五本松食品デパート @京北「500円激安ワンコイン鯖寿司」がある【京都秘境ハンター】

もし、500円のワンコインで高級品「鯖寿司」が買えたら・・・・もちろん買いますよね。今回の「京都秘境ハンター」は、京都の秘境「京北」唯一のデパート「五本松食品デパート」さんで販売されている激安ワンコイン鯖寿司の紹介です。

では、この激安ワンコイン鯖寿司(500円)とはどのような鯖寿司なのでしょうか?

激安!鯖寿司を京都の秘境「京北」で探せ!


京都ではお馴染みの高級で知られる「鯖寿司」がお安く京北のデパートで買えるらしい

京都ではお馴染みの高級で知られる「鯖寿司」がお安く京北のデパートで買えるらしい

今回の「京都秘境ハンター」は、秘境とか言うとめっちゃ怒られる「京北」で、アノ高価な食べ物「鯖寿司」を激安で買えるというデパートへ行って来ました。

そのデパートとは・・・・

五本松食品デパート

京北唯一のデパートで、なんと鯖寿司が500円で売られているというのです。

ここまで書いて「おぉスゲェ!」と思うか、それとも「それって・・・・」と思うかで読後感想が大きく変わるかもしれませんが、そこはそれ「そんなこと気にしない」のが・・・・

京都秘境ハンター

です。

「車で行けない所は秘境ではない」がポリシーの「京都秘境ハンター」、許せる方だけお読みください。

なぜか京北にデパートがあって、鯖寿司が500円で売られているらしい


京都の京北にある「五本松食品デパート」

京都の京北にある「五本松食品デパート」

京都の京北に「デパート?」

土地勘がある方なら、そんなところにデパートはないと言うはずですが、京都市内から20分ほどの京北にやってくれば、それが失礼な発言だということが理解できるでしょう。

そう、確かに京北には「五本松食品デパート」というデパートがあるのです(上の写真)。

今回は、この「五本松食品デパート」の関係者の車に便乗して、この京北まで「500円で買える鯖寿司」を買いに来たのです。

五本松食品デパートの食品売場

五本松食品デパートの食品売場

さて、この「五本松食品デパート」さんですが、結構な品揃えで「食品日用品お惣菜お弁当」まで揃うお店です。

一般的な概念では「スーパーマーケット」ですが、魚売り場におひとり、レジにおひとり、お客さんもひとりくらいなので、お店の中で「なにこれ?」とか「こんなんあるよー」とか、そんな会話をしながらお買い物するので・・・・

ほぼほぼ対面販売100%です。

ということで、デパート名乗ってなんの問題もありませんが、そうでなくても別に問題はないでしょう。

実は高級トマトが小売されていたりもします

実は高級トマトが小売されていたりもします

売り場には、京都中央卸売市場で1箱5000円以上の引値で売られていた高級フルーツトマトが無造作に「100g=248円」で売られていたりと(100gで10コほど)、なかなかディープな商品を扱っているのも「五本松食品デパート」です。

もちろん、これはこのトマトの価値が分かる人でなければ絶対に気が付かない話ですが、他にも生鮮食品を見ていると面白い商品が並んでいたりします。

お惣菜も豊富で、そしてお気軽な値段設定なのが「五本松食品デパート」

お惣菜も豊富で、そしてお気軽な値段設定なのが「五本松食品デパート」

生鮮食品や惣菜もあり「白身魚のフライ」が大きめなのに1切れ120円で販売されてもいました。

魚1匹まるごとですが、フライにするコストはどこかにすっ飛んでいるような気もします(私ならこれ200円で売ります)。

お目当ての鯖寿司はおいくら?

お目当ての鯖寿司はおいくら?

さて、今回は「鯖寿司」が目的です。

こちら「五本松食品デパート」さんの鮮魚売り場には、静岡県焼津産の鯖を使った「鯖寿司」が売られていました。

お値段は5切れで1950円。

鯖寿司は「なんで?」と言うほど高いのですが、1本5000円以上のものがあったり、安くても2500円はします。

普通だと3000円くらいなのですが・・・・

この「五本松食品デパート」さんでは、500円のお得用「鯖寿司」があるのです。

五本松食品デパートの500円お得用「中落ち鯖寿司」


五本松食品デパートの500円お得用「中落ち鯖寿司」をゲット

五本松食品デパートの500円お得用「中落ち鯖寿司」をゲット

500円のお得用「鯖寿司」?

世の中には、そんなものは存在しないと思っていたのですが、実はあるのです。

上の写真が500円お得用「鯖寿司」で、確かに値札には「500円」というワンコインの価格が書かれています。

鯖の中落ちを使った激安「鯖寿司」

鯖の中落ちを使った激安「鯖寿司」

そうなんです。

こちらの「五本松食品デパート」さんでは、鯖寿司を作る際に出た中落ちを使った激安な鯖寿司も販売しているのです。

普通の鯖寿司はだいたい販売されているのですが、この「中落ち鯖寿司」はめったに出ない商品です。

もし、これが販売されていたらラッキーで、売れ残っていたらさらにラッキーという貴重な商品というのが「500円激安ワンコイン鯖寿司」の正体だったのです(すぐに売り切れます)。

味は鯖寿司でなんも変わりません

味は鯖寿司でなんも変わりません

もちろん、鯖の中落ちを集めて「鯖寿司」のようにしたものなので食感はだいぶ異なりますが、味は「鯖寿司」そのものです。

五本松食品デパートさん、元はお魚の料理人さんだったオーナーが自家製の惣菜や寿司を販売していて、味はかなり美味しいのです。

中落ちでも鯖は鯖。

甘めの酢飯に、ほろほろした鯖の身が鯖寿司とまた異なる美味しさと味わいになっていました。

高級な鯖寿司なんてめったに食べられませんが、これなら気軽に「鯖寿司」を楽しめるというものです。

五本松食品デパート への行き方(アクセス方法)


京北を走っていると急に現れる「五本松食品デパート」

京北を走っていると急に現れる「五本松食品デパート」

さて、そんなワンコイン「激安鯖寿司」を販売している「五本松食品デパート」さんへの行き方です。

電車やバスでは行くのは大変ですが、JR山陰本線「日吉駅」から「京北ふるさとバス時刻表)」が出ているので「京北」までは電車とバスで行くことはできます。

ただし、まったくオススメではないので、自家用車で行くというのが100%確実な方法です。

京都市内からだと「国道162号」をまっすぐ「道の駅ウッディ」を越えてさらに北上すること3分ほどで「五本松食品デパート」が見えてきます。

京都府京都市右京区京北五本松町下八面田8
営業時間:
定休日:日曜日(令和2年1月~)


京都秘境ハンター

京都の秘境案内「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。