)を京都市内で回れちゃうというお気楽極楽な「成就山八十八カ所霊場(御室八十八ヶ所霊場)」にチャレンジしてきました。実は京都市内を一望できる数少ないスポットでもあります。そして、今年はなんと!「ご利益マックス」の2016年という60年に一度のお遍路の年なのです!

ということで、京都で楽して四国八十八カ所霊場を回るベストな方法を実践する「京都秘境ハンター」が始まります!

京都秘境ハンター


我々の企画「京都秘境ハンター」は苦境に陥っていました。

なんと、秘境ハンターネタの宝庫である温泉担当がゴールデンウィーク前からグッタリしちゃって長期療養に入っているのです。つまり、ネタがないという話なのです。

そこで、今回は温泉担当の全快を祈願しに、四国お遍路を敢行しようという話になったのです!

ご利益MAX!行くなら今だ!


ご利益MAX!行くなら今だ!四国お遍路入門

実は、今年2016年には「四国お遍路」の当たり年だったりします。

2016年は60年に一度だけの「逆打ち」の年と言われており、この年にだけ「八十八ヶ所」を逆に回ると、ご利益が一番良いとされ、さらに「弘法大師」様に会えるという伝説があるのです。

(1)60年に1度の「逆打ち」はご利益MAX!
(2)四国「八十八ヶ所」を逆から回る(88番~1番)
(3)すると、なんと「弘法大師」様に会える!(かもしれない)

成就山八十八カ所霊場 京都お遍路入門に最適な激短なお遍路!


京都お遍路入門

とはいえ、四国の88ヶ所巡りは、行程にして1450kmと、時間にすれば二ヶ月の道のりです。

しかし、そんなお金はもちろんありません(笑)

でも、実は・・・・あるんですよ・・・・・京都で簡単にお遍路できる場所が!!

なんと!京都市内にお気楽極楽な四国の88ヶ所巡りができる簡単な秘境スポットがあるんです!

それが「成就山八十八カ所霊場」(御室八十八カ所巡り)です。まさに「お遍路入門」ともいえる、長さ3キロで回れちゃうという超激短お遍路なのです!

成就山八十八カ所霊場


成就山八十八カ所霊場 第53番円明寺

成就山八十八カ所霊場」というのは「じょうじゅざん~」と読みますが、これは御室仁和寺の裏山にある成就山(じょうじゅざん)に設けられた四国88カ所のミニコピーのことです。

以前の京都秘境ハンター記事「京都市内にサルはいるのか?」でも、チラッと出てきたのですが、京都市内を一望できる数少ない景観スポットでもあります。

場所は御室仁和寺の西門を右に回ると88番(大窪寺)があり、仁和寺西門を出てまっすぐいくと「一番札所」(霊山寺)があります。

今回は、逆向きなので88番(大窪寺)から回るわけです。

ここは、京都の森の深い山の中ですが、そこに登山道が設置されており、四国では1450キロの道のりが、たったの3キロに縮小されています。

下の地図を見ていただけると、だいたい一周しているのが分かると思います。

ここには四国88ヶ所お遍路の砂を実際に持ってきて、そこに小さいお堂を88カ所建ててあり、それを3キロの道のりで一周できるようになっています。

成就山八十八カ所霊場 43番明石寺

さて、ここに小さいお堂が集まっているのですが、上の写真は途中の「成就山八十八カ所霊場 43番明石寺」というように、順番に回っていくと全ての霊場を回れるという、お気軽極楽なお遍路を体験できるようになっています。

成就山八十八カ所霊場 43番明石寺その2

お堂には木造の仏像が安置してあり、ひとつひとつにどこの霊場かが書かれています。

また、昔の国名でエリアも分かれており「ここから阿波の国」などの表記もあって、なんとなく四国巡りしている気がするような(しないような)感じにもなれます。

成就山八十八カ所霊場 八十八番札所


成就山八十八カ所霊場 八十八番札所

さて、一番最初に「成就山八十八カ所霊場 八十八番札所」に向かいました。

本来は最後なので「結願所」になっていますが、大窪寺というお寺でもあります。

成就山八十八カ所霊場 八十八番札所

「結願所」は、もちろん八十八カ所全部回って最後に願い事をする所です。

実際には、ここ機能してなくて、仁和寺で行うことになっています。

ちなみに、おがくずだらけのおみくじ売ってました。30年くらい誰もひいてない感じがします(笑)

おがくずだらけのおみくじ

一番の難所!第53番円明寺


一番の難所!第53番円明寺

88番から登山していくと、一番の難所である「第53番円明寺」があります。

ここは崖の上にあるお堂で、石段を上っていかないといけない上に、幅30センチほどの細い道を通る必要があります。

第53番円明寺の細い道

ちなみに、ここが最初で最後のクライマックスで、ここ以外は特に面白いことありません!(笑)

第53番円明寺の細い道2

京都市内を一望できる数少ないスポット


京都市内を一望できる数少ないスポット

この「成就山八十八カ所霊場」ですが、実は京都市内を一望できる数少ないスポットでもあります。

京都市内って京都を一望できる場所ってあまりないのです。

(1)京都タワー
(2)将軍塚
(3)成就山八十八カ所霊場の51番先

成就山八十八カ所霊場の道

成就山八十八カ所霊場には、51番をこえたところに景色の良い休憩所があります。

休憩所

この休憩所から、なんと京都市内が一望できるのです!

成就山八十八カ所霊場から見る京都市内

上の写真は「京都タワー」方面です。

ちょっともやっていますが、晴れている日です。ただ、雲が少しだけ低い位置にあるので、奥の方がもやって見えています。

もう少し条件が良ければ、遠くまでクッキリ見える日もあります。

成就山から見る京都タワー

成就山八十八カ所霊場 一番札所


成就山八十八カ所霊場 一番札所

というわけで、わずか3キロの行程で、見所は石崖の難所と京都市内を一望できるだけなので、すぐに全部回ってしまいました。

一応、温泉担当の回復祈願もしてきたので、サクッサクッと巡って、2時間くらいの道のりでしょうか。

成就山八十八カ所霊場 一番札所 やすらぎの道

本来であれば、この「やすらぎの道」(一番札所)からスタートですが、今年は2016年で四国お遍路の「逆打ち」の年であるため、ここがゴールとなりました。

これで、きっと温泉担当も回復しますよね!

成就山八十八カ所霊場 まとめ


ということで、温泉担当に「成就山八十八カ所霊場」を巡ったことを報告しました。

(1)四国の八十八カ所霊場巡り(お遍路)のミニコピー版
(2)京都市右京区「御室仁和寺」の西門近くからスタート
(3)わずか3キロの長さで、実際には1450キロある四国お遍路を体験
(4)本物の四国のお寺の砂を撒いた敷地にお堂が88ヶ所ある
(5)2016年は「逆打ち」の年で88番から1番に向かって回る
(6)「逆打ち」の年はご利益が最大とされる
(7)「逆打ち」の年は「弘法大師」様に会えるという伝説がある

というわけで、温泉担当回復後の「京都秘境ハンター」もお楽しみに!


京都秘境ハンター

京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


飲食店レビューについてのご留意事項

※本ブログは非商業系であるため、お店には客として訪問しています(業者ではありませんので掲載費用の徴収や商品販売の勧誘などは一切していません)。内容も客としての視点でのみ書かれたものです。

※紹介したいお店は「美味しいお店」ではなく「気持ちよく食事ができるお店」です。お客様に対して失礼な対応があるお店は記事掲載後でも削除しています。


京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。