幸楽屋 – 鞍馬口/和菓子 実食レビュー

【鞍馬口】老舗和菓子店「幸楽屋」の屋号を受け継ぐお店幸楽屋(和菓子)京都府京都市上京区(鞍馬口)予算:500円~1000円

スポンサーリンク

老舗和菓子店「幸楽屋」の屋号を受け継ぐお店「幸楽屋」


2023年9月1日オープン 幸楽屋

2023年9月1日オープン 幸楽屋

2023年5月、鞍馬口の老舗和菓子店「幸楽屋」さんが惜しまれつつ閉店となりました。

私のフォロワーさんも「幸楽屋さんやめはったん残念やわあ」と残念がっていたほどで、特に夏は幸楽屋さんの和菓子「金魚鉢」を楽しみにしていた方も多いことでしょう。

しかし、京都府京都市上京区幸楽屋さんで菓子製造を20年されていた方が独立開業するのです。

2023年9月1日新店オープン

2023年9月1日新店オープン

オープン日(開業日)は2023年9月1日で、訪問日は2023年8月25日のプレ営業時。

お店の名前は「幸楽屋」さんで屋号を引き継ぎ新しい店舗で営業されます。

場所は近くに鞍馬口駅がある鞍馬口エリアです。

※2023年8月18日から事前調査でチェックしてきたお店です。

老舗和菓子店「幸楽屋」の屋号を受け継ぐお店

老舗和菓子店「幸楽屋」の屋号を受け継ぐお店

幸楽屋 さんは老舗和菓子店「幸楽屋」の屋号を受け継ぐお店

店内では「わらび餅・上生菓子(じょうなまがし)・金魚鉢」などを販売していました。

値段(予算)はメニューを見る限りでは330円~1000円なのでリーズナブルなお店ですね。

京都の夏の風物詩「金魚鉢」も販売

京都の夏の風物詩「金魚鉢」も販売

特に「金魚鉢」は京都の夏の風物詩とも言えるものでファンが多かった和菓子。

もう買えなくて残念がっていた方も多いかと思いますが、新「幸楽屋」さんでも販売されるのは朗報と言えるのではないでしょうか。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。

スポンサーリンク

メニュー内容と値段


大好物のわらび餅が美味しかった

大好物のわらび餅が美味しかった

※メニューの価格と内容は原材料の価格や世界情勢により変更される場合がありますので正確なメニューと値段は公式情報でご確認お願いします。
※メニューと値段は記事掲載時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)

メニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

メニューは「わらび餅・上生菓子(じょうなまがし)・金魚鉢」など。

上生菓子は2個入り440円

上生菓子は2個入り440円

値段はメニューを見ると「330円~1000円」なので、予算は500円~1000円ほどあれば足りるかと思います。

詳細な内容と値段については最新情報は公式情報でご確認ください。

※売り切れで閉店です。

最寄り駅や行き方(アクセス方法)


幸楽屋(京都市上京区)

幸楽屋(京都市上京区)

幸楽屋 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

場所京都府京都市上京区の鞍馬口で鞍馬口駅から徒歩3分のところ。バス停だと堀川鞍馬口バス停から徒歩10分です。

住所でいえば「〒602-0001 京都府京都市上京区室町通鞍馬口下る竹園町18」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。
※記事掲載時点で「Google Maps」未掲載店だったので登録しておきました。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 幸楽屋
オープン日 2023年9月1日オープン
ジャンル 和菓子
食事予算 500円~1000円
営業時間 12時~17時(公式でご確認ください
定休日 水曜日・日曜日(公式でご確認ください
駐車場・駐輪場 なし(公式でご確認ください
住所 〒602-0001 京都府京都市上京区室町通鞍馬口下る竹園町18
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 鞍馬口駅から徒歩3分(約200m・ルート
最寄りバス停 堀川鞍馬口バス停から徒歩10分(約850m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 非対応
公式SNS Instagram
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。