2023年4月25日オープン しかしわがし古都

山口県下関市のネオ和菓子屋さんが京都初出店しかしわがし古都(和菓子)京都府京都市東山区(五条坂)予算:500円~1000円

スポンサーリンク

山口県下関市のネオ和菓子屋さんが京都初出店「しかしわがし古都」


2023年4月25日オープン しかしわがし古都

2023年4月25日オープン しかしわがし古都

京都府京都市東山区に和菓子のお店「しかしわがし古都」さんが新店オープンしました。

オープン日(開業日)は2023年4月25日で、訪問日は2023年4月24日。

グランドオープン前のプレオープン時に訪問しました。

場所は近くに清水寺がある五条坂エリアです。

山口県下関市のネオ和菓子屋さんが京都初出店

山口県下関市のネオ和菓子屋さんが京都初出店

しかしわがし古都 さんは山口県下関市のネオ和菓子屋さんで京都は初出店です。

注文カウンターがある店内では「ドリンク・わらび餅・団子・おはぎ・大福」などをテイクアウトすることができます。

ドリンクメニュー(しかしわがし古都)

ドリンクメニュー(しかしわがし古都)

おすすめはわらび餅が入った抹茶ラテやほうじ茶ラテ。

井上天極堂(奈良県)の本わらび粉を使用した本格わらび餅をタピオカのように使ったドリンクです。

抹茶ラテは濃厚で甘く美味しくいただきました。

和菓子メニュー(しかしわがし古都)

和菓子メニュー(しかしわがし古都)

お団子やみたらし団子もあり、テイクアウトで食べ歩きできるようになっていました。

値段(予算)はメニューを見る限りでは300円~1200円なのでリーズナブルなお店ですね。

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。
※記事の更新状況はTwitterでも告知していますのでフォローお願いします

スポンサーリンク

最寄り駅や行き方(アクセス方法)


しかしわがし古都(京都府京都市東山区)

しかしわがし古都(京都府京都市東山区)

しかしわがし古都 さんの「行き方営業時間定休日」などの店舗情報についてです。

場所京都府京都市東山区の五条坂で清水五条駅から徒歩13分のところ。バス停だと五条坂バス停から徒歩3分です。

住所でいえば「〒605-0862 京都府京都市東山区清水4丁目190−1 シャトー清水 106」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

駐車場・駐輪場はお店にお問い合わせください。または近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

※営業時間と定休日はお店で確認しました。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 しかしわがし古都
オープン日 2023年4月25日オープン
ジャンル 和菓子
食事予算 500円~1000円
営業時間 9時30分~17時30分(公式でご確認ください
定休日 なし(公式でご確認ください
駐車場・駐輪場 公式でご確認ください
住所 〒605-0862 京都府京都市東山区清水4丁目190−1 シャトー清水 106
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 清水五条駅から徒歩13分(約900m・ルート
最寄りバス停 五条坂バス停から徒歩3分(約260m・ルートバス停情報
テイクアウト 対応
イートイン 非対応
公式SNS Instagram
※営業時間と定休日は記事掲載時点のものです。最新情報は公式情報でご確認ください。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合がありますので、ご注意ください。オープン前情報の場合は開店日の変更の可能性があります。

#kyoto #kyotofood #kyototorip #kyototravel #japanfood #japantorip #japantravel
#京都 #京都観光 #京都旅行 #京都グルメ #京都ランチ #関西観光 #関西旅行 #日本観光 #日本旅行
#kyotosweet #sweet
#スイーツ #京都スイーツ #和菓子 #京菓子 #京都和菓子 #京都菓子 #実食レビュー

京都のお墨付き!をフォローする
スイーツ(洋菓子・和菓子)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュースに登録
京都のお墨付き!を Google ニュース フィードに追加してください。
スポンサーリンク